CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
遊舞炎舞ブログです

踊ることで幸せの輪が広がっていく事を信じまじめに真剣に活動してます
素顔のメンバーの・・・ちょっと妄想気味の楽しい日々を紹介します

« 2015年04月 | Main | 2015年06月 »

<< 2015年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
プロフィール

まりっぺさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新記事
https://blog.canpan.info/you-my/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/you-my/index2_0.xml

月別アーカイブ
最新コメント
とうがらし@21〇
感謝の祭り・・にいがた総おどり (09/21) まりっぺ
練習あるのみ・・(*^_^*) (08/26) hisui
練習あるのみ・・(*^_^*) (08/26) まりっぺ
花笠まつり・・本番です(^O^) (08/10) NAGI
花笠まつり・・本番です(^O^) (08/10) みい@遊舞
ドラムサークルで元気に!@須賀川 (07/26) yokoyama
来た〜(^^♪ルンルン♪ (07/03) shinn
避難所の皆様へ・・・愛を込めて (05/27)
日別アーカイブ
最新トラックバック
新潟のみんなで一緒に踊っちゃおう振り落としの案内[2015年05月28日(Thu)]
みんなで繋がろう〜〜企画(^.^)

遊舞炎舞はっちゃけぶり満載のダンスナンバーQUEEN の「I was born to love you 」

新潟のみんなで一緒に踊っちゃおう振り落としの案内です!!

お近くの皆様お出で下さいませ

▼日時:5月31日(日)13:00-16:00
▼会場:結いハート聖籠 2階青少年交流センター
〒957-0117北蒲原郡聖籠町大字諏訪山15603


詳細は下記にあります






めちゃくちゃ楽しいこと間違え無し


(^_^)v踊りたくなったでしょ




お衣装のイメージ(・o・)
2014-12-29 01.42.46.JPG
・・・きっと誰だかわからないと思うので勝手に拝借(^_^)v


新潟の「 合同連光」さま 企画して下さいました(^.^)
問い合わせ・申し込み・詳細は下記に記載


遊舞炎舞さんよりQUEEN の「I was born to love you 」を一緒に踊ろう企画始動!ー

福島県須賀川市 遊舞炎舞(ユウマイエンブ)さんよりナイスなプレゼントをいただきました☆

遊舞炎舞さんが踊っている「I was born to love you 」とゆうあの光の新年会で最後にみんなで踊った曲を、一緒に覚えて踊りましょうとお声をかけていただきました!

意外とそんなに難しくないとは聞いていますが。。。

先日は言葉のわからないフランスの子供たちにもワークショップを行ったそうです

☆映像を見せてもらいましたが、踊りに国境はない!私たちも超えていきたいですね☆

楽しいーーーこと間違いなし!

申し込み お待ちしています!!
▼日時:5月31日(日)13:00-16:00
▼会場:結いハート聖籠 2階青少年交流センター
〒957-0117北蒲原郡聖籠町大字諏訪山15603
TEL:0254-32-5818
▼講師:遊舞炎舞のみなさん数名
▼料金:500円(遊舞さんの交通費にあてさせていただきます)
▼お披露目予定:聖籠IZANAI海祭り・新潟総踊り・福島はっぴーあいらんど☆フェスティバル
▼スケジュール:数回の自主練習会を行う予定です
▼衣装:60年代風(詳しくは振り落としのときに説明あり)
▼申し込み方法:
下記アドレスまで送信してください。
daiya2012izanai@yahoo.co.jp

▼申し込み内容
件名:クイーン申し込み
送信内容:
@氏名

Posted by まりっぺ at 11:12 | ワークショップ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

ひろしまフラワーフェスティバル[2015年05月08日(Fri)]
ひろしまフラワーフェスティバル「きんさいYOSAKOI」

新曲「天かがみ」初お披露目

被曝70年 全世界へ平和の発信を続ける広島の地

遊舞炎舞 お披露目をさせて頂きました


遊舞炎舞バスで14時間・・・珍道中の始まりです

5月3日 22:00 須賀川出発 ひたすら広島へ向けて走ります

image (3).jpg

広島到着わーい(嬉しい顔)

まずは腹ごしらえレストラン広島焼きを食べなきゃ・・です

お好み村へ直行

満足の広島焼き

こんなに美味しいとは・・・感激です!!


image (5).jpg

食べたら全員で大移動

これがまた大変あせあせ(飛び散る汗)

誘惑に負けそうになりながら、ひたすら平和公園を目指して歩きますダッシュ(走り出すさま)

image (2).jpg

次の場所は
国立広島・長崎原爆死没者追悼平和祈念館

こちらで被爆体験者のお話を聞きました

当時13歳の少女だった笠岡貞江さん

両親を原爆によって亡くしました

父親を引取り死を看取った時の話に私達は衝撃を受けました

戸板に寝ている姿は生きている人とは思えませんでした。
顔は大きく腫れ上がり、着衣は焼かれて、何も着ておらず、身体が真っ黒で 光っていました。
声を聞いて父だとわかりました 。
薬はなく、胡瓜やジャガイモなどをすりおろして、湿布代わりにしました。すぐ乾きましたが、取り替えることもできません。
さわったらズルッと黒いところが剥けて下から赤みが出ました。表面だけでなく、内部まで火傷していました。
意識はあり、「雑魚場町にいて、キチと一緒に逃れようとしたが 、離れてしまった。探してくれ」と妻を案じていました。
水を欲しがりましたが 、火傷の人に水を飲ますと死ぬと聞いていたため 、水道が止まっているなどとごまかしました 。
酒の好きな人で、蔵の中にビールが大事にしまってあり、「酒でもいいから 、飲みたい」と言ったのに飲ませなかったのが今でも、心残りになっています。
父には、団扇で扇いであげることしかできませんでした。暑いのと傷口にたかる蝿を追い払うためです。傷は化膿し、蛆虫が傷口から出たり入ったりしていました。
・・・・・

戦争はどんな理由があっても正当化出来るものではない

争いを戦争で解決することは出来ない

人を殺すことがどうして紛争を解決できることになるのでしょう

人は知識を得ることが出来た

ならば、戦争という手段で解決する道を選ぶのは知識を得たことになるのだろうか?

笠岡貞江さんのお話を聞きながら不思議に思ったことがひとつあった

言葉を選んでる・・・

見せるべき資料を隠しながら話しているのです

終了後、お聞きしました

「福島から来た私達に話すのは辛いですか?話しづらいですか?」

正直に貞江さんは答えてくれました

「とても辛くて話せなかった

放射能はとても恐ろしいものです

内から影響を受けてるのか 外から影響を受けているのか分かりません

10年20年30年経過して影響が現れるんです

私より若いものが原爆の影響で亡くなっていきました

それを皆さんの前で話すことは出来なかった

福島の事は私なりに調べ今も収束してないことを知ってます

だからこそ何も言えなかった」

とても大事な話でした

本当ならその事を一人ひとりが持ち帰りをしなければいけなかった

ひとつの過ちがどれほどの影響をもたらしていくのか

良かったら下記に全文があります読んで下さい

原爆は悪の固まり

さて次は中国新聞社ビルで行われる「交流親睦会・総踊り練習会」です

今回大変お世話になった綺羅人さんが中心に準備を進めてくれました

会場には福島県人会の皆様もお出でになり和やかに親睦を深めたのであります揺れるハート

今回お世話になった綺羅人の日高さん夫妻
右斜め下

_MG_0117.JPG
おかげ様で広島の地で路頭に迷うこと無く満喫出来ました・・・感謝黒ハート

そして夜は夕食会です

心温まるおもてなしに感激です

とても充実した時間でした

綺羅人さん初め広島の皆様の心に触れることが出来たこと

メンバー全員大切な宝物となりました


image.jpg

5月5日 フラワーフェスティバル「きんさいYOSAKOI」開催当日晴れです

早朝6時半から三滝少年自然の家体育館にて最終合わせ^_^;

悠一朗先生はじめ皆様の協力頂きながら最終確認をさせて頂きました

会場へ移動ダッシュ(走り出すさま)・・・まずは山口の螢さんの演舞

_MG_9674.JPG

感動しながらパレード会場スタート地点へ移動です

高鳴る興奮を抑えながら準備されていたお弁当を頂きますあせあせ(飛び散る汗)



_MG_9682.JPG

感動・興奮・ドキドキ

緊張しながら演舞スタートです





IMG_0122.JPG


_MG_9860.JPG

パレード演舞終了

緊張も少しはほぐれたようで・・・目

_MG_9918.JPG

次の演舞はパフォーマンス会場

メンバー全員・・前列の観客席を見て固まるがく〜(落胆した顔)

須賀の皆様・・IZANAIの家族の皆様が陣取ってる

パレード会場で燃焼しきった体を奮い起こさせる

悠一朗先生が魂込めて振り付けしてくれた「天かがみ」 

胸が張り裂けそうなくらいだけど

今の自分達の精一杯を見て欲しいと心を込めて踊りました


_MG_9963.JPG




最後の演舞はカーネーションステージ

言葉にならない位感動した

全てに感謝です


_MG_0074.JPG


カメラ平和公園にて記念撮影

IMG_0173.JPG

福島から来てくれたと言う事で花束を頂きました

かなり・・・恐縮気味^_^;

自ら選んで広島の地に来たので・・頂いちゃって・・です

それでもとても嬉しいです

沢山の力を頂いた広島

私達の方こそ感謝の気持でいっぱいです


_MG_0407.JPG

続いて・・・賞まで頂きました

嬉しい限りです

「躍動パフォーマンス賞」

ぴったりですね(^_^)v

_MG_0433.JPG

フィナーレ

前日教えてもらった総踊り

会場のみんなで一つになって踊る

やっぱり

祭はいいね


_MG_0505.JPG

スケジュールに追われ最後になってしまった「平和の灯」への祈り

帰途に着く前に全員で黙祷してまいりました

広島の地で踊らせて頂けたこと

全世界に平和を発信続けるこの地で感謝と祈りを捧げます


IMG_0434.JPG

被曝70年を迎える広島

放射能という目に見えないものとの戦い

被爆という言葉が福島に住む者にとって胸に刺さる

隠すことの出来ない事実

福島に住む私達も被爆者

当事者にしか分からない苦しみや怒り

この世を変えるのなら想像すれば良い

どんな未来を想像したいか

子どもたちに何を残したいか

想像すればいい

今、するべきことが見えてくるはず

平和を願うなら

この世のためにならないと思うなら

NOと言える自分になればいい


image (1).jpg

ひろしま福島県人会のみな様
綺羅人のみな様
中国新聞のみな様
お心を寄せて頂いた山下様
IZANAIの家族のみな様
衣装製作に関わってくれた全てのみな様
ひろしまフラワーフェスティバル参加へ向けて協力してくれた家族のみな様
会場でのサポートをしてくれた全ての皆様

数えきれない人の支えがあって、ひろしまの地で新曲お披露目をすることが出来ました
本当にありがとうございました

開催当日、遊舞炎舞のサポートのため暑い中がんばってくれた りんちゃんパパ、ちばゆみ、めぐちゃん、栗橋さん、吉雄パパ 撮影班の古田くん、鈴木くん
皆様のおかげで無事演舞をすることが出来ました

ありがとうございました

多くの人の支えがあって遊舞炎舞はあります

いつまでも感謝の気持を忘れること無く

踊りを手段に平和への願いを発信続けたいと思います

感謝



Posted by まりっぺ at 07:48 | イベント | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)