CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«政策デザイン勉強会Vol.23 「鯖江・横浜からオープンデータを考える」を開催しました。 | Main | アクセンチュアの協力のもと、地域の社会的課題解決を支援する市民参加型ウェブプラットフォーム「LOCALGOOD YOKOHAMA」を構築(プレスリリース)»
<< 2015年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新トラックバック
CANPANサロン 助成金ナイトに参加しました [2014年05月23日(Fri)]
 昨日、CANPANが主催する「CANPANサロン 助成金ナイト 」に初めて参加しました。このサロンはNPOをはじめ、社団、財団、企業、団体等の方々が事業運営において必要となる資金調達の一つである助成金について理解を深め、さらにその申請・活用方法等についてのノウハウを知ることを目的に開催されています。また、同時に他の団体の方々との情報交流の場にもなっています。

 今回は「助成金データベース運営者が語る助成金の夕べ」と題して次の3人の方々からいろいろなお話を伺いました。
 @地星社・布田さん  助成金データベース http://chiseisha.org/grant-info/
 ACANPAN・山田さん 助成金データベース http://fields.canpan.info/grant/
 Bシーズ・関口さん  助成金データベース http://www.npoweb.jp/topics/news/subsidy/

我々助成金を申請する立場として、どこにどんな助成金があるのかがわからないことがまず大きなネックになっていますが、上記のデータベースにはこれが一覧できるようになっているのでもっとこれらのデータベースを活用してほしいとのアドバイスがありました。また、助成金の募集は5月と11月に多いこと、民間企業でも応募できるものがあること、懸賞という形で助成金と同様の募集をしているものもあるなど、助成金に対する視野を少し広く持つことで活用できる機会も多くなることがわかりました。 

 一方、参加者からは、これら3つのデータベースを1つにまとめられないかといった意見や採択された団体の採択理由を知ることができないかとの要望もあがっていました。いずれにせよ、多くのNPOにとって事業運営資金をどのように捻出するかということは大きな課題となっているので助成金の仕組みについてさらに理解することが重要であることを認識しました。しかし、助成金に過度に頼りすぎることによる弊害や助成金がなくった時のリスクについても指摘されているのでその点も同時に考慮すべきであると考えています。 
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント