CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 怒り。 | Main | シャッターをきる。 »
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
黒。[2015年07月16日(Thu)]
kuroneko.jpg

数日前から、
石井ゆかりさんの『黒い鳥の本』を読んでいる。

星を読み
言葉をつむぐことで
こころに、癒しをもたらす人

・・・とでも言ったらいいのだろうか。

ゆかりさんの言葉は
「信頼」とおもわず呼びたくなる感覚を
こころに、思い起こさせる

対象を持たない、絶対的に確かな
こころの拠りどころ。

***

私は強く思う

政(まつりごと)が

自然に目を背け
淀んだ言葉を吐き出し
窓もろくにない部屋で行われている

という、この風景は
幻想に違いがないと。

問題なのは

幻想に見慣れて
それが常態化することに
疑問を持たなくなる

こころの習性の方だ。

今こそ必要なのは
こころの目を研ぎ澄ますこと。

まわりにあるノイズたちに
静寂が埋め尽くされてしまう、という

その幻想を先ず、
解き放っていくことだ。

***

昨日の安保法案の強行採択のことで
ずいぶんと怒りのエネルギーに
こころを持って行かれた

怒ることは大事だ。
私は怒り、デモへと向かう。

そして同時に

だからこそ
果てぬ静寂の彼方へと

誘う言葉を、
紡いでゆくのだと、考えている。

いのちを生きさせること。

つまりはそれが、必要なのだ。

***

ゆかりさんの『黒い鳥の本』の帯には

「明るさ」「正しさ」に疲れた心に。

と、ある。

スウィッチをパチリと押したように
「明るさ」や「正しさ」を
容易に味わうことを
私は、しばらく、しないでいたい。

強まる風が
海の向こうの空気を
ぐるぐる渦をつくりながら
陸の上へと運んでくる

その、生ぬるい熱気に包まれながら

火を灯すことの
たいへんさと、喜びを

味わいあおう

幻想のようで確かな
わたしや、あなたと。
タグ:
【日々のことの最新記事】
この記事のURL
https://blog.canpan.info/yukikazet/archive/494
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
プロフィール

makiko21さんの画像