CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 名古屋:2年後。 | Main | じいっと、ふと。 »
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
角度からのプレゼント[2012年10月21日(Sun)]
20121015sunset.jpg

見てみないふりだとか、痛みとどのように向き合っていいのか迷子なことだとか。

そういうことばかりが気になってしまって、それらの書物を手にして。

愛することと、それに伴う困難。

そんな事柄にまっすぐ向き合う人たちの言葉に触れていると、生きていることの勇気と「がんばろう」という気持ちが湧いてくる。

それは私には、社会の「進化」の在り方ととても関連のあることに思える。だから、パーソナルだけをみていると不十分で、まったく得意ではないけれど「社会性」の中に潜り込んでいかなくてはならない。私たちを包み込む海。その表層に広がる世界。それは、避けては生きれない場所だ。

人が迷子になるプロセスにおいて、「自然」とのつながりの欠如というのが、とても関係していると思う。だからこそ、「いのちはつながっている」ということを、そしてそのいのちにこめられた「果てしない時間」と「重み」のことを、ちゃんと社会の中で言葉にしていくことが必要だ。「昔から知っていた」。そうかもしれない。けれども、敢えて、今。

生物多様性は、いのちという哲学を伴う政治へのヒントでもあるから、今の社会にはとても大切なキーワードだなあと、感覚的に思う。

それからここに「人という自然」のことがもっと重なっていくと、心がもっと穏やかになれる気がする。「見て見ぬ振り(Wilful Blindness)」の呪縛から解き放つ道をひらけるような。

朝日が眩しくて、穏やかな長谷の日曜日。鎌倉でいちばん古い神社で、今日は朝市をやっている。夜になるとオリオンの流星群が見えるようになる。一時間に10個ぐらい。私たちは「一時間」という時間と「10」という数字を知っている存在だから、そんな風にしてお星さまを期待の眼差しで見上げる。なにも知らない心に、流れる星の時間はどんな風にうつるのだろうか。

今日は必要から、主礼拝に参加します。私は、メッキの剥がれ落ちた、素になった人の姿にどうしても惹かれてしまう。けれども案外「その人」のことを見ていないのは、不思議な臆病が肩にひょこんと乗っかっているからです。

タイトルは、遭遇の発見にお礼をいいたくて選んだひとこと。
【こころと身体の最新記事】
この記事のURL
https://blog.canpan.info/yukikazet/archive/117
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
プロフィール

makiko21さんの画像