CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2015年09月 | Main | 2015年11月»
プロフィール

早川理恵子博士さんの画像
早川理恵子博士
プロフィール
ブログ
<< 2015年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Google

Web全体
このブログの中
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日本海洋政策学会の第7回年次大会に向けてーThe Emergence of a Regional Ocean Regime in the South Pacific その2 [2015年10月25日(Sun)]
前回ご紹介したBiliana Cicin-Sainさんの下記のペーパーをパワーポイントにすべく表にまとめてみた。

Biliana Cicin-Sain and Robert W. Knecht, The Emergence of a Regional Ocean Regime in the South Pacific, 16 Ecology L.Q. (1989). Available at: http://scholarship.law.berkeley.edu/elq/vol16/iss1/8

PICOceanRegime.png
クリックすると拡大します。


Cicin-Sainさんは、第3次国連海洋会議の時期と太平洋島嶼国が次々と独立時期が重なり、その独立国、特にフィジーが同会議でイニシアチブを取っていた事を指摘している。
そして同時期、南太平洋非核条約、漁業交渉、そしてUNEPを中心とした海洋環境保護活動も活発化し、太平洋のオーシャンレジームが形成されたと論を展開する。
時は冷戦真っ盛りである。この期間、日本は水産庁を中心にこのオーシャンレジーム形成に関わるようなのだ。ウェッブで資料を探したところ、水産庁の白書が一番詳しい。
UNCLOS採択1982年に先駆け、1977年1978年に数十カ国が200カイリを制定してしまう。

ところで、第3次国連海洋会議の時期、即ち70年代はカリブの英領も次々と独立を果たす。この背景にあるのは英国のタックスヘブン制度作りがあるのだ。即ち、タックスヘブンという世界金融レジームと海洋レジームは最初から繋がっていた、という事だ。
学会からは既に研究内容の焦点が定まっていない、との指摘をいただいておりこの点には触れないと思うが、現在のメガ海洋保護区が信託基金設置の隠れ蓑である事を知れば、興味深い接点である。