CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 蛙始鳴(かえる はじめて なく) | Main | 知らない人。 »
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
会っているのか、いないのか。[2013年05月07日(Tue)]
IMG_8102.JPG

ここのところ、よく見る夢。

「いつもの顔ぶれ」が一同に集う。

「いつもの会話」を交わす私たちは、けれどもとても奇妙な状況の中にいる。

通信の不具合で、情報の伝達がおかしくなったり、
どこなのかわからないところにみんなして立っていたり。

そういうことが続いて、ふと気づいたのは、
「あれ、私たちちっとも、いつもの世界にいないや」ってことだった。

「いつも?」

最後にあってから、もう、何ヶ月も、何年も経っているはずだよね。
けど、何故だか「いつも」の感覚でこうして話してる。
何故か急に、誰かの世界に潜り込んでみようとしたりさ。
これって、どこか現実離れしていない?

そういう夢を重ねて、ちょこっと、どきりとする。
「会っている」つもりのあの人とも、本当はもう何ヶ月も会っていない。
そのまま、同じように、何年も月日が積み重ねられていく。

私たちの間の時間は、どこにいくんだ。
私たちの間に、時間は機能してるのか。

夕食の買い物をして、
スイカのカットされたのを眺めながら考えた。
それは小さく暮らす人用に、
プラスチックの器にラップで包んで販売されている。

賞味期限のわからないものは、怖いなあ。

こんな風に丁寧に包まれて、大切にされていても
痛んでいることは、外からみても直ぐに分かる。

みずみずしい存在ってそうだよね。
みずみずしさの分だけ、そうだよね。

会っているのか、いないのか。

分からない時間と距離の世界から
私は、抜け出そうと試みているのかもしれない。

水の下、見えない世界に広がる
潜在意識のたてる音。
【日々のことの最新記事】
この記事のURL
https://blog.canpan.info/yukikazet/archive/258
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
プロフィール

makiko21さんの画像