CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2017年12月 | Main | 2018年02月»
プロフィール

早川理恵子博士さんの画像
早川理恵子博士
プロフィール
ブログ
<< 2018年01月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Google

Web全体
このブログの中
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
マグロと自決権 [2018年01月31日(Wed)]
マグロと自決権
以前冗談でこのぶろぐに書いたのだが、トランスフォーム博士が真面目に議論している。
後でまとめます。

週末はレーニンとクロマグロ
https://blog.canpan.info/yashinomi/archive/1565


Tuna can create "true independence" PNA tells Pacific Islands Development Forum Leaders Summit

HONIARA, SOLOMON ISLANDS, TUESDAY 12 JULY: At the Pacific Island Development Forum Leaders Summit today, the Parties to the Nauru Agreement (PNA) told the delegates sustainable management of fish was key to self-determination for Pacific peoples.

PNA CEO Dr Transform Aqorau challenged leaders to obtain what he called “true independence” by self determination, Indigenous management of ocean resources, South-South cooperation and ending donor dependency.

“We must manage our ocean resources to promote self determination and not perpetuate dependency on others. Let us manage our oceans and harness our natural resources to create a sense of self reliance. The PNA has transformed fisheries rights – from a market controlled by the others to a market where rights are firmly held in favour of our members,” said Dr Aqorau.

He gave an example of the benefits from the tiniest player in the PNA member countries – Tokelau, which was only getting $900,000 USD a year from foreign fishing vessels accessing their waters. Now, as part of the PNA, Tokelau has around $10 million a year in revenue from fisheries. Kiribati for a long time received around $26 million a year and now earns around $200 million USD per year in revenue.

“Rights create scarcity and value for our oceanic resources,” said Dr Aqorau. “The PNA Vessel Day Scheme has put power in the hands of island states, but now the Pacific must move away from donor dependency and subserviency to others who end up reaping the benefits from our resources.”

Dr Aqorau pointed to the US Treaty as an example of what happens when these issues interfere in the Pacific: “The region quibbled over a US grant of just $21 million, a very small amount when you consider the billion dollars worth of tuna resources. This is an arrangement we have with the largest superpower in the world, but we need to move away from these kind of arrangements that restrict our benefits and options.”

He said there were two risks for the leaders to consider – in the region, Pacific countries need to manage natural resources and oceans sustainably, and then there was threats from outside the region of powerful states who wanted to undermine the progress PNA had made so far.

“These threats also come from some of the Pacific countries’ major donors, and in the fisheries context there is often a lack of coherence on what they give as aid and then the restrictions they make on how we use our resources, “ Dr Aqorau commented.

South-South cooperation (or cooperation between island states) could help counter these factors, said Dr Aqorau: “True independence means all island countries help each other, rather than looking for help from outside, let us use the economic benefits we have and support each other.”

ABOUT THE PNA: The Parties to the Nauru Agreement (PNA) are eight Pacific Island countries that control the world’s largest sustainable tuna purse seine fishery supplying 50 percent of the world’s skipjack tuna (a popular tuna for canned products). They are Federated States of Micronesia, Kiribati, Marshall Islands, Nauru, Palau, Papua New Guinea, Solomon Islands, and Tuvalu.

The PNA established the Vessel Day Scheme (VDS). PNA members agree on a limited number of fishing days for the year, based on scientific advice about the status of the tuna stocks. Fishing days are then allocated by country and sold to the highest bidder. In this way, Pacific Islanders reap more economic benefits from their sustainable management of tuna and control its supply.


Dr. Transform: Why PNA is succeeding, and the look of future fisheries management
https://www.pnatuna.com/node/362


Good management of fish is key to self-determination, summit told
July 14, 2016
https://www.thenational.com.pg/good-management-of-fish-is-key-to-self-determination-summit-told/



IMPACT OF PNA MEASURES ON THE GLOBAL TUNA INDUSTRY
SHAPE UP OR SHIP OUT!
Dr. Transform Aqorau
Director PNA Office
http://www.pacifical.com/transform_aqorau.pdf


Review Of The New Pacific Diplomacy
http://fijisun.com.fj/2017/02/05/review-of-the-new-pacific-diplomacy/
PACOM の敵は気候変動か中国か [2018年01月31日(Wed)]
この記事も気になっていた。

【元米軍海兵隊士官・意見】気候変動は“敵”になるだろう(軍事的な敵ではないが)
2018/1/19
https://www.newshonyaku.com/usa/opinion/20180119

元米軍太平洋司令官、サミュエル・ロックリア提督が2013年に、アジア太平洋地域における最大の問題点は、中華人民共和国でも北朝鮮でもなく、「気候変動」だと言い切った。

そう。ヒラリー長官とキャンベル国務次官補が太平洋司令軍と太平洋を回っていた時目にした記事である。米軍が言うんだったらいよいよ本当なんだなあ、と素人見当で思ったりしていた。


ロックリア司令官が語る太平洋
https://blog.canpan.info/yashinomi/archive/755


しかし、上記の記事の元米軍海兵隊士官グラント・ニューシャム氏は批判的である。

前海軍長官レイ・マビュースが米軍に対して使用を強制した法外な価格のバイオ燃料ですら、天候については殆ど何の効果もなかった。そのような追加資金は、米軍パイロットの訓練や米軍機の整備に使った方がいくらかましだった。

高価なバイオ燃料に無駄な予算をまわした、というのだ。

そして下記の環境NGOへの批判は何倍も同意したい。何故彼らはだまっているのか?
日本は叩けば金がでるが、中国は叩かない、のでは?

このことに触れている人は稀だ。グリーンピースやNGOは口を閉ざしている。そしてこれは、南シナ海だけの問題ではない。


気候変動懐疑論、研究費や高いバイオ燃料費の予算がつかなくなるから(もしかしたらキックバックとか、天下り先というテーマがあるかも?)がつかなくなるから誰も本当の事を言わない。でもそうすると米軍の人材育成への予算が削られ、犠牲者が出、違法操業や国際法違反は取締らない。
気になるトンガ王国の行く末 [2018年01月30日(Tue)]
トンガ王国のことが気になっている。
日本の皇室とも縁が深く、笹川良一氏が名誉総領事でもあった国である。

昨年7月、国王がノーを出したポヒヴァ首相が11月再選され、再び首相に。
即ちマジョリティの国民が国王にノーを出したことになる。

このニュースでは、トンガの貴族が政府高官とつながっていることをポヒヴァ首相が指摘している。
トンガ王国の王室メンバー、貴族がさまざなな怪しい、もしくは犯罪に近いグローバルビジネスに手を出していることは、時々ニュースになるのだ。

それでもツポウ5世を存じ上げている私としては、小国が国際社会の中で生き延びるために「仕方のない」動きであった、と理解を示したい。逆に民族自決権を煽ったリバタリアン、ウィルソニアン、レーニンアンを恨みたい。

”Mr Pohiva claimed there was a political, social and business network involving members of the nobility which has "strongly influenced" officials.”
https://www.radionz.co.nz/international/pacific-news/349165/tonga-s-pm-accuses-senior-civil-servants-of-being-corrupt
ヤップ危うし! [2018年01月27日(Sat)]
京大の研究会で質問されて、一言じゃあ答えられなかった件。

「太平洋島嶼国は中国からの攻勢にどのように対応しているのか?どこで食い止めているのか?」

今日のニュースで、オーストラリアがソロモン諸島からの海底通信ケーブルの費用を出すことになり、問題の中国の通信会社Huaweiを追い出す事となった事が報じられていた。
豪州もやっと目が覚めたのか。
それにしてもソロモン諸島の前政権が転覆、即ち首相の首をすげ替える程の高い代償を払ったのだ。

Australia takes over Solomons cable due to concerns over Huawei
https://www.radionz.co.nz/international/pacific-news/349026/australia-takes-over-solomons-cable-due-to-concerns-over-huawei


そして今ヤップが再び中国の魔の手に絡め取られようとしている。
2012年に谷口智彦さんがWedgeに書いて結構話題になったので覚えている人もいると思うが、ヤップに中国が投資する大型カジノリゾート計画が持ち上がった。

2012年5月11日 ヤップ島に中国資本  大開発始めるワケ
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/1859


未だにその計画は残っているようだし、99年不動産リースで土地が奪われている様子。
少しこのブログにニュースをリンクしていきたい。
ヤップは中国の第二列島線上に位置する。


このヤップの記事を書いているJoyce McClureさんは、多分現地とそれほどしがらみがないのであろう、なかなか表に出ないであろう現状を報告してくれている。



Yap is having serious second thoughts about Chinese tourism
January 26, 2018
http://www.pacificislandtimes.com/single-post/2018/01/26/Yap-is-having-serious-second-thoughts-about-Chinese-tourism


Caroline Islands Air to take over Yap-Palau route
January 4, 2018
http://www.pacificislandtimes.com/single-post/2018/01/04/Caroline-Islands-Air-to-take-over-Yap-Palau-route

Yap faces an air service meltdown
January 2, 2018
http://www.pacificislandtimes.com/single-post/2018/01/02/Yap-faces-an-air-service-meltdown


Trouble in the air for Yap travelers
December 8, 2017
http://www.pacificislandtimes.com/single-post/2017/12/08/Trouble-in-the-air-for-Yap-travelers


【ミクロネシア:中国】ミクロネシア連邦が助成するCIAは、競合のPMAを廃業に追い込むのか?
https://www.newshonyaku.com/micronesia/2018123

Is the FSM-subsidized CIA out to kill competing PMA?
January 21, 2018
http://www.pacificislandtimes.com/single-post/2018/01/21/Is-the-FSM-subsidized-CIA-out-to-kill-competing-PMA


The following is just in from the Yap Congressional Delegation Office. Please also read my article posted on this FB page earlier today.
---------------------------------------------------------------------
FSM Senator Figir Meets with Ambassador Apis and ETG Chairman Deng

Colonia, Yap. January 25, 2018. On January 22, 2018, FSM Ambassador to China, H.E. Carlson D. Apis, and his honor guest, Exhibition Travel Group (ETG) Chairman, Mr. Deng Hong, made a courtesy call visit to the Yap Congressional Delegation. The courtesy visit focused on the ETG’s investment and development plans in the State of Yap, and concerns of current National and State laws affecting foreign investments in Yap.

Senator Isaac V. Figir, at the outset of the meeting, welcomed Ambassador Apis and his guest ETG Chairman Deng Hong to Yap on behalf of the Yap Congressional Delegation, noting to them that Senator Joseph J. Urusemal, Chairman of the Yap Congressional Delegation, was on official travel.

Also beginning discussion on the ETG’s investments in Yap, Senator Figir agreed with the visiting delegation that any foreign investment in Yap, ETG’s investments and development plans included, must always take into account “the protection of the environment, preservation of Yapese customs and traditions, and the interests of the people of Yap State.” The Senator also concurred with Ambassador Apis’ comment that the Federated States of Micronesia (FSM) welcomes and promotes legitimate foreign investments into the nation as a means to economic development.

ETG Chairman Deng reported that since ETG’s agreement with the Yap State Government and signing of a memorandum of agreement with the traditional council of chiefs in 2012 for its tourism investments in Yap, the company has secured land lease agreements and continue to make lease payments to landowners, as well as actively contributing and participating in various social programs and activities in the State. Further adding, that no major development has started since 2012 as ETG continues to seek more land lease agreements and evaluate the risks and uncertainty posed by amendments to the Yap State foreign investment laws. “Instability in the [Yap State] foreign investment permit laws is too risky for ETG”, stated Chairman Deng through his interpreter.

In discussing foreign investment permit (FIP) laws, Senator Figir explained that although foreign investment is within the FSM Government’s jurisdiction, the power to regulate FIP laws relating to investments under State jurisdictions now lies with each State. Further noting that the FSM Congress continues to review the FSM foreign investment laws, as well as immigration and labor laws, to see how to best accommodate not only protective, but also friendlier procedures and effective laws for the nation. The Senator also added that the Yap Congressional Delegation will continue working with the Yap State leadership on ways to best improve foreign investment laws in the state and nation.

For more information on this courtesy visit and other activities of the Yap Congressional Delegation, please contact the Yap Congressional Delegation Office.

###

Copyright コピーライトマーク 2018 Yap Congressional Delegation Office, All rights reserved.
Our mailing address is:
Yap Congressional Delegation Office
P.O.Box 219
Colonia, Yap 96943
日英、日仏の安全保障・防衛協力 ― 日本のパートナーとしての英仏比較― [2018年01月26日(Fri)]
ウェブサーフィンしていて偶然見つけた論文である。

日英、日仏の安全保障・防衛協力 ― 日本のパートナーとしての英仏比較―
鶴岡 路人、防衛研究所紀要第 19 巻第 1 号(2016 年 12 月)
http://www.nids.mod.go.jp/publication/kiyo/pdf/bulletin_j19_1_6.pdf

フランスの事も詳細に書かれているので、カテゴリーはどちらにしようか迷ったが、今日作ったばかりの「女王様の太平洋」にした。

英国、フランスの安全保障比較を詳細な事例を紹介しながら書かれて入れ、興味深い。
もし、インド太平洋戦略が現在のように世界的な大合唱になってから書かれたら、少し論調が変わっているかもしれない。

しかし、私にとっては身近な議論である。
実は太平洋島嶼国を扱う、ということはそこを裏庭と認識している、米、仏、英(英連邦諸国がある)を対象としていることなのだ。
英国は筆者が指摘するようにEU離脱でその外交・安全保障政策が相当変わってくるであろう。
私は、太平洋島嶼国に限って、英国のEU離脱に期待している。なぜか?
過去30年近く、英国はその存在をフェイドアウトし、EUとして太平洋島嶼国を扱ってきた。
しかしEUは太平洋島嶼国を理解していないし、外交や援助、何をしているのかわからないのである。
太平洋島嶼国の多くが英連邦である。英国のコミットメント、エンゲージメントがこの地域の安定を回復するかもしれない。その時日本はどのようなパートナーになれるか?だ。

この論文には出てこない、太平洋島嶼国のブラックマーケットの問題。
軍事安全保障ではないが、広義の安全保障である。そしてサイバーセキュリティもこの地域は脆弱だ。どちらも北朝鮮の問題にもつながる。
他方で、ブラックマーケットのの基盤であるタックスヘイブンなどを太平洋島嶼国に紹介したのは英国である事も忘れていけない。

インドと太平洋を繋げる女王様 [2018年01月26日(Fri)]
英国及び、英連邦の動きが見逃せないので、いよいよ新しいカテゴリーを設けました。
「女王様の太平洋」です。

さて、京大での研究会で質問を受けて答えきれなかった点がインドと太平洋の関係。
インド太平洋戦略の重要なアクターであるインドは、太平洋島嶼国と関連があるのか?

咄嗟に答えたのが、フィジーの人口の半分を占めるインド人の事。
フィジーが英領時代にサトウキビ労働者として連れてこられたインド人が人口の半分を占めています。この事がフィジーの民族問題でもあり、今でも課題として残っていますが、反面フィジーの強みでもあると言えます。

クーデターを起こした軍事政権に距離を置いた豪州、NZの穴を埋めるように、バイニマラマ政権のフィジー政府は中国始めインドなどBRICSとの関係を積極的に強化。2014年にはモディ首相がフィジーを訪ねています。

Modi-Fiji-AFP.jpg


インド国家としての関与はまだ少なくとも、インド人は100年以上、フィジーを中心に太平洋島嶼国で活躍してきました。特に過去20年のICT(情報通信)分野で太平洋島嶼国が発展した背景にはインド人技術者の存在は大きいと言えるでしょう。そして詳しく調べた事はありませんが印僑のネットワークによる国際ビジネスを仕切っている側面があるように見受けられます。

研究会で触れる事が出来なかったのが英連邦の存在。
太平洋島嶼国の多くの国が英連邦に留まり、ソロモン諸島、ツバル、パプアニューギニアなどエリザベス女王を君主に頂いている国家もあります。当然インドも豪州と並ぶ英連邦の先鋒。インド太平洋戦略の中でインドのシーパワーが果たす役割は大きいのではないでしょうか?
特に英国がEUから離脱することで英国独自の外交安全保障政策が今後展開される事が予想されます。その際、ダイヤモンドセキュリティ構想の4つのシーパワーの内、豪州とインドが英連邦国である意味を注視する必要があると考えます。
インドは入っていませんが、1971年に締結された5か国防衛取極があります。これはイギリス、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、マレーシア間の軍事同盟です。
世界最強の水産研・取締船を作ったのは占領軍 [2018年01月25日(Thu)]
27023747_1419347811525302_2995318242775492761_o.jpg


水産庁を作ったのは米国、GHQである事を確認したく探し当てた「水産庁50年史」
水産庁自体は戦前から独立した組織を、という強い要望があったので、GHQが押し付けたようではないが、占領軍が推進する漁業改革の一環としての設立であった事が確認できた。

「水産庁50年史」を読み進める中で新たな発見したのが、占領軍が日本政府に強要したのが水産調査機関と取締船の準備である事だ。
日米関係が悪化した重要な原因が、日本の漁業であった事はこのブログでも書いてきた。特に瀬戸内海や紀州の漁師さんたちが世界中の海をあっという間に開拓し、それが脅威となったのだ。
言われのない批判があったのであろう。しかし当時米国側は、日本の漁業を敵視。法も秩序も守らない、水産資源管理ができない日本、という理解であった。

なので、占領軍は、まずは水産研究所を作れと。そして日本漁船が違法操業をしないように取締をせよと。そうしないと漁場拡大は許さん、と通達したのだ。
ここら辺のやり取りは日本の漁場を拡大させたくないソ連や韓国からの圧力を米国がどのように対処したか、興味深い動きである。

当時日本は食料不足で、日に十人近くが餓死していた状態。
食料を手に入れられるのは海である。水産関係者は占領軍の言うままに漁業改革をしたのである。
南氷洋捕鯨は、皇族が母船を訪問したり、捕鯨関係者は昭和天皇に謁見している。
生き延びるために日本全体が必死だったのだ。

そしてこの占領軍の要請が、今に続く国立研究開発法人水産研究・教育機構とこのブログで散々取り上げている水産庁の取締船である。こんな仕組みは世界を見渡しても日本にしかない!


今、世界の水産業界を牽引する日本の水産行政は、まさに占領軍米国のご指導を文字通り進めた結果、とも言えよう。今度米国の政治家にそう説明しよう。
水産省格上げを邪魔した運輸省 [2018年01月25日(Thu)]
アメリカの政治ジャーナルから記事執筆を依頼された。今年の島サミット関連で書いてくれ、と。
あっという間に書いて編集者の送ったら、今ホワイトハウスで関連の議論をしているグループにも回覧したい、と返事が来た。

えっ! 社交辞令かもしれないが、ちょっと焦った。
焦りますよね、、普通。

それで確信が持てない箇所を急遽調べる事とした。
戦後、日本の水産庁と海上保安庁作ったのはGHQ、米国である、と書いたのだ。
米国の調査団が水産庁なんか生温い、水産省にしろ、と言っていたことは確認してある。
下記のブログにメモしてあります。
https://blog.canpan.info/yashinomi/archive/869

ウェッブ検索していたら、「水産庁50年史」という本の中に「水産庁設置の経緯」という項目があることがわかった。しかし、この本は同志社大学にも京都内の図書館にもなく、一番近いのが大阪の関西大学である事がわかった。

行って来ました。関西大学。
「水産庁設置の経緯」も興味深かったが他の箇所も重要だ。特に自分の博論にも関係して来そうな項目がたくさんある。そこでダメ元で出版元の大日本水産会に連絡したら、まだコピーがあるので謹呈してくださる、という。

今日届きました。
この場を借りて、御礼申し上げます。

27023747_1419347811525302_2995318242775492761_o.jpg


水産庁設立背景は複雑だ。
戦後、占領軍の方針で漁業行政が改革されたことは事実で、その流れの中で水産庁が設置された。戦前から水産省設置の要望はあった。しかし戦後にすぐに新しい省を作る困難と、漁船を管轄する運輸省、漁網綱を管轄する商工省から反対があった。

特に漁船をめぐって運輸省との確執があったようだ。
昭和12年の日中戦争をきっかけに漁船行政が運輸省に一元化。戦後漁船造船の必要性から昭和25年漁船法が制定されまた農林省に戻った、という事である。

参考:原田和典「漁船行政 漁船法の成立から構造改革まで」KANRiN 日本船舶海洋工学会誌第63号(平成27年]1月)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/kanrin/63/0/63_KJ00010136585/_pdf

これで、国交省(旧運輸省)出身の羽生次郎笹川平和財団前会長が、水産庁取締船パラオ派遣に烈火のごとく怒った理由がわかったような気がした。
運輸省と水産庁、漁船をめぐる利権争いの歴史があったのだ。
皇太子殿下ご成婚記念品と天皇即位 [2018年01月25日(Thu)]
皇太子殿下が来年天皇に即位される。
昨晩、急にこのことが他人事ではなく、自分の身に迫って来た。自分の家族の出来事のような感覚が湧いて来たのだ。大事に仕舞ってあったものを取り出した。

26952139_1419215104871906_756436099748202439_o.jpg


私と皇太子殿下を繋げるものが、平成5年にご招待いただいたご結婚式のこの盃と銀の金平糖入れ。

さらに内閣府の青少年行政に関わっていたため、皇太子殿下の記念行事としてトンガ王国を訪ね、ツポウ5世に特別にパレスにお招きいただき手料理までご馳走になった。帰国後、天皇皇后両陛下の前でトンガ王国の国歌を、同行した日本人青年達とトンガ語で歌ったことも懐かしい。

そして、笹川良一氏がトンガ王国名誉会長をされていた関係で、ツポウ5世と知己を得、その国葬に日本の皇太子殿下のお姿が見える場所で参列させていただいた事。その時、5時間近い国葬で一糸も乱れなかったのが参列した世界の皇族の中で日本の皇太子殿下だけであったことが、私にとって決定的であった。この思いをどう説明していいかわからなかったが、三島由紀夫が同じ経験をしていた事を最近知って納得できた。

トンガの事を、パラオの事を書くとき、調べるとき、瀬戸内海の運輸をご研究対象にされた皇太子殿下の視線を感じながら書くようになったのはここ数ヶ月であろうか。
後藤新平とパリ講和会議 [2018年01月24日(Wed)]
ウィルソンの平和の14か条をドラフトしたウォルター・リップマンを読んでから、1919年に後藤新平が新渡戸を連れてパリ平和会議に参加した事が書かれている『決定版 正伝 後藤新平 7』が読みたくて、年末図書館で借た。

ウォルター・リップマンと自決権
https://blog.canpan.info/yashinomi/archive/2330

ウォルター・リップマンと自決権(『現代史の目撃者』から自分用メモ)
https://blog.canpan.info/yashinomi/archive/2331


後藤は6千億円の芝居見物(第一次世界大戦と平和会議のこと)を見に行くと公言し、1919年三月に日本を発ち、米ー英ー仏ー英ー米 と船で9ヶ月の旅に出る。新渡戸とその生徒を伴って。
この旅は後藤の私的訪問であったため後藤は一研究者として家を抵当に入れて借金をして行っている。(借金はできないけど見習おう)

リップマンには会っていないようだが、リップマンが活躍した「ニュー・リパブリック」の夜宴に招かれ、そこで後藤はチャールズ・ビアードと出会う。後藤とビアードを結びつけたのは、結果的にリップマンだったのかもしれない。そして「ニュー・リパブリック」の出資者が、後藤が満鉄総裁時の米国在奉天総領事未亡人で、親中反日であることも書かれている。(80ページ)

後藤は至るところで中国に対する日本の対応を批判される。その中でも後藤が必ず会いたいと思っていたエジゾンからも科学の話ではなく中国の話で批判された箇所は気の毒に感じた。(57−59ページ)と同時に米国の排日運動を中国がわざわざワシントンにプロパガンダ通信社を置いて展開していたことなどは、今と何も変わらないのではないか、と思わざるを得ない。(40−41ページ)

米国には親日も多くいて、ウィルソン大統領の娘と結婚したマッカドウは、カリフォルニアの政治家が国内ポリティクスに排日運動を利用しているだけだから日米関係は問題ない、というようなことも言われている。(70−71ページ)

平和条約のドイツへの過酷な条件に後藤は病床のロンドンで、これでは恒久的平和は成立しない、と強い言葉を口授している。(91−93ページ)カール・シュミットを読んでも、またリップマンですら戦勝国がドイツに課した条件が過酷すぎ、ヒトラーとナチスを産むすべての禍根であった事が理解できる。ヒトラーとナチスを肯定しないが産んだのは横井小楠んも指摘した欧州の非人情なのでは?


そして講和会議を主導したウィルソンの、リップマンの理想主義を空論にした筆頭は議長でもあったフランスのクレマンソー首相だったという。(106−108ページ)この結果が米国を、リップマンを怒らせ、米国の国際連盟加盟を止めさせたのである。

フランス滞在中の後藤をパリに亡命していたロシアのココツフォフが訪ねて来る。ここら辺のことを全く知らない私でも目が釘付けになった箇所がある。ロシア革命で武官が4万数千に殺された。殺したのはムルマンスク鉄道のために雇われた6万の支那人の中の4万人。支那人の残酷な性格を利用し一人50ルーブルで殺した。他にレットン人種という無学な漁夫をレーニンの近衛兵とした。
政権20人中8人がユダヤ人。レーニンはロシア人、トロツキーはユダヤ人。(118−119ページ)

さらにココツフォフは、米国は14か条を持って天下を治めようとしたのであるから民族自決のドグマからメンシェビキを助けざるを得ないのではないか?そして米国のダイヤ人と選挙関係からメンシェビキに断固とした処置が取れないのではないか、と後藤に語っている。ロシア革命の事は一切知らないが、ココツフォフが指摘する米国の態度はユダヤ人のリップマンがウィルソンに与えた影響と関係しているではないか?(121ページ)

やはり新渡戸を国際連盟事務次長に推薦したのは後藤であった。しかし自ら主唱者になるよりも牧野と外務省を推薦人とした。手が込んでいる、というか政治家だからね。後藤あっての新渡戸、なんだよね。(132-133ページ)

ウィルソンの懐刀であったハウス大佐との面談も面白い。後藤は支那財政立て直しとして阿片政策を縷述した。台湾で成功した制度である。登録制にして管理するのである。(137−138ページ)

英国の元外相で、在米大使として米国向かう予定のエドワード・グレーとの会談を興味深い。後藤は米国が日英同盟を好ましく思っていない事をあげ、グレーに説得を依頼した。しかしグレーはそんな事は初耳だと。鶴見は知らないはずがないと訝しく思っている。(142−143ページ)日英同盟の解消は英国も望んでいたのではないか?英米の秘密の取引があったのでは??

後藤はフーバーとの会談で、大調査会、世界を学び研究し、人材を育てるアイデアを得た。しかし後藤の案を日本政府は認めなかった。他方フーバーはハーディング内閣の商務長官として米国産業発達のための参謀本部を設立したのである。ここでも日米の差が生まれた、のかもしれない。(162ページ)



一番印象的だったのはココツフォフのコメントだ。平和の14か条はレーニンの、ロシア革命の影響を受けており、民族自決権は最たるものであろう。そのため米国はドグマに囚われてロシア革命を、当時のレーニンの体制を支持せざるを得なかった。
ところで民族自決のドグマに囚われたのは27歳のユダヤドイツ移民のリップマンだったのではないか?ここでレーニンとウィルソンが「自決権」というドグマで繋がるのではないか。



| 次へ