CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

自然と遊び、自然と生きる・・・私が思うこと

子育てと地域活動、そして松山での冒険遊び場活動を通して思うこと、感じることをそこはかとなく綴ります。


子ども子育て支援新制度のことちょっと話します。 [2014年02月27日(Thu)]

 現在、内閣府や各地域の「子ども・子育て会議」でいろいろ話し合われていて、日々制度の外枠が決まってきているんですが、子どもを預ける親の立場として気になることをちょっとお話しします。

まず、日本の子育ての制度は大転換します。

きわめて複雑な制度で、利用の仕方も今とはかなり変わりますが、残念ながらそのことが保護者の間にはほとんど知られていません。

ですからこのまま導入されたとしたら、保護者の間で混乱する人が増えるのではないかと思っています。

では、新制度はどう変わるのか。

一番変わるのが、保育所、認定こども園、一部の幼稚園の利用方法です。00年に導入された介護保険制度とよく似た利用方法という人もいます。

 新制度の細かい設定については、現在も国の「子ども・子育て会議」で審議中で完全には決まっていませんが、現段階でわかっているのは次のようなことです。

 まず、保護者は子どもを通わせたい保育施設が、「子ども・子育て支援法」に基づく新制度の財源で運営される施設かどうかを知る必要があります。新制度に基づくかどうかで、手続きが変わってくるからです。

 認可保育所、認定こども園などは、新制度でもほぼそのまま残ります。認可外保育所も認可保育所などとは違うお金の枠組みになるものの、新制度の財源で運営されるところも出てきます。幼稚園は新制度で運営される園も出てくる一方、現在と同じように「私学助成」という補助金で運営される園とに分かれます

 子どもを通わせたい施設が、保育所や認定こども園、新制度で運営される幼稚園だとわかったら、今度は住んでいる市町村の窓口に行き、子どもの「保育必要度」を認定してもらわなければなりません。お年寄りの介護の必要度を測る介護保険の「要介護認定」と同じように、その家庭の子どもにどれくらいの保育が必要なのかを市町村に認定してもらうのです。

 現時点で決まっているのは、子どもたちが「1号」「2号」「3号」という三つの区分に「認定」されるということです。「1号認定子ども」は、満3歳以上で就学前の保育の必要がない子どもたちです。新制度で運営される幼稚園に通う子どもたちが当てはまります。「2号認定子ども」は満3歳以上で保育の必要性の認定を受けた就学前の子ども、「3号認定子ども」は満3歳未満で保育の必要性があると認定された子どもで、現在保育所に通う0〜2歳が当てはまります。

 この「2号」「3号」、つまり保育所に通うことを認められた子どもたちは、さらに親の労働時間によって「長時間」「短時間」という「保育必要量」の区分けが加えられます。私学助成で運営される幼稚園に通う子どもたちには、認定を受ける必要はなく、こういった区分はありません。

ただ、今までの制度では「保育に欠ける児童」が対象でしたが、新制度では「保育の必要性の認定を受けた児童」となるそうですので、家庭ごとの事情によれば受け入れも今までよりは柔軟になるかもしれません。

「保育が必要」と認定されるのは、今までのように昼間労働を常態としている親以外に、シングル親家庭や虐待の危険のある家庭、求職中の人や職業訓練など就学している人、育児休業取得時に既に保育を利用している子どもがいて継続利用が必要である人なども盛り込まれる予定になっています。しかしこれはまだ決定ではありません。


 認定を受けた保護者には、「優先」枠の有無のほか、認定区分と、保護者負担(保育料)区分を記載した「支給認定証」が渡されます。

 ですが、介護保険の前例を見れば、申請から認定証が届くまでには1カ月程度はかかっているそうなので、この制度でも認定証をもらうのにそれぐらいの時間が必要になるかもしれません。

現在でも保育所に入るのが困難で、入所結果が復職の時期ギリギリまでわからずに困る人が大勢いる状況なのに、申請以前に「認定」が必要となると、そのことを徹底させるために混乱が起きるのは見えています。

そこを松山市はスムーズに対応できるのか??


まあこんな感じでいろいろなことが変わりますし、保護者の中には納得できない人もいるかもしれませんが、今ならいろいろアイデアを出すこともできます。それが反映されることは難しいですが、今、子どもたちの置かれている社会環境について真剣に考える良い機会なのだと私は思っています。
コメント
プロフィール

山本良子さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/yosiyosi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/yosiyosi/index2_0.xml