CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
【4/10わらしべワークプロジェクト2020年度活動報告会を行いました】[2021年04月11日(Sun)]
こんにちは、ゆどうふです。
最近町田は天気に恵まれていて、あたたかな過ごしやすい日が増えてきています。

そんな気候の中、昨日は小山市民センターでわらしべワークプロジェクトの2020年度活動報告会を開催させていただきました。お忙しい中ご参加いただきました皆様に感謝申し上げます。

https://blog.canpan.info/yudofu/img/C1BCC89E-2D1A-4486-8CC9-8D82A439EB38-thumbnail2.jpeg

https://blog.canpan.info/yudofu/img/48D60782-D90C-43C7-9634-FB40EA391EB1-thumbnail2.jpeg


2019年夏から始動しましたわらしべワークプロジェクトですが、2020年度はまず「コロナ禍でどのような活動が可能だろうか」というテーマと向き合いながらの始動となりました。予定していたいくつかの事業は延期となりましたがその中でできることを模索して進めてきました。
コロナ禍において、町田市社会福祉協議会と町田市地域活動サポートオフィスが共催で実施されたクラウドファンディング「みんなでコロナを乗り越えるぞ基金@町田」からの助成をいただいたことでコロナ対策用の備品を揃えることができ、大変助かりました。この場を借りて御礼申し上げます。

7月に入り、コロナが少し落ち着いてからは計画していた地域でのワークを少しずつ進めてきました(年間15件)。実施したのは地域での草刈り、オフィス事務作業、PCリモートワーク、個人宅での清掃等です。

トヨタ財団「しらべる助成」の対象となる若者と地域とのニーズの合致性の検証も実施することができました。いくつかのワークに関しては若者/地域双方のニーズが合致していることも見えてきました(報告会では事務局の割田より報告させていただきました)。

1年間通して活動をしてきて確認できたことは、多くの若者がワークに参加したいという気持ちをもっていること(不安が大きく参加することに葛藤を抱えている方含め)です。その気持ちは地域の方、サポーターと出会い、ワークを重ねるごとに大きくなっていくと感じました。
一方で地域づくりという観点からも、若者が地域課題の解決に寄与できることがたくさんあるということも確認できました。

https://blog.canpan.info/yudofu/img/C81127B9-BE5E-4013-AED4-8045BFC27884-thumbnail2.jpeg

2020年度に見えてきたことを踏まえ、2021年度も様々なワークを開拓し、若者に社会参加の多様な選択肢、機会を創出できたらと思っています(4月からは新たに地元小学校でのワークがすでに始まっています)。

皆様、ひきつづき今後ともよろしくお願い致します!

http://yudofu.or.jp/2020/06/27/warashibe_project/
2021年度スタート![2021年04月07日(Wed)]
こんにちは、ゆどうふです。

今日は町田、晴天です。春の晴れた日は気分がいいですね。
ゆどうふのフリースペース「ふらっと」の庭には春を待ち望んでいた草花が陽を浴びて元気に茂っています。

さていよいよ2021年度が始まりました。
2020年度は本当にたくさんの皆様のお世話になりました。あらためて感謝申し上げます。

4月は新しい生活が始まる季節です。新しい学校、新しい職場、新しい活動・・今不安を胸に抱えながらも新生活に期待している方もいらっしゃることと思います。一方で今までの生活を4月以降も続けれる方もいらっしゃるでしょう。

まだまだコロナの影響が懸念される世の中ではありますが、これからも皆さんと共に1日1日歩んでいけたらと思っています。

あらためまして、2021年度もよろしくお願いいたします。

ゆどうふ
【3/20わらしべサポーター研修を行いました!】[2021年03月21日(Sun)]
【3/20わらしべサポーター研修を行いました!】

こんにちは、ゆどうふです。

昨日、わらしべワークプロジェクトのサポーター研修を行いました。

わらしべワークプロジェクトは町田市小山地区を中心に、地域で生じたちょっとした困りごとを若者が有償で解決する取り組みです。今年度は地域の草刈り、事務作業、個人宅の清掃など行ってきました。

若者がワークするにあたり一緒に同行するスタッフ、それが【わらしべサポーター】です。サポーターは若者をサポートしながら一緒にワークを行う、この活動における重要な役割を担う存在です。

昨日の研修には幅広い年代層の8名の方が参加してくださいました。みなさん熱心に参加してくださり、
「ひきこもりは海外でもみられる現象なのか」
「ひきこもりの年齢層はこれからどうなっていくのか」
「わらしべのような取り組みは全国でみられるのか」

などたくさん質問が飛び交いました。
BAA533A8-F97C-4E5D-9CD8-BB05451132BA.png
受講された方がサポーターとして参加してくださってからも昨日のような意見交換、疑問を共有できる場を設けていきたいと思います。

わらしべが若者にとって、サポーターの皆さんにとって、地域にとって楽しくいいものとなればと考えています。研修に参加された皆さん、お疲れ様でした!

(※イラストはデザイナーの石井彩さんが描いてくださいました。ありがとうございます)
D1481102-F53E-4484-9AD3-307D3765EFB8.jpeg
【3/20わらしべサポーター研修を行います】[2021年03月02日(Tue)]
【3/20わらしべサポーター研修を行います】

こんにちは、ゆどうふです。
昨日から3月に入りました。少しずつ春めいてきましたね。

さて、ゆどうふで実施している「わらしべワークプロジェクト」、応援してくださった皆様のおかげで今年度コロナ禍においても活動を続けることができました。ありがとうございました。
このプロジェクトはちょっとした地域の困りごとを若者がサポーターの方とともに解決するという活動です。サポーターは若者を支えたり、一緒にワークを行ったりと大切な役割を担います。

そのサポーターの養成講座(研修)を3/20(土)に実施いたします。
研修ではわらしべワークプロジェクト、サポーターの役割を学ぶほか、参加者同士の交流もできます。
若者支援、地域づくりに関心のある方がいらっしゃいましたらぜひご参加ください。
詳細はチラシをご覧いただけたらと思います。
皆様の参加をお待ちしています!
DE6E6478-1D4B-4438-A490-51EF222DD53C.jpeg
一緒に活動してくれるスタッフを募集しています![2021年02月28日(Sun)]
こんにちは、ゆどうふです。
少しずつ気温があがってきましたね。春まであと少しだなと感じます。
1351AC92-BE49-4BB8-A1F9-0C7B358DD67B.jpeg
明日から3月に入ります。今年度最後の月。
おかげさまで今年度もゆどうふは活動を続けることができました。
若者が地域課題を有償で解決する「わらしべワークプロジェクト」もコロナの影響を受けつつも継続して活動を続けることができました。
来年もさらに活動を広げ、生きづらさを抱える若者が自分自身を認めながら生き方を選択できるような社会を目指していきたいと思っています。

今ゆどうふには5名のスタッフがいます。皆個性的で楽しい人たちです。
活動が大きくなってきたこともあり、次年度は新たに1名スタッフを増やしたいと考えています。

ゆどうふのブログやHPなどを見て、もし一緒に活動したいという方がおられましたらご連絡いただけると嬉しいです。
詳細は以下、activoのページに載っていますのでよろしければご覧ください。
https://activo.jp/job/articles/80878
よろしくお願いいたします!
2021年もよろしくお願いいたします。[2021年01月03日(Sun)]
【謹賀新年2021】
皆様、新年あけましておめでとうございます。
1351AC92-BE49-4BB8-A1F9-0C7B358DD67B.jpeg

昨年はコロナ禍という状況の中、多くの方のお力のおかげで活動を続けることができました。ありがとうございました。

新年初開所は1月6日(水)、この日は皆でフリースペース近くの神社にお詣りに行く予定です。

1月9日(土)はゆどうふ音楽部でせりがや冒険遊び場さんの「みんなのステージ」に出演する予定です。年始のイベント、皆で声を出して今年のエンジンをかけましょう。ぜひ遊びにいらしてください!
CA0A73B9-E75B-4FC8-A243-59EAC829913A.jpeg

本年が皆様にとっていい年になりますように。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
11/16わらしべワークプロジェクト中間報告会を行いました![2020年11月21日(Sat)]
【11/16わらしべ中間報告会を行いました】

こんにちは、ゆどうふです。
新型コロナ感染が拡大していますね。外出の際には対策をしっかりするようにしましょう。

ゆどうふのわらしべワークプロジェクトも新型コロナの影響を受け、4月、5月は活動を見送りました。6月より再開し今日に至っています。
色々あった上半期でしたが、11/16、小山市民センターでわらしべワークプロジェクトの今年度中間報告会を行いました。3つの密にならないよう配慮しつつ、zoomも繋いでの実施となりました。
23FC2413-22C0-4534-890C-7122CF8A84DA.jpeg
報告会では実際にわらしべワークに関わられた方に登壇いただき話していただきました。ワーク依頼をくださった町内会の方、毎月ワーク依頼をくださる町田市地域活動サポートオフィスの方、実際に若者の同行をしているスタッフ(わらしべサポーター)、皆さん気持ちのこもったお話をしてくださいました。

35E3BE9D-1F4F-4353-9C81-97DFB5EDF32B.jpeg

9EBD3731-5465-4EA6-A50D-0F28836C7F42.jpeg

お忙しい中ご参加くださいました皆様、ありがとうございました。
下半期も若者のワーク開拓や地域の方からのニーズについてのヒアリングなど進めていけたらと思っています。ひきつづきよろしくお願いいたします!
【NHK「バリバラ」でゆどうふの活動が紹介されます】[2020年08月21日(Fri)]
【NHK番組「バリバラ」でゆどうふの活動が取り上げられます】
こんにちは、ゆどうふです。
8月も後半に入りましたがまだまだ暑い日が続きますね。みなさん熱中症にはくれぐれも気をつけましょう。

ゆどうふよりお知らせです。
8/27(木)20:00〜20:29、NHKのEテレの番組「バリバラ」の中でゆどうふの活動が紹介されます。
フリースペースに取材に来ていただいたのは7月です。
ゆどうふの居場所での活動紹介のほか、代表、利用メンバーがインタビューに答えています。
ゆどうふの雰囲気がわかると思いますので、興味がある方はぜひご覧下さい。詳細はチラシを見ていただけたら嬉しいです。
733F0026-9730-451B-A2C4-586E68C52806.jpeg
【わらしべワークプロジェクト〜8/1草刈りワークを行いました!】[2020年08月02日(Sun)]
【わらしべワークプロジェクト〜8/1草刈りワークを行いました!】

こんにちは、ゆどうふです。

昨日、フリースペースのある近所(下馬場エリア)で草刈りをやってきました。
一度雨天で流れていたので天気を心配していましたが、この日は快晴!暑い1日でした。
今回のワークに参加したのはわらしべワークプロジェクトにエントリーしている若者、ボランティア6名と町内会の皆様です。
コロナ予防で三密に配慮しつつ、また熱中症も気をつけつつのワークとなりました。
3341C46B-1842-4761-A6DD-AC8ED692C3C0.jpeg
夏の草木は予想以上に生い茂っていて、太い蔓がお互い巻き付きあっていて、かなり力がいる場面もありました。みんなで声をかけあって、役割分担しながら作業しました。
96B5DE54-A7E5-45A7-A49F-13F7669061E2.jpeg
最後には刈った大量の草木をビニル袋に詰めていき、軽トラックで広場まで運びました。
途中、町内会の方からお茶やお菓子の差し入れを頂きました。ありがとうございます!

そんなこんなで予定通り2時間、誰も怪我をせず終えることができました。
終了後はアイス食べながらフリースペースでふりかえり会を行いました。
DDFCC813-D664-4B7B-8997-B9EDCFB35190.jpeg
わらしべワークプロジェクト、今年度は無料で地域の困りごと解決をしてまいります。次回も楽しみながらワークに取り組みたいと思います!
コロナ禍でストレスとうまく付き合うために〜ストレスチェックのご案内〜[2020年07月07日(Tue)]
こんにちは、ゆどうふです。
今日は七夕ですね。いつのまにか今年も後半戦です。
コロナ影響で、4月から7月があっという間に過ぎた感じがします。


さて、ゆどうふでは4月より「福豆ライン」というコロナ対策の活動を実施しています。
その中で今回はオンラインでのストレスチェックについてご紹介したいと思います。


ストレスという言葉をはじめて用いたカナダの生理学者セリエです。
彼は生体が外部から何らかの緊張(ストレッサー)を強いられたとき、これらの刺激に適応しようとして生体に一定の反応が起こることを発見し、これを「適応症候群」としました。

適応症候群は大きく以下の3期に分けることができます。
@警告反応期は、ストレッサーによる身体の緊急反応の時期です。これはショック相(ショックに対して適応できていない段階)、抗ショック相(ショックによる生体防衛反応が高度に現れる段階)にわけられます。
A次に適応反応は抵抗期に入ります。この時期は持続するストレッサーと抵抗力とが一定のバランスをとり、生体防衛反応が完成される時期です。しかし、エネルギーが消耗すると、適応力が徐々に低下していきます。
B疲はい期では、適応エネルギーの消耗からストレッサーと抵抗力のバランスが崩れ、再びショック相に似た兆候を示すことになります。心身の機能低下が起こり、ついには死に至ることになります。


ストレスは、ストレッサーの大きさだけでなく、個人がおかれている条件にも関係しています。条件とは、その人のもともとの“性格”や、その人自身がおかれている状況や環境などの要素が、相互に絡み合っていると考えられます。
ストレスを受けやすい性格は以下の4タイプがあげられます。
@神経質なタイプ
何事にも熱心で、負けず嫌いなタイプ。完璧を目指し、いつも忙しくしていないと物足りない。寛容さがなく、短気で怒りっぽい。
A感情を抑えてしまうタイプ
感情表現が苦手で、自分の本当の気持ちに無自覚なまま、いろいろなことを引き受けてしまうタイプ。
Bいい人(世話焼き)タイプ
人付き合いで常に気を配るタイプ。世話好きで、自分よりも周囲や会社のことなどを優先しがち。
C内向的なタイプ
内向的で、細かいことを時間をかけて考えるタイプ。特に自分の欠点や、できていないことに注意が向きやすい。自分自身の問題にとらわれるあまり、よけいに苦悩が深まり、思考の悪循環にはまりやすい。

ストレスチェックでは、まず簡単なシートを使って、ご自身の感じているストレスの大きさと維持できている活動性について数値化していきます。ストレスは自分だとどのくらいかかっているか判別が難しいものです。その意味でも数値という形で客観的に把握する意味はあると思います。
その後面談にて、テスト結果をお伝えし、お一人お一人のストレス(性格、環境、状況)について分析を進めることで自己理解を深めていきます。
ストレスチェックは一度受けるだけでなく、継続的に受けることでストレスがどのように変化しているかの経過を把握することもできます。

ストレスチェックに要する時間ですが、検査はガイダンス含め40分、面談は約60分となります。リモートワークや在宅中心の生活を送る中で、ご自身のストレスとうまく付き合うのはとても大事なことだと思います。よろしければぜひご利用ください(お申し込みはホームページ、メールにて承ります)。
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆどうふさんの画像
https://blog.canpan.info/yudofu/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/yudofu/index2_0.xml