CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

自然と遊び、自然と生きる・・・私が思うこと

子育てと地域活動、そして松山での冒険遊び場活動を通して思うこと、感じることをそこはかとなく綴ります。


松山市子ども子育て会議・・・いよいよ大詰め!! [2014年08月30日(Sat)]
私たち夫婦は平成17年から平成19年まで松山市の別府町で認可外保育所どろんこKID'Sを開園していました。

しかし、認可外には国からの補助金は降りず、保育料のすべてを保護者からの保育料で賄うため、運営がとても大変なことと、自分たちが考えていたポリシーを曲げてまで保育所を続けたくはないという結論となり、休園としました。

IMG_0031sono2.jpg

私が考える最善の保育所の形は毎日屋外で保育をし、できれば森の中や山の中へ出かけていき、子どもたちが遊びたいと感じたその遊びを見守る形での保育です。

以前見たドキュメンタリー映画「子どもの時間」に出てくる埼玉県桶川市にある「いなほ保育園」のように、動物を飼い、野菜を作り子どもたちが収穫したものをいただき、遊びの中で火を使い、子どもたち自身も料理を体験できる。そんな保育園ができたら良いのにな〜と日々思ってきました。

その為の場所と、こうした保育が子どもたちにとってなぜ大切なのかを理解できる人材と、それから財源と・・・いろいろなことが必要になってくるけど、今再び「どろんこKID’S」をやりたいと考えるようになりました。

それは、国全体が今の子どもの状態を危機と感じ始め、いろいろな施策を国が打ち立て始めてきたことと、来年4月より施行される予定の「子ども子育て支援新制度」により、「家庭的保育所(5人以下)」や「小規模保育所(6人以上〜19人未満)」にも補助金が認可と同じだけ下りるようになったからです。(ただし、認可保育所以外は2歳までの子どもを対象とした保育にのみ補助金が下りるそうです。)

【私が保育所をやりたい理由】

利益至上主義の今の社会にあって、子どもに関わる施設も物も人もすべてその流れに進む傾向があるとずっと危機感を感じてきました。

きれいな施設の幼稚園で防犯設備が整い、砂場は抗菌、安心安全を掲げ、「危ない・汚い・うるさい」という子どもたちの専売特許を封じ込めるような保育が増え、親の求める「長時間保育・車での玄関までの送迎・毎日の給食(安価で)・格安でのいろいろな習い事・そして安い保育料」をうたい文句にチラシをまいて営業活動を展開するところが勝ち組となっているのが現状です。

でもその裏では、低賃金で尚且つ非正規で働かされる保育士が増加し、正規職員にその分のしわ寄せがいく為にサービス残業が増えてきています。その保育者のストレスはどうしたって目の前の子どもに関係しないはずがないわけで・・・それから親がお客様化しているために、「子どもの最善の利益」を後回しに「親に喜ばれる保育」を最優先に考える施設が増えているように思います。

「子どもを育てる」というのは「日本の未来」を育てるということです。

いろいろな人の意見を聞き、考えながら、目の前の1人の子どもの最善の関わり方をひとりひとりの保育士が模索しながら、親とのコミュニケーションを図り、その子の未来をイメージしつつ日々を過ごしていく。

その子が良い高校に行って良い大学にいって、有名企業に送り出すために保育をしているわけではありません。その子どもが一番興味を持って打ち込めることを日々の遊びの中から見つけていき親や保育士たちとの語らいの中で模索しつつ、大人になってもちゃんと世の中で生きていける心を育て、体を育て、どんな環境になっても、どんなストレスが襲いかかってきても、打ち勝てる人間を育てるために保育をするのです。
子どもが立派に成長してほしいという保育士としての願いは「プロの保育士として子どもと関わる時」熱い熱い「祈り」へと変わります。

「誰にでもできること」とか「時間分だけ働く」とか「上に怒られないように働く」という労働意識だと、目の前の子どもに「祈り」はささげられないと思っています。

上の娘を保育所に預けた20年前には「プロの保育士」が多くいました。

今もそうしたプロの意識を持った保育士はきっといると思うのですが、保育所の「質」を重要視しない保育制度が、そうしたプロの保育士が育たない要因になっている現状を考えると、今、新制度が始まるこの時だから考えていかなければいけないことだと思っています。

次回の松山市子ども子育て会議は9月12日・・・いよいよ大詰めです。
しかし、今のところ参加した委員の中からは「保育の質」を求める意見が出ているのですが、国として市としての良い回答は得られていません。

私ももう一声、発言できればいいな~と「祈って」次回の会議に挑もうと思います。

コメント
プロフィール

山本良子さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/yosiyosi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/yosiyosi/index2_0.xml