CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 春を届ける。 | Main | (まる) »
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
けわしい生き方。[2014年04月17日(Thu)]
IMG_0262.jpg

チューリップが、はじけるように咲いている。

大きく、空を仰いで
生き漏らすことのないように
そのまま壊れてしまっても
悔いなど少しも 残ることがないように。

***

初めて会ったはずなのに
そうとは思えないひと
というのが、誰にもあるのは
どうしてだろう。

そういう時、たいてい
向こうの方も
(そうですねえ)なんて
同じように感じるのは
どういうわけだろう。

私は

私たちの記憶のすべては
大空とか、海の呼吸に
すうぅーーーっと吸い込まれて

その呼吸のなかで
世界はくるくる、かき混ぜられて

そうして一緒になったものが
私たちひとりひとりの細胞のなかに
呼吸から、ふたたび取り入れられていって

そんな
からくりがあるから
っていうのが、こたえのような気がする。

だからときどき
(この哀しみ)というのが
ほんとうは一体誰のものなのか
(あれ?)と分からなくなり
途方に暮れてしまう

***

(「言葉がなくて悩めない」という悩み)という文章を
インターネットでみつけた。

一日中
地面の(山あり谷あり)を
いろんな角度であるく
(ありんこ)が動くのをみている

例えばそんなことから
言葉は自然にわいてくるような気がする。

***

ここのところの関心は
(病の淵に 添えたいものは何か)

それはずっと、ぶれないことです。
【こころと身体の最新記事】
この記事のURL
https://blog.canpan.info/yukikazet/archive/379
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
プロフィール

makiko21さんの画像