CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

自然と遊び、自然と生きる・・・私が思うこと

子育てと地域活動、そして松山での冒険遊び場活動を通して思うこと、感じることをそこはかとなく綴ります。


地区運動会に敬老会、バザーに秋祭り・・・ 子ども会役員は忙しい(^_^;)でも・・・ [2013年09月16日(Mon)]
一番下の子が小学校6年生なので、今年で我が家も小学校の関わりは終わりになる。

かれこれ16年間いろいろな小学校(愛知、静岡、高知、愛媛)に関われせていただいて思うことは・・・

松山は地域行事が多い!!だからお母さんが忙しい!!

ということだ。

だったら役員とか子ども会とかに関わらなかったらいいんだけど、それほど嫌いでもないから今までいろいろな役をさせてもらった。よそ者がその地域の仲間と打ち解けることはかなり難しいけど、こうした役を引き受けると、少しは自分のことが理解してもらえるし、どこかで会った時もあいさつしてもらえるのはやっぱりうれしい。

それでも、中には地域に打ち解けることができず、地域内で母子孤立してしまうケースも増えてきている。そして母はヒステリックになったり、虐待に走ったり、うつ病を発症したりというケースも見てきた。

だからと言って、地域との交流がちゃんとできるからうつにならないというわけでもない。地域の人と仲良く関わっているようで、めちゃくちゃ気を使っている母親も多い。KY(空気読めない)人は裏で陰口を言われることがある。そうならない為に、そしてその仲間とずっといたい為に、自分が思っていることを我慢し相手に合わせる。そのストレスが見えない形で増幅すると、何らかの症状があらわれてくる。

自分自身が生きる意味、子育てに対するポリシーを持って、誰に何を言われようとドシ〜ンと構えて家庭と子どもたちを守る肝っ玉母ちゃん的母親は少なくなってきている。

元モーニング娘の辻ちゃんやモデル出身で子育て頑張っている女性が最近はよくテレビや雑誌に出てきているが、そうした子育てを目指している女性が増えてきているようにも思う。

服も爪も髪の毛もすべてバッチリ決めて、その上ヒールをはいて公園で子どもと遊ぶ母親??

時代と言えば時代だけど、なんだか変?私はいつもそう思ってしまう。


で、結局何が言いたいかと言うと、そんな恰好してても、変わった考え持っててもいいんだけど、それから地域に行事がいっぱいあったって私は良いと思ってるんだけど、とにかく楽しく元気に地域で子育てしたいわけなんです!!

「やらされてる!」とか「あの人が悪い!」とか「学校が何にもしない!」とか「行政はこうだからダメ!」って思うことはあるけど、自分が今できること、目の前の子どもたちがどうしたら元気になって、この地域が明るくなるのか!!

たぶん一歩一歩良くなると思うんですよね(^O^)/

ガンジーもこう言ってます。
善きことは カタツムリの速度で動く。


焦りは禁物!!

これからもじっくり行きまっしょい(^O^)/


コメント
プロフィール

山本良子さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/yosiyosi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/yosiyosi/index2_0.xml