CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
事務局日記
« 朝型人間 | Main | お誕生日会 »
<< 2013年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
代理店A
11/21(月)NPO勉強会in佐渡 (12/08)
ゆうた
2011年1月以降の予定 (01/19)
sawano
2010年1月の動き (03/29)
日本財団 山田
イベントのラッシュ!でも体はひとつ (11/22)
Cashing Provider
小切手換金事件!? (07/25)
よっし〜
エコバックいただきました (04/07)
最新トラックバック
NPO (06/29)
小切手換金事件!?[2008年10月18日(Sat)]
アメリカからNPO専門家3人を招聘し、新潟県内を縦断しながら各地域でセミナーなどを開催する「新潟NPOアクションツアー2008」がありました。10月7日夜に新潟に到着したジョーさん(ペンシルバニアNPO協会事務局長)、ジョンさん、ピートさん3人は超ハードスケジュールで、10月12日まで村上から上越までを駆け抜けました。車
各地域でのイベント様子は、ウェブ「にいがたNPO情報ネット」や、ブログ「新潟NPOアクションツアー」をご覧ください。

ここでは、今回ツアーの事務局を担当した私が一番大変だったことをみなさんにご紹介したいと思います。名づけて「小切手換金事件!?」

8月にジョーさんから、「小切手で新潟とその後の東京視察の費用を持参する」と連絡メールを受けていた私は、ネットで換金方法を調べ、登記簿謄本のコピーなどを準備。

10月8日朝にジョーさんからお金小切手$5,090を受け取り、翌日9日に第四銀行県庁支店へ。すると窓口で「9月からクリーン小切手の取り扱いは50万円以下となりました」と!困った手元の小切手は$5,090!その日のレートは100円と少し・・・「偽造小切手が多発しているのでこういう措置をとることになりました。ご了承ください。」とのこと。なんと・・・さらに「小切手だと銀行に振り込まれるのに一ヶ月かかります。無事換金されても3年間は、小切手返金を銀行から要請することができるので、電子送金をおすすめします」とのことでした。

事務所に戻り、理事らと相談。銀行OBへ電話をかけたところ「本店に行くと、外貨専門窓口があるので、何かいい方法が見つかるかも」とアドバイスを受け、翌10日(金)に本店へ。

その日のレートは98円、50万円以内ということで、取り扱いできるとのこと拍手ついては、NANの口座である白山支店へ行ってほしいとの。

さて、白山支店に到着。登記簿謄本のコピー、小切手、本店から渡された小切手取立依頼書に必要事項を記入し提出。胸をなでおろしながら、待つこと30分・・・鳥「お客様、すみませんが、小切手に印字されている番号を機械が読み取れず、『NOT BANK』と出てきます。入力方法をかえてトライしてみますが、時間がかかりますので14日なります。また読み取れない場合は、取立できませんので電子送金にしてもらうようアメリカへ連絡したらどうですか?」と。ここでも、電子送金をすすめられました。

このことをジョーさんに伝えたら「アメリカでは小切手が日常化しているのに、日本でこんなに大変だとは」と驚いた様子びっくりたしかに、日本でも9月までは、こんなにきつくなかったのでしょう。

3連休が明け、14日お昼に白山支店から「番号が読み取れ、銀行を認識できました。ただ・・・今日のレートは100円越えているので、50万円以上となり、取立できません」と電話あり。「これはもう、小切手をあきらめ、電子送金にするしかない」落ち込みと理事らに電話で相談。すると、10日にジョーさんが、PANOに連絡をして電子送金してもらうよう段取りをしてくれていたことが判明!ラブ電信送金用の記入シートがその理事のところにメールで添付されてきていたとのことでした。

私にも転送してもらい、銀行番号、口座番号などを記入。15日に、理事に頼んでPANOへメールを送信してもらうことに。

翌16日、第四銀行から「電子送金の手続きを行っています」との連絡があり!1日で振込みが完了していました・・・ダッシュこれから、日本のNPOも海外とのやりとりが増えることと思いますが、小切手には注意しましょう。やはり電子送金が一番のようです。いやー、勉強になりました。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/yosshi/archive/38
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
弊社は、米国発行小切手の換金代行サービス会社です。銀行に比べて、迅速・手軽・安価なサービスを提供します。 弊社の小切手換金サービスをご利用頂ければ9営業日以内で、額面の10%の手数料でお手元の米国小切手を現金化することが可能です。是非、ご利用頂ければ幸いです。2006年4月サービス開始以来、無事故でサービスを提供させて頂いています。ご安心してご利用下さい。
Posted by:Cashing Provider  at 2009年07月25日(Sat) 06:59

プロフィール

yosshiさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/yosshi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/yosshi/index2_0.xml