CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 繰り返す波 不思議な夢 | Main | 土地と色彩と暮らしの輪郭と。 »
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
てんぷらとなぞとき。[2013年07月14日(Sun)]
tenpura1.jpg

「こっちの人にとって、てんぷらってそんなに特別なのかな」

沖縄・浜比嘉島を車で巡っていた時、運転席から、ぽつりとそんな声が聞えた。

「え、どうして?」「だってさ、天ぷらって書いてある看板があちこちにあるから。あんまり、そういうことってないよね?」「確かに。あ、ホントだ。あった、天ぷら」

言われて、意識してみると、本当にあちこちに「天ぷら」の看板やのぼり旗があって、驚く。

「聞いてみようか?」

車を降りて、南国の、そよ風のような昼下がりの店先を尋ねる。「すみません・・・沖縄、初めてで詳しくなくて、教えて欲しいのですが・・・」

聞くと、こちらの人は「天ぷら」をおやつ代わりのように、よく、食べるのらしい。「食べてみる?」「はい!」。その場で揚げてくれるのを待っている間、ひとりの客が訪れた。頼んでおいた、天ぷらを受け取りに。こうしてふらりと、買いにくるものらしい。天ぷらは。

「醤油と七味、それか、ソース」。人によって好みは分かれるけれど、そのどちらかで食べるのが一般的なのだそうだ。「醤油と七味かな、やっぱり」「そのままの味も、好きだな」

ほふほふしながら「おいしい」「おいしい」といって、出来たての熱いのをいただいた。ビールが飲みたくなったけど、運転があるから、お預けにして。

tenpura3.jpg

それにしても、このお店、面白かったな。「あ、あの、携帯の・・・」「あ、この携帯の番号ね、使えないの」「いや、そうじゃなくて、間違ってます、帯の字・・・」「・・あら、いやだ!」とか。

tenpura2.jpg

おいしさと、しょっぱさと、日焼けのひりひりのまざった笑顔を交わして、お礼をいって、お店を後にした。

「天ぷら」に目をつけるとは、さすがだな。おかしくなるほど念入りに日焼け止めでガードしたたくましい横顔を、目を細めて眺めた。

今年に入って、いろんな「誰か」と旅をしている。いろんな景色や時間を共有しあって、満たされた今も、やはり共有の中にあって。アルバムの1ページみたいに、そういう旅は、懐かしい。
【日々のことの最新記事】
この記事のURL
https://blog.canpan.info/yukikazet/archive/309
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
プロフィール

makiko21さんの画像