• もっと見る

«【申込み受付中】大学ボランティアセンター学生スタッフリーダーセミナー2013 | Main | 3月開催分:知的障害者ガイドヘルパー養成講座»
Google

Web全体
このブログの中
ユースビジョンプロジェクト別リンク集
プロフィール

特定非営利活動法人ユースビジョンさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
東北地方太平洋沖地震支援基金
【開催報告】1/13-14!2013年リトリート新年会in滋賀・東近江 [2013年01月16日(Wed)]

====2013年リトリート新年会in 滋賀東近江====
【日   程】2013年1月13日(日)-14日(月・祝)
【開 催 地】滋賀県東近江市
【宿   泊】愛郷の森 バンガロー
【参加者数】17名
=========================

1月13日-14日、2013年冬のリトリートを滋賀県東近江市で開催しました。
冬リトリートとしては恒例、今回も東海組と合同開催。初参加の方もいる中、わいわい1泊2日を過ごしました。

【1月13日(日)・1日目】
11:30

JR能登川駅で京都組、東海組、東近江組と全員が集合。能登川駅前すぐの子民家etokoroへ向かいました。

到着後は早速昼食。今回のリトリート初の食事は、etokoroの活動として年に数回行われているチャレンジカフェとのコラボ企画。たまたまこの日に、京都の大和学園の学生有志からチャレンジカフェをしたいとetokoroに打診があり、昼食をご用意いただくことになりました。気になる昼食メニューはオレッキエッテブロッコリー和えオイルパスタorカルボナーラから選択。みんなそれぞれ好きなものを選び、おいしくいただきました。

IMGP6200.JPGIMGP6199.JPG







*写真左がオレッキエッテ。オレッキエッテとは「耳たぶの形」という意味。耳たぶぐらいのやわらかさで歯ごたえのあるパスタでした!

また、食事が出てくるのを待っている間に子民家etokoro内の見学ツアーを開催。今回ホストとなってくださったetokoroの高田さん解説の元、普段この子民家がどんな風に利用されているのかなどを教えていただきました。
子民家内には桶風呂も!今はまだ実用化されていないようですが、今後使えるようになる日も遠くないかも!?
IMGP6194.JPG











14:00
まきストーブで暖まった部屋で、ゆっくり昼食とデザートをいただきながら、まちづくりネット東近江の活動とetokoroの活動紹介。
東近江は観光で訪れることが少ない地域なので、どんな町なのか、どんな市民活動が盛んなのかなど、参加者は初めて聞くことばかり。みんな「へぇ〜」と感心しながら話を聞いていました。

IMGP6208.JPG














15:00
etokoroを出たら、次の目的地であるこだわりのにごりワイン醸造のヒトミワイナリーへ。ヒトミワイナリーは地産地消を積極的に行っていて、滋賀で採れたブドウを使用しワインを作っています。またここのワインの特徴は、名称通り「にごっている」こと。ろ過せず、にごったまま(=おいしさ100%のまま)商品にしていると社長の岸本さんに教えていただきました。岸本さんのお話の後の参加者の買い物は、必然的に財布のヒモが緩みますね。
このヒトミワイナリーでは全てのワインを試飲でき、職人さんが丁寧にワインの説明をしてくれるのですが、その職人さんがどの方もイキイキとワインの魅力を話される雰囲気がとても印象的で、味への自信を感じました。

IMGP6224.JPGIMGP6221.JPG








17:00
続いては永源寺温泉「八風の湯」へ。地理的にはちょっと奥まったところにある温泉なのですが、大人気。身体の疲れをリフレッシュ。

19:00
ようやく宿泊場所の愛郷の森バンガローに到着。到着するやいなや、みんなで夕食の準備。夕食は、南三陸の海の幸をいただこうという趣旨で、南三陸で起業し活躍中のたみこの海パック阿部たみこさんにお願いし、鍋に合うお魚を選んで送っていただきました。タラの身や白子、アイナメ、ソイ、アンコウなど新鮮なお魚がたくさん!普段なかなか食べられない魚も多く、みんなの胃袋を満たしました。女性陣にはコラーゲンたっぷりのアンコウが人気。
また東近江の地酒・一博(中澤酒造)も一緒に。これがまた料理によく合う!

IMGP6249.JPG















22:00 
お腹を満たしたら、毎年恒例新春お年玉プレゼント交換会。みんな郷土愛を感じさせるものや、笑いをねらったプレゼントなど趣向を凝らして準備。プレゼントを買うのに2時間もお店をウロウロしたという人も…笑 本当にありがとうございます。

その後0:00ぐらいまで宴は続き、普段なかなか会うことができないですし、ゆっくり話すことができないので、積もる話をしました。気取らず腹を割って話せるこういう時間が、とても貴重ですね。


【1月14日(月)・2日目】
8:00 

朝食は地元のおいしいパン屋wild Kitchenにパンの宅配をお願いし、普段あまり食べられないバナナパンやライ麦パンなど全7種類のパンをみんなで分けていただきました。前日の鍋のお出汁も残っていたので、雑炊も一緒に。朝から贅沢なご飯でした。

9:00
外は生憎みぞれ交じりの雨だったので、プログラムを少し変更し、朝お話をしました。は赤澤から石巻の取組みについてお話。石巻復興支援ネットワークで支援している団体の紹介、被災地の現状や、被災前からある地域課題が徐々に浮き彫りになってきている、という話がありました。

IMGP6285.JPG















10:00 
赤澤の話が終えたところで、昼食の時間まで、3コースに分かれて行動。元々の予定であった永源寺を参拝する人、すぐ近くの池田牧場に行く人、バンガローに残ってゆっくりする人に分かれ、それぞれの楽しみ方を満喫。

11:30
そしてリトリート企画の最後の目的地、池田牧場さんで全員が再集合。
築160年の茅葺民家を移設して建てられたお食事処「香思庵」へ。「手間ひまかけた田舎料理」というコンセプトで、地元の旬の食材をつかった料理を提供されています。地元野菜を使った定食をいただきましたが、これまた美味。みんなでいただく最後の食事を堪能しました。

これで今回のプログラムは全て終了。
東近江の地域の人、文化、食、活動を満喫。実際に足を運んで初めてわかる東近江良さにたくさん気づかされました。おそるべし、東近江です。今後目が離せません。

最後になりましたが、今回のプログラムの企画、運営にご尽力くださった井上泰夫さん、高田友美さん、本当にありがとうございました。またご参加いただいたみなさまもありがとうございました。

次のリトリートは来年夏ごろ開催予定です!今後もどうぞよろしくお願いいたします!!

IMGP6214.JPG
Posted by yamamoto at 22:11 | ネットワーク形成 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント