CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 高校生・大学生による市民活動プロジェクト | Main | 市民活動フェア(のたろんフェア)の企画»
プロフィール

のたろんさんの画像
<< 2015年02月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新記事
最新コメント
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新トラックバック
https://blog.canpan.info/ysc_notalone/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ysc_notalone/index2_0.xml
被災地支援市民ボランティアに参加 [2011年11月14日(Mon)]



11月11日より釜石へと出発、12日午前8時頃、活動地(昭和園クラブハウス)に到着。
10時開場にむけ、サロン開場設営、仮設住宅へのチラシ配りと、それぞれの役割を皆、被災者が喜んでもらえるだろうかと期待を膨らませながら、準備に励んでいました。チラシの成果か5,6人の方が早くから待っていてくれました。私は「卵など差し上げたい班」で、安田養鶏場の卵、クッキー、走水の水、婦人、紳士用の冬物を配るボランティアでした。
食べ物と衣類の場所が離れていたので両方を同時に把握出来なかったのが残念でした。

天気が良かったので外にブルーシート敷きその上に衣類を並べました。半袖でいい位の暖かさでした。横須賀から持って行った衣類はあっと言う間になくなり、釜石の学校の体育館に置いてある衣類を追加で並べました。「これ、似合いそうですがどうですか」と声を掛けたり、「サイズが合うようならこれどうですか?」と背中にあてて見たり、卵の方では、1袋に2個のたまごでしたので、「うちの家族は7人なんです。」、「隣の人に頼まれたの」「10個入りじゃないんだ」とかいう人には余分に差しあげたりしました。「赤い卵なんて買えないんだよ」と子どもに話しかけているお母さんもいました。チヨットですが、被災者の方とふれあう事が出来た気がしました。クッキーはとっても好評でした。子どもおもちゃサロンでは布のおもちゃで楽しそうに遊んでいました。このボランティアをNHKが放送していて、それを見て子どもにせがまれて来た方もいたそうです。喫茶コーナーでは傾聴ボランティアの方が接待しお話をされました。喫茶にはコーヒー、ジュース、たまごスープ、これが又とってもおいしかったです。お昼には岩手の社協の方が用意してくれたカレーをご馳走になりました。

15時終了し片付けた後、集合写真を撮り、16時頃、宿泊地(花巻鉛温泉)へと向かいました。夕食をとりながらのミーティングの予定でしたが、時間がないのでバスの中でのミーティングになりました。沢山の人、子どもが来てくれて良かった。楽しかった。

湯治場でとてもレトロで最初は驚きましたが、温泉がとても良くって、ボランティアで来たのに申し訳ない思いがしました。13日は8時に旅館を出発し被災地視察をしました。岩手社協の局長さんが釜石、大槌を案内してくれました。3月11日の津波が来る前からの映像を撮り続けテレビでは見る事がなかった衝撃的な映像でした。ビデオを見ながら被災地を案内してもらい8か月立つと云うのに、家がそのままだったり、車も流されたままの状態だったり、瓦礫も積んだままでした。東北の人は我慢強く、辛抱強く、多くを語らない人が多いと思うのですが、流石に、政府に対しての怒りと苛立ちを局長さんから感じ取りました。気持ちが分かるだけに目頭が熱くなり、胸が痛みました。私たちに出来る事は本当に小さな力ですが、政府がその小さな力を大きく出来るよう行動すべきではないか、これから寒さが厳しい冬、どう考えているのでしょうか。

今回のボランティアバスに参加させていただき本当に感謝しています。被災者の方へ私が出来る事からはじめていきたいと思います。そんな事を考えながら横須賀へと帰って来ました。紅葉ラッシュなのか道が渋滞し10時半福祉会館前に到着。みなさまご苦労様でした。(おおしまよし子)
よこすか発 釜石お訪ね隊 「サロンよこすか」に参加して [2011年11月14日(Mon)]



釜石市内の仮設住宅に隣接した昭和園クラブハウスでサロンを開きました。ここは周りに商店や住宅街がたくさんある町中でした。

夕べまでの雨で駐車場は少しぬれていましたたが陽が上がるにつれて乾き、晴天で風も無いので外は暑いくらいでした。

大きなテント2張り。一つは入り口で大学生たちがニーズを聞く受け付けに。もう一つはクラブハウスの入り口に建て、卵・走水の水・作業所が作ったクッキー・釜石からのアーモンドなど、配っりました。中古のエプロンやかっぽう着も喜ばれました。

調理班がザルいっぱいのネギを刻んで、絶品の卵スープを作り、全員に喜ばれていました。手づくりの温かい、おいしいものが何より喜ばれると思いました。

大きなブルーシートを4枚も広げ、衣類を並べたましが横須賀から運んだ物はあっというまになくなり、釜石のボラセンからトラック満杯の衣類が届けられました。好みの物を選んで持って行って頂くことができました。海外からの支援の物は大きすぎて選んでいただけませんでした。衣類はサイズや好みがあり、卵や水のように一律に分けられないため、欲しい物を届ける難しさを感じました。

ボラセンから依頼されて参加した傾聴の会の方達は、喫茶を担当しお茶を運んでじっくりお話を聞くことができたようです。また、布おもちゃの会の方たちは三十畳ほどの和室に布おもちゃを広げ、子どもたちに遊んでもらっていました。持参したたくさんの車のぬいぐみがかわいらしくておみやげに差し上げていました。こうして手応えがあり、充実感を得られているようでした。子どもがたくさん来てくれて良かったです。私はじっくりお話できませんでしたが、衣類や卵を差し上げた方が「遠くからありがとうございます。気を付けて帰ってくださいね。」と言ってくださりうれしかったです。

翌日、釜石のボラセンの所長さんの案内で海岸線の視察をしました。海からかなり遠いところまで一面、家の土台しか残っていない惨状でした。車内では町長さんが撮っていたビデオを見ながらお話を伺いました。第1波で堤防があふれ、大きかった第2波が引くときにすべてが持って行かれたそうです。15分ですべての財産や多くの人命を失ったのです。大槌町では火災も起き、遺体は性別も解らないため、いまだに行方不明者扱いなのだそうです。

そこから少し高台になった所に仮設住宅がありました。周りには商店も普通の家もなく、どこにどのようにして買い物に行くのだろうと思いました。本来、こういう場所での支援が重要だと思うが、そこにはサロンを開けるような場所もなく、ボランティアを企画することの難しさがみえました。釜石の所長さんのお話では、これからは家族も財産も失って一人でこもってしまっている人を外に連れ出す今回のような心のケアにボランティアの形が変わっていくということでした。そして、海岸寄りに持っている土地には家が建てられない。仮説の入居は2年。何もできないまますでに8か月が経ってしまったのに、あと1年4か月で何が出来るのかと、政府に対して怒っていらっしゃいました。1日も早い復興を願わずにはいられませんでした。

副隊長が「ボランティアを楽しんでください」とおっしゃった意味がよくつかめませんでしたが、5便までと違って、温泉付きの宿で、紅葉の美しい露天風呂まで入れて申し訳ないほど良かった、良かったの体験でした。ありがとうございました。(すずきとし子)
青空市民まつりなのに…雨!? [2007年05月09日(Wed)]

 期待を裏切りませんでしたねぇ〜5/6(日)は、傘傘傘のため中止!となりました。しか〜し!さぽせんサポーター出動走るしましたダッシュ朝の7時から、テントやステージを撤収し、カラスが散らかしたゴミを片付け悲しいこれで、おしまいと思ったそのときですっびっくり数百匹のおたまじゃくしを無料プレゼントプレゼント>する企画がやってきた音符みんな喜んでドキドキ小もらってくれると思っていたら…欲しがる子どもに母は、「足が生えたらカエルになるのよ困った」確かにその通りですけど悲しいちょっぴり淋しい気がしました。
 そんな中でも、カエル嫌いな駒クンとコンポタ悠クン、ちょっと大人になった朴センパイは、爽やかスマイル笑いを武器に配ってくれました!もっと素晴らしいのは、のたみんです!1つもらってくれた子にもう1つ、いや2つと手渡すのです。勉強になりました〜(笑)私はというと…ひたすらほら貝を吹いてました。呼び込んでるのかサボっているのかは、びみょ〜なとこです汗でも、ほら貝って、難しいんですよっ落ち込みみなさん機会があったら吹いてみてくださいびっくり
とにかく、ご協力ありがとうございました笑い次回は、7/1(日)今度こそ、晴れますように太陽
チャイルドファクトリーで緊急事態!? [2007年05月09日(Wed)]

病院 予告どおり5月3・4日に、ショッパーズプラザにさぽせんサポーターが出動しました!!今回は、子どもと一緒につくって遊ぼう!という企画。当日は、お天気もよく太陽たくさんの親子連れが参加してくれました。
 わりばし鉄砲コーナーでは、三連射式のオリジナルを作ったりと盛り上がりました。サポーターのアイディアで的を作ってミニ射的場のできあがり力こぶ子どもだけでなく私たち!?もムキに怒りなってハマってしまいました。
 そんな中、緊急事態発生ダッシュたくさんの子どもたちに囲まれてご機嫌なスカリンが・・・小さくなっていくぅ−困ったびっくりすぐに退散し応急処置をして再登場!?かなりのヒヤドキ汗でした。
 まあまあいろいろありましたが、楽しい1日でした笑い。これからもハプニング大賞をねらって鐘突っ走って走るいきたいと思います。今回手伝ってくれたサポーターのみなさまありがとうございましたラブそして、これからもつねに…サポーター大募集!!しています。

P.S このブログを入れては消えて・・・と繰り返しすでに4回目!?そろそろちゃんとはいってほしいなぁ悲しい
 
さぽせんサポーター出動!?第1弾 [2007年04月30日(Mon)]

 いよいよGWに突入!というわけで・・・サポセンものたろんを連れてあちこちに出かけます走るダッシュまずは、5/3・4チャイルドファクトリーinショッパーズプラザ横須賀びっくりファクトリーというからには、何か工作を・・・ってことで、のたろんメモ帳と缶バッチのコーナーを開きます笑顔
お次は、5/6青空市民まつり☆HIPHOPダンスコンテストびっくりダンスというからにはのたろんも踊ります汗その名ものたろんサンバーズ!!
 サポセンを知って欲しい、もっと活用して欲しいという思いをこめて参加しています。イベントには・・・頼もしいサポーターが必要笑いてことで、さぽせんサポーター大募集しています。イベント好きな人、子ども好きな人、良くわかんないけど何かを始めてみたい人ドキドキ小ぜひ、連絡を下さい。イベントは、今回だけではありません!一緒に騒いじゃいましょう〓
問題は・・・私がはりきると傘になる困ったのです。だれか、太陽を連れてきて走る下さいすいません
むかし・みらい、市役所に展示! [2007年01月09日(Tue)]

皆様、遅くなりましたが、今年もサポートセンターをよろしくお願いします。

さて、先日、のたろんちぎり絵の「いま」バージョンの横須賀市役所1階に展示をお伝えしましたが。続いて、8日から、「むかし」と「みらい」が展示されています。

今回の展示作業も、ボランティアの方々にお手伝いをいただきました。
(こういったご協力は大変うれしい限りですね)


「むかし」



「みらい」


「むかし」と「みらい」は1/12(金)まで展示されています。

ぜひ一度横須賀市役所まで足を運んでいただければ幸いです。
ちぎり絵「いま」市役所に展示! [2006年12月22日(Fri)]

みんなの手で完成した、のたろんちぎり絵の「いま」バージョンが、12/25(月)〜1/5(金)まで横須賀市役所1階に展示されます。

先ほど展示作業を行い、先ほど市役所から戻ってきました。棒の高さが合わなかったりと骨が折れました(笑)


のたろんカレンダーも一緒に飾りました。




ぜひ市役所に足を運び、一度ご覧いただければと思います。
会議のお知らせ! [2006年10月10日(Tue)]

10月に入りましたが、なぜか暑さが舞い戻ってしまっていますね^^;
皆さん、体調にお気をつけ下さい…。

それぞれのイベントに向けての会議が行われます。
ご都合がよろしければ、ご参加下さい。

●おとぱ実行委員会

おとぱも開催日に向けて、着実に進行中です。

・10/13(金) 15:00〜17:00 当サポートセンター内

●市内外の市民活動の取材と連携イベントの企画(2班)

久しぶりのミーティングです。
29日に文化会館で行われる、きやすいサポセンについての打ち合わせを行います。

・10/19(木) 15:00〜17:00 当サポートセンター内

以上、よろしくお願いします。
のたろんサンバ完成! [2006年09月22日(Fri)]



市民活動サポートセンターでは、横須賀市市制100周年を迎える2007年の事業として4つのプロジェクトを進めています。プロジェクトの一つ「市内外の市民活動の取材と連携イベントの企画」チームでは、趣旨に賛同いただいた市民活動団体のみさなんの協力をえて、子どもから大人まで気軽に参加することができる「のたろんサンバ」をつくりました。

多くの方に「のたろんサンバ」を知っていただけるよう、CDとDVDを製作しました。
CDは1枚200円、DVDは1枚300円で販売しています。

ホームページから、のたろんサンバ1番の途中まで視聴することができますので、ぜひご覧下さい。

http://www.yokosuka-supportcenter.jp/hp/support/info6.htm