CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« れいぞうこ。そして、かよいあうこと。 | Main | 震動と身体と水と »
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
わたしと居場所[2013年09月13日(Fri)]
DSC_0928.JPG

出かけることの多い日々です。

今週は初めて、山陰地方に足を踏み入れました。鳥取、そして島根へ。あっというまの二日間でしたが、ご縁がご縁をたぐり寄せ、次々と道が拓けていったのは、さすが、この土地の神様の縁結びのお力なのだと感じ入ります。うまくゆく、というのは「ひるまずに、あかるく、かろやかに」ということなのかもしれないと、この旅を終えて思いました(出張、だけれど、旅と呼びたくなるような時の重なりでした)。

***

「ほんの少しでも、変えてみるといいのにね。いつもの自分の日常を」。

それは、例えば、目を覚ます時間、着る服の色、口にする言葉、なんでもいいのだと、とある方から伺いました。そういう、ちょっと「いつもの自分と違うこと」をするだけで、自分の知らない自分、日常にであうことができる。そうしたら「どうしたらいいかわからない」なんて言葉、すがるように、他人に投げつけなくても、大丈夫になる。

そういうことを、考えてか、考えていなくてか。

羽田から鳥取に向かう飛行機の中で、どういうわけか「紙おむつ」のことを考えていました。紙おむつ。していたら、たしかに、おもらししてしまっても、平気かもしれません。けれども「あの、トイレにいきたくて」と尋ねたときに「でしたらお客さま、紙おむつを履いておけば、安心です」なんていわれたら、果たしてそれは安心なのでしょうか。

福祉士をしているともだちから、おむつを履いてお漏らしをする、という研修のようなものの話をきいたことがあります。「大丈夫よ、漏れたりしないから」。例えば足を痛めたりして歩けなくなったひとに、おむつを履かせて、そう言ったとしても、実際におむつのなかに用を足すのは、なかなか、できることではないのだそうです。心が、頑にそれを拒む。心と身体が、一致団結して「私」というアイデンティティを形成していることを、思い知るのだと、そのともだちはいいます。「私の行動規範」は、こころを身体が決めている。機能のことでも論理性のことでもなく、「私」という意志が「私」の行動を導いてゆく。

***

私は最近、合気道をやりながら「私ってどこにいるの?」ということをとても不思議に考えています。この手を力ませるのも、足をこんな風におりたたむのも、激しい息切れも気づかぬほどに夢中になるのも、考えごとごとをしてしまうのも、全部、ぜんぶ、自分。でもいつ、誰が、そんな風にせよと私に決めたのかわからない。「私」は「私」の身体のどこにでもいて、どこでもつかみきれなくて、私という言葉や概念を、つくりだしたりもしている。

誰にも気づかれぬように、密かに、紙おむつをして一日を過ごしてみたとします。それをはいていることの目立たぬ服装をして、何気なく電車にのり、当たり前のようにまちの中を歩いてみる。

「大丈夫だよ。それ、つけているから、困ったときがあっても」

そういわれたところで、私は本当に「大丈夫」なのだろうか。はたしてその「大丈夫」は、私を安心させる「大丈夫」なのだろうか。

***

やけにいのちめいた空間になんども遭遇したためか、どうにも、身体のことが気になってならない山陰での日々でした。

***

「大丈夫、夜中、トイレに起きようとして転んでしまったりしないように、おむつ、履かせておいたから。お漏らししても、大丈夫だからね」

こころの中に、その言葉が、ひとりぼっちの暗闇のなかできいたみたいに、繰り返し大きく響いてきます。

じっくり、ゆっくり。細胞のひとつひとつに意志を向けているうちに、いつか私も、「私」の居場所を突き止めることができるのかもしれません。
タグ:こころ 身体
【こころと身体の最新記事】
この記事のURL
https://blog.canpan.info/yukikazet/archive/337
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
プロフィール

makiko21さんの画像