CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 三日月 | Main | 救い »
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
ふゆみずたんぼ[2012年11月19日(Mon)]
11月25日まで、新丸の内ビルで「宮城県大崎市発、ふゆみずたんぼネットワーク〜里海の美味で東北復興〜」が開催されています。詳細はこちら

DSC_5156.JPG
(今年3月に訪れた岩渕さんのふゆみずたんぼ)

生物多様性のNGO活動で知り合ったNPO法人田んぼの岩渕さんもいらしていて、ふゆみずたんぼへの想いを、とても熱くかたっていらっしゃいました。

いわく「ふゆみずたんぼは物語なんだ」。

単なる農法のひとつという視点では捉えきれない。そこには哲学があり、いのちの営みがあり、魂が宿る・・・。そんなことを、岩渕さんはおっしゃりたかったのではないかと思います。

「ふゆみずたんぼ」が何なのか、その言葉がどう誕生したのかについては、日本雁を保護する会の呉地さんより以前お伺いしたお話があります(その記事のリンクは、また、のちほどご紹介しますね)。

人を魅了するものには、なにか、あります。
機能的な言葉でパッケージしようと思っても、するりと逃げてしまいそうな何か。
その得体のしれないエネルギーのことが知りたくて、体験したくて、そこに人が集まるのかもしれません。

岩渕さんや呉地さんの暮らす宮崎県大崎市。
また訪れたくなりました。

参考:
蕪栗沼ふゆみずたんぼプロジェクト
http://kabukuri-tambo.jp/
美しい映像が素晴らしいです。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/yukikazet/archive/151
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
プロフィール

makiko21さんの画像