CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2010年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
日本財団CANPAN 山田
NPO Sさんへ (11/23)
2010年へGO! [2010年01月01日(Fri)]
2010年がスタートした。
カウントダウンと共に、金粉入りのお神酒を杯で1つ。息子と二人して祝う。NHK紅白のラストの雪効果はまるで吹雪。北島三郎は吹雪の中で歌うのが恒例のようになったね。また白組が勝って、日本は何とか平穏に新年を迎えたように見えます。素直におめでとうございます。
鳩山首相が1月1日からブログとツイッターを始めたとニュースになってた。「ツイッターて何?」と思う、2年は遅れてる森ですが、今年は短いブログをがんばって続ける様に目標の1つにしておこう。
目標の2つめは、本を読もう! 在庫本ばかりが溜まっている。年末に1つ読んだことで、かなり楽になった気がする。本は自分と向き合うツールとして最高。文字から受ける感性は自分のこころが決めている。テレビ大好き人間だけど本は読みながらじっくり感じれることがいい。こんな風な表現にわくわくする自分を発見。何とか時間を作りたいものだ。去年より1つは多く読もう。
3つ目の目標。金の勘定より心の勘定をしていこう。
職業柄、金の仕分けに明け暮れるが、こころの勘定を大事に推し測ろう。金が動いてたそのとき、人の心はどうだったかと推し測ろう。まずは自分。マイナス想像よりプラス発見を。幸せは、すべての肯定発言から始まるらしい。
「千年たってもいい話」斉藤一人さん〔事業所得だけで1993年より全国高額納税者番付の10位以内に連続10年の実業家〕の講演本にそういう風なことがあった。神様の話(宗教ではなく)から、生活態度について沢山幸せになる方法が書いてあった。おかげで年末は、こころ豊かに掃除ができた。新年の朝は、最高にし・あ・わ・せに迎えることができた。
 息子は、元旦早々、一人で自宅から歩いて生駒山に登っていった。紅白を見たあと、12:45出発。寒気が来る中、初日の出登山ならぬ、初登山で帰宅は午前8時30分だった。
頂上には、4時には着いて初日の出には早すぎたそうな。でも、そんな元気があるから、もう大丈夫だろう。今年は、行きたいように(生きたいように)やってくれ。母は、黙って見てるだけにしよう。それが何よりの母親修行らしい。「どこまで黙って見ていられるかが、母親の男の子を育てるこつ」と教えてくれたのが結空間の中尾さんだ。この2人の言葉を大事に今年をやって行きましょう!朝日

年末のこと記録
12月27日 
日本ボランティアコーディネーター協会実施 ボランティアコーディネーション力3級検定合格 good!
12月29日 
結空間(富田林でこどもの相談事業)訪問。IEプログ ラム体験(学び方の学習法)
12月31日 
我が家の大掃除。風呂場、換気扇がピカピカ、息子 のアルバイト掃除により大満足
Posted by やすえ at 14:23
この記事のURL
https://blog.canpan.info/yasue/archive/21
コメントする
コメント
プロフィール

やすえさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/yasue/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/yasue/index2_0.xml