CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

自然と遊び、自然と生きる・・・私が思うこと

子育てと地域活動、そして松山での冒険遊び場活動を通して思うこと、感じることをそこはかとなく綴ります。


「チャイルドライン ハートコール・えひめ」をご存知ですか? [2012年09月29日(Sat)]
「チャイルドライン ハートコール・えひめ」は、子どもの声に耳を傾ける活動と、子どもの声を社会に届ける活動を2本柱として活動している団体です。

毎月5の付く日に子どもたちの「こころの居場所」としての電話相談を開設しています。

その電話件数は、9年間の総数が2万件を突破!(2002年3月〜2010年3月まで)着信総数20,515件だそうです。
愛媛でもたくさんの子どもたちが、自分の「こころの声」をだれにも打ち明けられず、苦しんでいる現状がわかります。

昨今、テレビでは「いじめ」による自殺問題が大きく取り上げられ、社会問題となっています。
※こんな新聞記事が9月12日に掲載されていました。左斜め下
小中高生自殺増200人に.jpg

しかし、この問題は今に始まったことではありません。私が子どもの頃、すでに小中高生の自殺問題は社会問題化していました。

どうしてまだ人生を歩み始めたばかりの小学生や中学生、高校生が自殺を選択しなくてはいけないのか・・・
※平成19年3月、文部科学省のデーターに子どもの自殺予防のための取組に向けて

愛媛の子どもたちが元気に育つために、陰で支えてくださっている「ハートコールえひめ」のような団体がますます愛媛で増えてくれることを願っています。

それで、今日はその「ハートコールえひめ」の研修会の講師に私が呼んでいただきました。
今回の内容は、

「外遊び」と「自分の子育て」から見えてきた、今の子ども達を取り巻く社会
〜今の子どもたちを取り巻く社会環境に何が欠けているのか?〜

1)子どもの頃の私
 自分自身が生きる意味を見いだせなかった経験
2)子育てについて
 育児書とにらめっこの子育て。4人の子どもの子育て、同じ母が育てても、生まれてくる子どもの性格、行動はみんな違う・・・育児書では伝えられない子育てのノウハウを先輩から学ぶ伝承が必要なのでは!
3)冒険遊び場ってどんなところ?
4)冒険遊び場が休止になってから見えてきたこと?
5)実を言うと冒険遊び場が休止になる前から苦情はあった!
6)子どもたちがのびのび元気に育つ社会の実現のために


こんな感じで、話してきました(#^.^#)
皆さん一生懸命お話を聞いてくださりました。
本当にありがとうございました。

これからも、いろいろなところでお話ができる自分になるようにますます磨きをかけていこうと思っていますので、よろしくお願いします晴れ
松前町の「ときファーム」のアイガモ君を捕まえに行ってきました(#^.^#) [2012年09月15日(Sat)]
DSCF0198sono2.jpg

今日は、愛媛県松前町の「エミフル松前」の東南方面にある「ときファーム」に久しぶりにお邪魔してきました。

我が家はここのアイガモ君が虫や草を食べてくれながら育っているお米を毎年いただいているのですが、今日はお米収穫前に、田んぼからアイガモ君を出す作業のお手伝いに行ってきました。

DSCF0206sono2.jpg

泥だらけになりながら、網でアイガモ君を捕まえて、それから飛んでどこかへ行ってしまわないように、羽を3本ほど切って、柵を施した近くの空き地に解放するまでのお手伝いをしてきました。

DSCF0196sono2.jpg
↑羽を切るところは娘が頑張ってくれました(#^.^#)

DSCF0205sono2.jpg
泥だらけで、アイガモを捕まえるのは息子が頑張ってくれました。

今年もおいしいお米を頂けそうです(#^.^#)

暑い中、毎日大変な作業だと思いますが、これからもよろしくお願いします。

新米を食べるのを楽しみにしています。
あいあいキャンプのプレキャンに行ってきました!! [2012年07月01日(Sun)]
我が娘が大好きなはーと・ねっと・くらぶ主催の「あいあいキャンプ」のプレキャンに親子共に参加してきました。

あいあいキャンプとは・・・チャレンジド(障害児)・健常児が共に協力しながら行なうキャンプで、3泊4日の親元を離れての共同自炊生活を行う中でいつも我が娘も成長させてもらっています。

DSCF0063sono2.jpg

DSCF0061sono2.jpg

この中にいるとさまざまなハンディーを抱えている人もそうでない人もみんな一緒に楽しんでいるから、子ども達もそんな事は考えてないように思います。こうした環境の中から本当のノーマライぜーションの精神が育まれるんだろうな〜と感じながら参加させてもらっています。

なんだかんだで、5年ぐらいこのキャンプに関わってるけど、子どもだけではなく私自身も勉強させられる事が多かったキャンプでした。

本キャンは8月16日~19日!!
今年はどんなキャンプになるのか?!参加しない親も楽しみにしています(#^.^#)

DSCF0067sono2.jpg
朝から雨でどうなるかと思っていたら、イベント開催時には雨も上がり、太陽も顔をのぞかせていました。

良い一日でした晴れ
ツリーハウス見てきました(^−^) [2011年05月08日(Sun)]
伊予市にある創造アトリエ「あぷりこっと」の制作中のツリーハウスを見てきました。



いいな〜こんなところがあったら遊び場の子ども達も大喜びなんだろうけど、既成の公園内には作れないし・・・大きな木もないしね〜(>_<)

いつか、大きな木の上にトムソーヤが出てくるようなツリーハウスが作りたい!!
駄菓子屋店長ありがとう! [2011年02月27日(Sun)]
本日!!

2月27日(日)松山市青少年センターで行われた、松山市青少年育成市民会議主催の市民大会において、八坂小学校の子どもたちによる『駄菓子屋店長』開催しました!


よしこさんはそのイベントのお手伝いに行って来ました。

駄菓子屋イベントは何回か運営したので、イメージがわかるのですが、子どもが店長になるのは初めての試みでした。

その結果、イベントは大成功!!

でした。

午前の部の子どもたちも午後の部の子どもたちも積極的に営業活動を行い、販売の為のアイデアを生み出し、年配の方の対応もしっかりしていました!

予想以上の成果と、いって良いと思います!

私が見ていた限りのナイスアイデアは…

綿菓子販売活性化の為に、年齢を問わず積極的に試食をしてもらい、『こんなに美味しくて、尚且つ安い!そして心も体も癒やしてくれる甘いスイーツは綿菓子しかない!』

といわんばかりの積極性に見守る大人はビックリ!

輪投げコーナーでは、お客様の要望にしっかり応じ、サービス精神バッチリでした!

2年生グループの駄菓子屋会計係りは、まだ素早く計算はできないけど、ひとりひとりにしっかり対応する、その健気な可愛らしさに、思わず財布のヒモがゆるんでしまった方もいたのでは…?

子どもの内なるエネルギーを今回も感じ、未来への希望を感じさせていただきました。

八坂小学校の子どもたち!ありがとうね〜!

次回、またよしこさんに出会ったら『ヨッシー元気!』と声かけてね!(^^)!
あいあいキャンプへの思い・・・ [2010年10月10日(Sun)]
今日はあいあいキャンプのアフターキャンプに小学3年生の娘と短大2年の娘(スタッフとして)とで参加してきました。

野外活動センターで「いもたき」を作ってその後子どもは元気に遊び、大人とスタッフは本キャンプの後の子どもたちの様子などを話しながら、楽しく座談会。

なんだかのんびりさせていただいた一日でした猫

あいあいキャンプに私が子どもたちを行かせたい理由は・・・

@いろいろな人との関わりができるから
Aノーマライゼーションが当たり前の社会になることの重要性を経験で感じてもらえるから
Bスタッフが子どもたちを参加者と言う枠ではなく、子ども一人ひとりの個性や考え方を尊重し、なるべく理解いようという努力を常に怠らず、毎年キャンプを運営しているから
C自然の中で、異年齢の子どもたちと助け合いながら生活する体験は、子ども自身をたくましくしていると感じるから
D最後に・・・キャンプなどでの問題点、反省点は毎回あるものの、そのことを必ず話し合って、そしてそんな問題点を指摘する保護者の話にも真摯に耳を傾けて、次回に向けての解決策を出すスタッフの姿勢がすばらしい!


今年もお世話になりましたm(__)m
来年もよろしくお願いします。ラブ

あいあいキャンプHP
子育て支援NPO協議会 定例会に参加しました。 [2010年06月17日(Thu)]
松山の子育て支援に携わるNPOの方々が集まるこの会は、私にとってはエネルギーをもらえる、大切な場所である。

子育て支援と言えば、PTAだって、子ども会だって、町内会だってあるじゃないの?と思われるかもしれないが、なぜかどこへいっても、保守的な発想ばかり!!

これじゃいけない!!っと思い、発言したら・・・「出る釘は打たれる状態」に陥るのが常悲しい悲しい〜でもそれが松山の子育て支援の現実なのです!!

でもこの会は違うと思う!!

昨年はいろいろあったけど、常に前向きな活動家の集まりなので、いつもポジティブである!

だから元気がもらえるんだと思う。

団体と言うのはいろいろな考えを持っている人たちの集まりなので、息詰まることや、考えが分かれることもある。

でも、今、私たちは松山の未来のために、心を広くしていろんな人の考えも受け入れながら、それでいて「松山の子育て」に何が重要なのかをまとめていく必要があるのだと思う。

自民党と民主党みたいに喧嘩ばかりしていても、何も生まれない。受け入れることと切り捨てること。協力できることと、できないこともそれぞれあって当然!

話し合う中で、意志の疎通を図る。「松山の子どもたちが元気にのびのびと育つ環境」を求めてみんな活動していることにはかわらないんだから!

これからも、無理をせず、松山の子育て支援の団体が活動しやすい社会になるために頑張っていきたい。

まつやま子育てNPO協議会についての問い合わせはまつやまNPOサポートセンターまで


伊予市の子どもの居場所「あぷりこっと」 [2010年05月03日(Mon)]
今日は伊予市にある90年の古民家を利用した子どもの居場所「あぷりこっと」を運営している、大川さんを訪ねてきた。以前海外青年協力隊でエジプトに行き、愛媛で美術の先生も経験されている経験豊かで温厚な大川さん。
その居場所では子どもの喜ぶ駄菓子が並び、外には木の玉プールなど・・・子どもが喜びそうなものが用意してあった。開店と同時に地域の子ども達がやってきて、「おばちゃんこれいくら・・・」と話しかけていた。雰囲気も良く、こんな場所が私の地域にもあったらいいのにな〜なんて考えてしまった。今日でオープン1周年ということもあり、店の中は子どもの声でいっぱいだった。