CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« NPOスタッフ採用・育成支援 | Main | 東北地方太平洋沖地震被災地支援»
Google

Web全体
このブログの中
ユースビジョンプロジェクト別リンク集
プロフィール

特定非営利活動法人ユースビジョンさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
東北地方太平洋沖地震支援基金
【開催報告】京都市青少年モニター制度報告会 [2012年04月16日(Mon)]

遅くなりましたが先日速報でお知らせした
2012年3月21日(火)に池坊学園第一会議室にて行った
京都市青少年モニター制度の報告会について、それぞれの
シーンごとに当日の様子をご紹介します。


IMGP2601.JPG


・セッション1「ユースモニター制度実施報告」
ここでは、協力していただいた部局から、青少年が出したの意見が
どのように市政にフィードバックされ、施策に反映できたものや
反映できなかったものはその理由などを説明していただきました。

若者からの意見を直接聞くことができ、新しい視点で物事を
考えられる半面、実現可能性としてはまだまだなアイデアも多く、
これまでの取り組みの全体を振り返る機会となりました。


IMGP2633.JPG

・セッション2「ユースモニター制度の成果と課題」
ゲストの山口洋典さん( http://www.nposchool.jp/ )
をお招きし、2011年の成果と課題についてコメントをいただきました。

示唆に富む多くの意見をいただきましたが、その中でも
「アイディアとは思いつき、思い込みであり、「私が思った」ことであり、
提案とは申し入れ、申し込みのことであり受け入れる相手がいて成立する。」
という言葉に、青少年モニターは大きく参加者の心に響いていたようでした。

また、山口さんからは
「モニターのみなさんは、これから種を育てることを期待されている。
ここが終わりではなく、みなさんが関心をもったことに対して
問いを育てていってほしい。」という、応援のメッセージもいただきました。


IMGP2667.JPG

セッション3「ユースモニター制度の振り返り」
この1年の活動を振り返り、青少年モニターや京都市の職員の
方々で、より良くしていくための意見交換をしました。
主な意見としえは以下のようなものがありました。

*本制度に参加しての気づきや学び
 ・私がワークショップでやっていたことはアイデアだった
 ・自分はアイデアは持っているが提案は??相手の側に立って物事を考えないと。
 ・行政としてできること、やりやすいこと、不可能なことは意外とはっきりしている
 ・行政の方たちがとても歩み寄っていただいていると、実際参加して気付いた。
 ・町の中で市政のポスターをよく見るようになった。(意識して)
 ・自分のアイデアが「面白いね」と言ってもらえると嬉しくなる。参加したくなる。
 ・テーマの名前(例、ごみ減量)だけ聞いても関心がわきにくいが自分の暮らしの延長と
してとらえると考えてみたくなる。


*本制度について 問題や課題となるポイント
 ・理解の深まりに欠ける。提案するには相手をよく知ることが必要
 ・背景屋より現状について詳しく知った上で提案する機会があればより実践できるよう
なものが出てくるのでは?


*本制度について 次年度に向けた改善案
 ・過去参加者と新しく参加した人が交流できる。
 ・1テーマにもっと時間をかけて議論する。
 ・学校や教育委員会にも協力を呼び掛け中高生の参加者を増やす。
 ・提案にするためにもう少し詳しく成果と課題を知る機会を
  →テーマを出す、行政の事情(ルール、ツール)をもう少し知れたら



IMGP2697.JPG

セッション4「総括、今後についてのご案内」
青少年モニター制度の担当である
京都市勤労福祉青少年課の俣野様よりメッセ―ジをいただきました。



今年度が初の取り組みということもあり、次年度以降に解決すべき課題は
たくさんありますが、報告会等での担当部局からのフィードバックや、
実際に参加した青少年モニター、報告会を見学した青少年からの声からは、
たくさんの価値も発見することができました。

今後、より良い取り組みにしていくためには、青少年、行政がお互いに
ついて理解を深め、意見交換をしていく環境を作っていくことが重要ですが、
そのために青少年が時間をかけて市政について理解をする機会を作り
それを支える行政の協力の形を作っていくことだと思っています。

ユースビジョンが継続して行うかはまだ未定ですが、
次年度もこのとりくみは継続するとのことで、
この取り組みがより発展し、若者と社会をつなぐモデルの一つとなって
いってもらえたらと思います。
【速報】青少年モニター制度の報告会を開催しました。 [2012年04月01日(Sun)]

2012年3月21日(火)に池坊学園第一会議室にて京都市青少年モニター制度の
報告会を開催しました。

当日は青少年モニターの参加者に加え、
京都市の関係者の方やゲストの方など総勢約20名の方が参加されました。

詳しい報告につきましては後日改めて報告いたします。



<当日のプログラム>
18:00 セッション1「ユースモニター制度実施報告」
2011年度の活動レビューと、テーマ提供をいただいた京都市の担当者から
活動についてのフィードバックをいただきました。

19:25 セッション2「ユースモニター制度の成果と課題」
ゲストに山口洋典さんをお招きし、
2011年の成果と課題についてコメントをいただきました。

19:45 セッション3「ユースモニター制度の振り返り」
この1年の活動を振り返り、次年度に向けた改善点や提案を議論します。
良かった点や改善すべき点など、小グループにわかれわかりあいました。

20:30 総括、今後についてのご案内
最後にゲストの山口さんよりコメントをいただき、
青少年モニター制度の担当である
京都市文化市民局共同参画社会推進部勤労福祉青少年課の俣野さんより
今年度の総括のコメントをいただきました。
【参加者募集中!】3/29助成事業「成果発表会」 [2011年02月11日(Fri)]

平成22年度「輝く学生応援プロジェクト」助成事業
3/29 「成果発表会」開催決定しました!!

平成22 年度輝く学生応援プロジェクトの助成事業に応募し、選ばれた学生団体が、
約半年にわたって、もっと地域をよくしたい、京都を元気にしたい!という思いを胸にチャレンジした取組みとその成果を熱く語ります。

※平成23年度助成事業の事前説明会も同時に開催します!
 来年度の資金獲得を考えるみなさん、ぜひご参加ください。

----------------------------------------------------
輝く学生応援プロジェクト助成事業成果発表会

日時:2011年3月29日(火)13:00〜16:00
場所:キャンパスプラザ京都 1階 学生Place+ 交流スペース
定員:50名
参加費:無料
----------------------------------------------------

詳細は、下記をご覧ください。
http://sites.google.com/site/kagayaku10/found/found03
6/13、学生の活動拠点オープン! [2010年06月07日(Mon)]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□ 6/13(日]キャンパスプラザ京都1階に
    「学生の活動拠点」がオープン!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京都市が「大学のまち京都・学生のまち京都推進計画」の一環として
策定した「輝く学生応援プロジェクト」。
学生を応援しよう!京都のまちを活性化しよう!という取り組みで、
京都市の委託を受けて、(特)きょうとNPOセンター、(財)京都市ユース
サービス協会、(特)ユースビジョンが連携して運営しています。

そしていよいよ、キャンパスプラザ京都の1階に、ミーティングスペースや
交流スペースを備えた「学生の活動拠点(仮称)」をオープン。
6月13日(日)に、オープニングイベントを開催します!
続きを読む・・・
ボランティア情報8月号 [2009年09月10日(Thu)]


「ボランティア情報」8月号にコラムを執筆しました。

テーマは、
Supporting Students' Power 第5回
「中間支援組織が仕掛け、支える
大学ボランティアセンターのネットワーク」

岡山県ボランティア・NPO活動支援センター「ゆうあいセンター」


続きを読む・・・
ボランティア情報7月号 [2009年08月10日(Mon)]

「ボランティア情報」7月号にコラムを執筆しました。

テーマは、
Supporting Students' Power 第4回
「より多くの学生が地域に貢献できるチャンスを
教育機関としての仕掛けづくり」

愛知淑徳大学コミュニティ・コラボレーションセンター

続きを読む・・・
ボランティア情報6月号 [2009年07月10日(Fri)]


「ボランティア情報」6月号にコラムを執筆しました。

テーマは、
Supporting Students' Power 第3回
「大学と中間支援組織のネットワークで
学生と地域の出会いをプロデュースする」


続きを読む・・・
ボランティア情報5月号 [2009年06月10日(Wed)]

「ボランティア情報」5月号にコラムを執筆しました。

テーマは、
Supporting Students' Power 第2回
「学生が学んだ専門性を活かして社会貢献活動プログラムをデザインする」

続きを読む・・・
ボランティア情報4月号 [2009年05月10日(Sun)]

「ボランティア情報」4月号に、コラムを執筆しました。

テーマは、
Supporting Students' Power 第1回
「聴覚障害のある学生の情報保障をネットワークの力で育む」


続きを読む・・・
月刊誌「ボランティア情報」にコラム執筆 [2009年04月10日(Fri)]


2009年度、ユースビジョンでは、
全国社会福祉協議会全国ボランティア活動振興センターが発行する
月刊誌「ボランティア情報」に、「Supporting Students' Power」と
題したコラムの執筆を担当することになりました。

このブログでも紹介していきます。

◆ボランティア情報について
http://www3.shakyo.or.jp/cdvc/volunteer/magazine/index.html