CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 未来から聴こえるあなたへ | Main | あちこちの窓から »
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
生け花のように、隣に。[2013年01月29日(Tue)]
20130126aurasoma.jpg

高校時代の友達と、ベトナム料理のランチをいただきながら、おしゃべりをした。アフガニスタンに駐在して働いていた彼女。防弾の車に乗って、いつも軍に警備されて移動していたという緊迫の日々。その身体に、無意識のうちに染み込まれていった緊張のことを思うと、身体が身体を養うためのことをしたいといっているのも、とても頷ける。お野菜だとか、お料理のこと。健康にいいことを手がけてみたいと、彼女は言っていた。そうだよね。本当に大切なことをしてあげないとね。最近はサバイバルのことをお話することが多い。ルートチャクラの赤。気づくとそんな色彩を、彼女たちは自然と身につけている。

友達から「まきちゃん、オーラソーマの話しをしている時、すごく楽しそう」と別れ際に言われた。自覚はなかったけれど、そんな風に指摘していただけると、とても嬉しい。オーラソーマというのは、可能性の世界のこと。希望の住処を訪れる旅。だからすごく楽しいし、わくわくするんだよっていうのは、その時は出てこなかったけれどとても強く心から思うこと。

***

オーラソーマを、私は生け花のようにして使っています。メッセージを受け取るのに少し時間がかかることもあるから、そういう時にはこうして、何日か同じものを並べてみたりして。

ギフト&チャレンジ(2本目)は、正しい時に正しいことを行なう、ジュワルクールとヒラリオンのボトル。なるほどねと、今朝になってとても腑に落ちたのでした。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/yukikazet/archive/216
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
プロフィール

makiko21さんの画像