CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

自然と遊び、自然と生きる・・・私が思うこと

子育てと地域活動、そして松山での冒険遊び場活動を通して思うこと、感じることをそこはかとなく綴ります。


じゃがいもの育て方 [2011年01月27日(Thu)]
本日、無事じゃがいもを植えた太陽



今回も、畑仲間のおじいちゃん、おばあちゃんたちにアドバイスをいただきました。

【じゃがいもの植え方】

@植える時期・・・1月終わりから2月初め(松山の場合で場所によっても違う。もう一回植える時期があるが、松山の場合はこの時期に植える人が多いみたいです)

A植え方・・・じゃがいもは縦半分に切り、切ったものを3日ぐらい(一週間でもいいという人も・・・)陰干しして、それから畑に50p間隔ぐらいで植えるんだけど、その間に少し化成肥料か鶏糞と油粕を混ぜた物など・・・、とにかく肥料を入れておくと良く育つとのこと。もし、3日も日陰でほすことができなければ、灰を切り口に付ければ腐らないと言う人もいました。そのための灰がホームセンターに売っているらしい?そんなモノまで売るなんて!ちょっとビックリ☆彡

B畝の作り方・・・畝はあまり狭くならないほうが良い。大きくなってくると、じゃがいもが土の外に出てきてしまうんだけど、出た部分が青くなって、苦いじゃがいもができてしまうので、出てくる前に土を被せる必要がある。茎が大きくなってきたら、2回ぐらい土かぶせが必要とのこと。

C育て方・・・種芋を植えた時から育てる過程ず〜と・・・水をやらない!!(ここがずぼら主婦にぴったりの部分です♪)種芋植える時も空気が乾いたときのほうが良いそうです!!尚且つ、2月かた収穫時期の6月までは雑草が生えにくい時期!と、いうわけで手間がかからない野菜なわけです(^^)

※ワンポイント・・・茎が何本も出てくるので、大きくなってきたら2本ぐらいに減らして育てると大きいお芋ができるということです。1本にするとものすごい大きいのができるんだけど、数が少ないということです。それから、春になって花が咲いたら、その都度摘み取らないと栄養がいっちゃうので要注意!!

よし!これで我が家のじゃがいもは6月から2ヶ月ぐらいはキープできた!その頃にはまだ今は10pぐらいにしか育っていない、玉ねぎも収穫になるわけで・・・

     【⇓我が家の玉ねぎだよ笑顔


     【⇓現在の我が家周辺の畑です】


今年の6月・・・大豊作でありますように乾杯
【ずぼら主婦の野菜栽培の最新記事】
コメント
プロフィール

山本良子さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/yosiyosi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/yosiyosi/index2_0.xml