CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« そわそわした、立春 | Main | 如月 »
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
桜貝[2013年02月05日(Tue)]
20130205.1.jpg

海岸沿いを走ってきました。

曇り空だけれど波が素晴らしく、サーファーの人たちは嬉しそう。

海に駆け込む季節のことを懐かしく思いました(今年のMy海開きはいつにしようか・・・)

マリンスポーツをやると、世界がまた、新たな広がりを見せる。特に、人間の「不自由さ」を実感することで、生命界の奥深さを感じられるのがよいです。

20130205.2.jpg

ジョギングの途中、砂浜にシャンティを発見。

シャンティは時折訪れる喫茶店の看板犬です。砂浜を生活圏の一部にしているだなんて、贅沢なわんこだなあ、君は・・・。(この写真(↑)の隅っこに写っているのですが、わかるでしょうか・・・)

20130205.3.jpg

砂浜では、美しい桜貝を見つけました。風の強い日の翌朝が狙い目だと、誰かから教えてもらったことがあります。これから、少しずつ拾い集めて、いつか立派なオブジェがつくれたらいいなあ・・・(そしたら、玄関の扉に飾ろう)。

執筆のお仕事をためているので、集中作業の一日です(本当は今日の夜から岐阜に行く予定でしたが、涙ながらに断念しました。明日は雪が降るらしい。豪雪地帯。いってみたかったなあ・・・!)。

お昼には自宅で温かなスープをいただきました。ものすごい勢いでキーボードを叩きながら仕事をしていても(キーボードを叩く勢いがものすごいらしく、「パソコン打つのがはやいおねえちゃん」と覚えられることが少なくありません)。こういう、湯気のたつ時間がとなりにあると、とても心が和み、スローな気持ちになります。

そうそう。いろいろなまちがあるけれど「しあわせ」を感じさせるまちで、よくみかける風景のひとつに、「夕飯の買い物をするカップル」というのがあります。恋人たちだったり、夫婦だったり、そのどちらでもいいのだけれど、一緒に食べる食事をふたりで選ぶようすというのは、なんだかとてもかわいらしく、見知らぬ人たちというのに、何故かとても近くに感じます(案外、意見があわなくて「違うわよ」とか言い合っていたりするのだけれどね。そばにいってみると、実は)。

昨日、小田急線に揺られているあたりから、ずっと心に浮かんでは消えていく風景があって、その風景のことをどう捉えればいいのだろうと、想像力がもぞもぞしています。

追伸:
友人から、誕生石なるものがわかるサイトを教えていただきました。調べてみると、私の誕生石はモルガナイト。桜色した緑柱石です。今日ちょうど桜貝を拾ったばかりだったこともあり、とても嬉しくなりました。

(ありがとう)
タグ: 鎌倉 暮らし
【日々のことの最新記事】
この記事のURL
https://blog.canpan.info/yukikazet/archive/224
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
桜貝の写真を使わせていただきました。
事後承諾で申し訳ありません。
Posted by:clcmvc  at 2016年09月06日(Tue) 16:54

カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
プロフィール

makiko21さんの画像