• もっと見る
« オーストラリアーdown underの国 | Main | 笹川太平洋島嶼国基金»
プロフィール

早川理恵子博士さんの画像
早川理恵子博士
プロフィール
ブログ
<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Google

Web全体
このブログの中
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
ミクロネシア連邦 自由連合破棄の動き(4) [2015年12月30日(Wed)]
ミクロネシア連邦 自由連合破棄の動き。
4回目はマリアナバラエティの記事の紹介です。

"Yap state: Plebiscite necessary before Compact can be abolished"
10 Dec 2015 By Robert Q. Tupaz
http://www.mvariety.com/regional-news/82199-yap-state-plebiscite-necessary-before-compact-can-be-abolished

今回、米国との自由連合破棄決議案を提出したのはヤップのIsaac Figir そしてチュック州の Bonsiano Nethon と Robson Romolow の3名。
記事では、例え議会が承認しても米国との自由連合協定を破棄するには国民投票が必要である事が指摘されている。

破棄理由は同じで繰り返すが、米国がFSMの事情を顧みず、援助金の打ち切り等独断してしまう事。また自由連合は相互に責任や義務があるにも拘らず、米国の議員には、米国からFSMへのチャリティだ、と述べている事などを理由としてあげている。
そしてこの理由は2011年に現大統領であるポナペ州出身のクリスチャン議員が述べた事の繰り返しであることも。。

この自由連合協定の動きに関して、今一番議論が熱くなっているのが、FSMの人口を受け入れているグアム、ハワイ等の「米国」である。
2013年には17,000人の自由連合協定国、即ちマーシャル諸島、ミクロネシア連邦、パラオ共和国の人々がグアムに居住しているという。グアムがこの17,000人に移民を受け入れるために必要とする2014年の予算は144ミリオンンダラー。

ミクロネシア連邦の前モリ大統領は、2023年自由連合協定の資金援助が打ち切られれば翌年2024年には50ミリオンンダラー財政赤字になる事を国民に説明している。

グアム政府は、2023年の自由連合協定支援金打ち切りに向けて、さらにミクロネシアからの移民が増える事が懸念されている、と述べた。


以上が記事の内容。
本件、ミクロネシア高官と現在米国連邦政府から米国の資金援助事業の評価作業を委託されている方と非公式に話し合う機会があった。

非公式の情報では、既に3万人のチュック州出身者がグアムに滞在しているという。
米国の援助事業は多くの問題を抱えているが、一つには米国連邦政府の担当者が自分の、また自分が所属する組織の評価をあげるため、即ち次年度の予算を確保するため、成功していない事業も成功したように報告している例がある。そしてミクロネシア側は、ファミリーやコミュニティの縁故関係で事業が開発され、失敗に終わっている例が多い、という話であった。


いったい、何のために多くの犠牲者を出してまで米国は日本からミクロネシアを奪ったのか?
ミクロネシアの社会問題に触れる度に、湧いて来る疑問である。
(残り僅かとなった)オバマ政権違法操業取締法令可決 [2015年11月09日(Mon)]
2015年11月5日付けで ”Illegal, Unreported, and Unregulated Fishing Enforcement Act of 2015”が可決されたというNOAA の漁業局のニュースである。

”United States achieves major milestone in efforts to combat illegal fishing”
http://www.nmfs.noaa.gov/ia/slider_stories/2015/11/110915_hr774.html

この法案の行動計画の一つが Port State Measures Agreement (PSMA)
港で違法操業の取り締まり強化を、という内容。現在13カ国が承認。25カ国が承認した時点で”legally binding ”するのだそうだ。

次のステップとして検討されているのが国内の違法操業による水産資源を取締法の強化。


実はこれらの提案は、現笹川平和財団、海洋政策研究所が提案した内容である。
「公海から世界を豊かに ー保全と利用のガバナンスー」 
2014年6月 公海のガバナンス研究会 http://goo.gl/BeUxkH

下記にコピーするが、なんで日本はわかっているのに、動きに繋がらないのであろう?
前回の「島サミット」の目玉が漁業資源管理であった事を思い出すと、不思議でしょうがない。


「公海から世界を豊かに ー保全と利用のガバナンスー」から引用

P39
▽寄港国の取り組み強化
また、IUU 漁船を捕捉し IUU 漁獲物の市場への搬入ルートを抑えて、撲滅していく、有効な手段 の一つとして、寄港国措置協定(Port State Measures (PSM)Agreement)が既に FAO で合意 され、各国の批准を待っている状態にある。日本もこの協定を早期に批准することが求められる。こ れの協定では、漁船ばかりでなく、一般の運搬船が管理対象となるため、一般商船の航行の自由を 一部制限するという困難な一面を含むものの()国内の早急な準備作業が必要だと思われる。ただ し、欧米の一部に PSM が導入されれば問題が一挙に片付くという楽観論が見受けられるが、管理 の弱い途上国の港が多数ある中で、PSM だけでは IUU 対策が進まないことは、よく認識されるべ きである。前述の RFMO の保存管理措置の改善、過剰漁獲能力の削減、トレーサビリティー・シス テムの実施、途上国の管理能力向上のための支援等、様々な対策を包括的に進める必要がある。
これに関連し、IUU 漁業活動が、甚だしいケースでは、麻薬、武器、人身売買など他の違法密輸活 動と密接に関連することも報告されていることから、国際刑事警察機構(ICPO・イインターポール)と の連携も求められるようになってきており、各国の取り締り機関とインターポールも含めた国際機構と の間のネットワーク作りを進める活動も始まっている。
また、IUU 対策のもう一つのツールである、漁船の識別のための個別漁船識別番号(Unique Vessel Identifier(UVI))の導入も進んできており、IMO 番号をこれに活用することで、各 RFMO において合意が成立しつつある。
(宮原正典)


米国の海洋政策の今 [2015年10月08日(Thu)]
昨年デカプリオとパラオのレメンゲサウ大統領を招いて米国が開催したOur Oceanという会議
今年はチリで10月5−6日開催。
米国からはケリー外相が出席。パラオからはベル副大統領が出席。

その席で米国の海洋政策の最新情報が発表された。
7項目があげられている。漁業がトップ項目である。
ー持続可能な漁業、
ー海洋保護区、
ー海洋汚染、
ー海洋の酸性化対策、
ー能力構築、
ー沿岸コミュニティ支援、
ー海洋の理解促進

下記にコピーする。リンク先はここ。
Updates on Commitments Made at Our Ocean 2014
http://www.state.gov/r/pa/prs/ps/2015/10/247858.htm

夫々の項目のついてその詳細も含め、吟味する必要があると思うが、漁業立国、海洋立国である日本、同盟国である日本との協力が一言も入っていないのが気になる。




Updates on Commitments Made at Our Ocean 2014


Fact Sheet
Office of the Spokesperson
Washington, DC
October 5, 2015

The inaugural Our Ocean conference in June 2014 generated ground-breaking commitments among international partners to promote sustainable fisheries, reduce marine pollution, and stem ocean acidification. The following are pledges made at the first conference and updates on progress made since then, as Our Ocean 2015 commences in Valparaiso, Chile.

Sustainable Fisheries

President Obama announced the creation of a new U.S. Taskforce on Combating Illegal, Unreported, and Unregulated (IUU) Fishing and Seafood Fraud. The Presidential Task Force unveiled its action plan in March, and implementation is underway including a new program to trace seafood from harvest anywhere in the world to entry into the United States, ensuring that the goods are sustainably and legally harvested.
Norway pledged more than $150 million to promote global fisheries development and management. These funds have been used to build a third research vessel to train fisheries experts and managers from around the world and to hold workshops for port authorities on how best to combat IUU fishing.
The United States, /tone, and the GSM Association launched the mFish public-private partnership to provide mobile devices and apps to small-scale fishers in developing countries, helping them access market and weather information and deliver reports on their catches. The technology was piloted in Indonesia and plans are underway to expand the program.
The United States and Palau announced a partnership to test the use of multiple remote surveillance technologies for detecting illegal fishing. The United States and Palau undertook a number of demonstration projects to expand maritime domain awareness (MDA) and increase the ability to track potential IUU fishing and trafficking activities. These projects included multiple remote surveillance technologies, information exchange and display tools, and capabilities to rapidly access commercial satellite data.
Foreign Minister Dussey of Togo announced a new agreement among Togo, Benin, Ghana, and Nigeria to combat illegal fishing in the Gulf of Guinea. In March, the Economic Community of West African States inaugurated a multinational maritime coordination center to counter IUU fishing through information sharing and coordination of joint patrols, training, and drills.
Several governments committed to joining the Port State Measures Agreement, which aims to prevent illegally harvested fish from entering the stream of commerce. Three countries have joined since the 2014 conference, and at least 7 more are close to joining, getting us well over half way to the 25 parties needed to bring this ground-breaking treaty into force.


Marine Protected Areas

President Barack Obama announced a commitment to protect some of the most precious U.S. marine seascapes. In September 2014, the United States expanded the Pacific Remote Islands Marine National Monument by almost six times to encompass 1.27 million square kilometers – making it the largest marine reserve in the world that is off limits to any commercial extraction, including commercial fishing.
President Anote Tong announced the decision of Kiribati to ban commercial fishing in the Phoenix Islands Protected Area. In January 2015, Kiribati made good on this commitment, protecting over 400,000 square kilometers of ocean, an area roughly the size of California.
President Remengesau unveiled the design for the proposed Palau National Marine Sanctuary. In October 2014, legislation was introduced in the Palau Senate and in August 2015, the Palau House announced a companion bill. The proposal is expected to advance in the next legislative session with full designation in 2016.
Leonardo DiCaprio pledged $7 million through his foundation to ocean conservation projects over the next two years. In 2015, the Leonardo DiCaprio Foundation awarded over $4 million to new ocean conservation projects around the globe, working with key partners to create new large-scale marine reserves in the South Pacific, Indian Ocean, and the remote waters of the Arctic and Antarctica. The LDF is also supporting initiatives to stop the trade and overfishing of endangered shark species, and working with several partners in Indonesia and Somalia to help local communities protect their coastal waters.
Elizabeth Wright-Koteka and Kevin Iro of the Cook Islands announced plans to expand marine reserves around their country. Legislation to create the Cook Islands Marine Park is under development.
Sir David King of the United Kingdom announced a public process to consider the establishment of a marine conservation zone covering most of the exclusive economic zone around the Pitcairn Islands – an area in the Pacific Ocean covering more than three times the size of the UK. Earlier this year, the UK announced its intention to protect the marine environment with a “blue belt” to safeguard these precious marine habitats, both around the UK and the Territories overseas. The UK also announced its intention to establish a large-scale, no-take MPA around Pitcairn Island, once an effective monitoring and enforcement regime can be established and funded.
Minister Kenred Dorsett of the Bahamas announced additional MPAs to be created by the end of 2014, bringing the nation’s existing network of marine protected areas to at least 10 percent of its near-shore marine environment. In 2015, the Bahamas designated 15 new and 3 expanded MPAs to bring an additional 44,514 square kilometers of the marine environment under protection.


Marine Pollution

The United States announced the Trash Free Waters program to stop refuse and debris from entering the ocean through sustainable product design, increased material recovery, and a new nationwide trash prevention campaign. The program, operated by the Environmental Protection Agency, partnered with regional entities to develop strategies for five major coastal regions and over 10 cities, and it worked with business leaders to alter products, practices, and consumer behaviors to prevent future loadings of trash into the ocean.
Daniella Russo announced the Think Beyond Plasticトレードマーク(TM) Innovation Forum to advance entrepreneurship and to inspire innovations to reduce global plastic pollution. The program has grown significantly, launching its first business accelerator class and working on a project to eliminate marine plastics in the Mesoamerican Reef.
Norway pledged $1 million for a study on measures to combat marine plastic waste. Norway funded a study through the Global Partnership on Marine Litter on the sources and effects of microplastics in the environment.


Ocean Acidification

Norway announced the allocation in 2015 of over $1 billion to climate change mitigation and adaptation assistance. In the past year, the nation has given more than $250 million to the Green Climate Fund.
The United States announced an investment of more than $9 million over three years to sustain acidification observing capabilities, and a contribution of $640,000 to the Ocean Acidification International Coordination Center (OA-ICC) in Monaco. The United States has invested nearly $6 million in the past two years to monitor ocean acidification and develop new sensor technologies, and has allocated the $640,000 pledge through the International Atomic Energy Agency’s Peaceful Uses Initiative to the OA-ICC.
The United States announced new projects totaling $1.24 million to meet challenges of ocean acidification and marine pollution in Africa, Asia, Latin America, and the Caribbean. The United States has allocated this pledge to the IAEA through the Peaceful Uses Initiative and projects are getting underway.
The United States announced new funding for a joint initiative with Canada and Mexico to catalogue North American coastal habitats that capture and hold carbon and to evaluate the possible use of carbon credits to protect these habitats. In its first phase, the project has produced detailed maps of these habitats in all three countries, aiding future research and management efforts.
In 2014, the Ocean Foundation announced the Friends of the Global Ocean Acidification Observing Network, a new fund to support the network. Funds raised by the foundation will be used to support a capacity-building workshop in Mozambique on ocean acidification monitoring.


Building Capacity

The Global Environment Facility announced funding of $460 million over four years to conserve and restore marine biodiversity, foster sustainable fisheries, and strengthen coastal management. The GEF has approved three marine-focused projects worth $52.9 million and six projects in total valued at $76.3 million.
The World Bank highlighted a new $10 million World Bank / Global Environment Facility investment that would improve management of tuna fisheries and other highly migratory fish stocks in the developing world. The project was approved by the World Bank board in September of 2014 and is expected to be in implementation until 2018.


Supporting Coastal Communities

The U.S. Agency for International Development announced new coastal programs valued at more than $170 million. Since the conference, USAID has awarded programs worth more than $135 million to promote ocean health, food security, nutrition, and human well-being by helping governments and communities improve fisheries management, combat illegal fishing and wildlife trafficking, strengthen MPA management, and conserve critical coastal habitats.
The Waitt Foundation announced the Fish Forever program to promote sustainable fisheries management. The program, a partnership with Rare, the Environmental Defense Fund, and the Sustainable Fisheries Group at the University of California Santa Barbara, now has operations at more than 40 sites across Belize, Brazil, Indonesia, The Philippines, and Mozambique.


Mapping and Understanding the Ocean

The United States announced the activation of two new research vessels, providing a new generation of scientists with cutting-edge technology to explore the ocean. The Office of Naval Research took delivery of the R/V Neil Armstrong in September, and the ship is expected to begin research operations under the Woods Hole Oceanographic Institution next year, while the R/V Sally Ride, to be operated by the Scripps Institution of Oceanography, is expected to enter service in late 2016.
The Nature Conservancy announced a three-year effort to Map the Ocean’s Wealth, with a $3.8 million lead investment from the Lyda Hill Foundation, to quantify and map key ecosystem services that the ocean provides. As a result of this project, new ocean wealth data is being used to inform economic development and conservation in five critically important seascapes around the world, and TNC has launched oceanwealth.org to make this information available broadly.
The Waitt Institute announced an initiative to help Caribbean nations undertake ocean zoning and sustainable management of fisheries. Since last year’s conference, the Blue Halo Initiative has expanded to Montserrat and Curaçao, supporting those island’s governments and communities as they envision, design, and implement comprehensive ocean policies.
For further information, please visit www.state.gov/ourocean.
ヒラリーのスピーチと安保法案 [2015年07月17日(Fri)]
H.Clinton_7576.WEB_07.JPG


2008年5月、ミクロネシアの海上保安事業が開始して以来、日本が、広義の安全保障の枠で太平洋に出て行く事を意味を、通奏低音のように考えていた。

【私のせいで、太平洋の安全保障レジームが変わるかもしれない。(といういつもの妄想)】

通奏低音に変化を与えたのが2010年1月、ヒラリー国務長官がハワイで行ったスピーチ。未だ印象に残っており、今回の安保法案採決を受けて今一度読み返したいと思い探した。

ヒラリーはこのハワイでのスピーチの後、太平洋島嶼国を、まさにアイランドホッピングをする予定であったがハイチの地震で中止となってしまった。


Clinton's Remarks on Regional Architecture in Asia, January 2010
Secretary of State Hillary Clinton gave this speech at the East-West Center in Honolulu, Hawaii on January 12, 2010.
http://www.cfr.org/asia-and-pacific/clintons-remarks-regional-architecture-asia-january-2010/p21218

このスピーチにはルース駐日大使と日本の藤崎大使も出席されている。
その事だけでも米国の重要な安全保障政策を示す場であったと言えよう。


クリントン長官のスピーチの中で
日米豪、日米韓、日米中、日米印
の4つの三国協議が提案されている。
これは6年前には気づかなかったが、日米は常に一体、という意味だ。

当時気になったのは下記のセンテンス。”free riders and minimalist contributions”に日本が入っているのであろうか?と考えた。
Systems that reward free riders and minimalist contributions are designed to fail.


このスピーチが発表されたとき、日本は民主党政権であった。豪州は親中のラッド政権だった。ハイチの地震でクリントン長官の太平洋訪問は中止。確か同年の後半に延期されたはず。
そして日本は大地震に襲われる。しかしここで日米の軍事力の必要性が確認されたのかもしれない。

キーティング司令官もその2009年9月に太平洋の安全保障を語り、日本の参加は日本政府次第だが、日米は既に強力関係にある、と明言している。
キーティング司令官の西太平洋における米中の利害関係
https://blog.canpan.info/yashinomi/archive/599


クリントン長官のハワイでのスピーチから5年が経ったが、今回の安保法案で日本領域内だけでなく、太平洋への一歩を踏み出すきっかけになるのであろうか?
そこへの道は、日本財団が、笹川平和財団が、キーティング司令官のメッセージをしっかり受け止め2008年から構築している。



米国内の反日運動ー傾向、分析、対応 [2015年05月18日(Mon)]
新渡戸稲造全集の第4巻を購入した。
植民政策について、矢内原先生が監修しまとめられている。
その後ろの方に「論文•時評など」として小論が20本ほど掲載されている。

その中の一本が「米国の対日態度に就いて」(改造、昭和8年5月)である。
読み始めてすぐに、これは100年前の話だが、現在にも全くそのまま通じる内容だと思った。

昭和8年、1933年10月に新渡戸はカナダで客死している。そのわずか5月前の論文である。
1932年4月新渡戸は、二度とその地を踏まないと宣言した米国に渡る。
悪化した日米関係を修復するためだ。確か昭和天皇の依頼だった、とどこかで読んだ記憶がある。
「二度とその地を踏まない」と誓ったのは1924年に公布された米国の排日移民法のせいである。

渡米した結果を二点にまとめている。
一つは、理想家が日本を非難するもの。
一つは、実際家、即ち現実を知るものが日本に賛成するものだ。

そして対日感情の悪化の原因を11項あげている。
1、米支関係は米国の独立戦争前後に開始。米国の支那への関心は日本より遥かに古い。
2、米国の外交は貿易、ドル優先である。
3、義侠心の強い米国は、日本が強いのを見て、支那に同情する。
4、支那人の反日宣伝が極めて有動的。語学の才もあり西洋人の扱いを心得ている。
5、米国の反日思想を煽っているのは支那に派遣されている宣教師である。
6、感傷的平和論を好み、戦争の原因を論じない。
7、他方、理論のみにて日本を非難する学者連中が存在する。
8、政府当局者が政治的思慮なく日本を非難する。
9、国際連盟に加入していな分だけ、国際連盟を支持する米国は日本の強硬な対応が感情的に許せない。
10、日本の対満政策は米国の中米政策に共通する所がある故それを弁護するした心で日本を非難する。
11、平和条約と九国条約を民衆心理に訴えて日本を抑制した結果群衆の感情を煽る傾向がある。

以上、その内容を正確に汲み取ってないかもしれませんので、是非原文を読んでいただく事をお勧めします。

なお、新渡戸稲造がすごいのは、米国内の反日運動ー傾向、分析に留まらず、その対応まで7つの項目を立てて論じている事である。
1、対日に対する欠乏は論理ではなく同情と政治的判断
2、論理を軽んじるという事ではなく正義観念に訴えるべし
3、日本の援助なくして満州国は成立不可能である事は内外知る事なので素直に認めよ。
4、米国の対中米政策非難は注意すべし。米国の同情を買うように説明しべし。
5、米国を批評するのは小人のする愚策。耐え忍んで言葉を慎め。
6、米国人が日本人の国民性をいかに理解するか、日本の国民性を歴史に遡り広く説明すべし。
7、米国人は満州問題からロシアを外す傾向があるので日露問題を軽視するな。

これも当方が正確にまとめきれていない可能性があるので、是非原文を読んで欲しい。

新渡戸稲造の論文は、「現在」反日運動に行動する人の必読であるように思った。
やしの実とケネディ [2015年03月06日(Fri)]
e0022333_230516.jpg

花見和子著『ケネディの艇を沈めた男 夫・弘平との六十年』


国立公文書館で「JFK−その生涯と遺産」展が3月6日から開催されるいう。

「ケネディ元大統領 日本初公開の資料も」
3月5日NHK webnews
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150305/k10010005101000.html


太平洋と言えばケネディ、そして「やしの実」と言えばケネディなのである。
これはこのブログでも書いて来たし、笹川会長にも、寺島常務にもお会いする度にお伝えしている。
太平洋と言えば、日米同盟。そのフィロソフィーの部分がケネディ。

ケネディは、ソロモン諸島で九死に一生を得るが、その時助けてくれたのが、やしの実なのだ。
やしの実に刻んだメッセージを島民に渡し、無事救助された。
このやしの実が残っていて、文鎮になり、今回の展示会にも出品されているようである。


<日米の戦後のあり方>
このケネディの魚雷艇を衝突したのが旧日本海軍の駆逐艦「天霧(あまぎり)」。
戦後ケネディと天霧の艦長花見弘平氏交流を深め、大統領選には応援のため訪米(但花見氏の代理)。旧敵国、しかも命を落とされそうになった敵を大統領選の味方に変えたケネディは小差で勝利。
戦後戦艦「三笠」を救ったミニッツ提督といい、このケネディと言い、まさに「武士」「騎士」の潔さにほれぼれする。
現在「安倍談話」の内容が議論されているようだが、戦後の日米関係はケネディが花見中佐に送ったというメッセージ ー 「きのうの敵であり、きょうの友人へ」ー に尽きるのではなかろうか?

JFKと花見弘平氏の交流はこちらのウェッブが詳しい。
「昨日の敵は今日の友」 戦後の友情 花見中佐とケネディ少尉
http://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/30759502.html



<ケネディ大統領のNew Pacific Community>
ケネディ大統領は戦後、ニューフロンティア政策の延長として、オーストラリア、ミクロネシア、インドネシア、日本、沖縄、フィリピンで構成する“New Pacific Community”の構想を示したが、どこからも相手にされなかったようだ。
このブログで散々書いている「自由連合協定」。ミクロネシア諸国のニューフロンティアを示す代わりに、米国の安全保障をいかに確保するかという内容にすり替わってしまった。

冷戦終結後の現在の課題と言えば、広大な海洋管理、海洋ガバナンスである。
これも繰り返すが、米国は世界最大のEEZを保持し、その50%以上が太平洋の島々で形成されている。太平洋の海洋ガバナンスはまさに米国の課題でもあるはずだ。
JFKが今生きていたら?もしくは戦後冷戦構造がなかったら?

ケネディ大統領の“New Pacific Community”構想こそ、今私たちが真剣に議論すべきテーマではなかろうか。そしてこれは2008年に笹川会長が正論で発表した内容と一致し、過去7年間笹川太平洋島嶼国基金が、日本財団、海洋政策研究財団等関係機関と推進してきた事である。


<島サミットにはケネディ大使の出席を>
前回の島サミットでは外務省大洋州課から意見を求められ、「海洋」「米国」を提案し、2つとも受容された。
今回の島サミットにも米国の参加はあるようだが、残念ながら米国の太平洋への関心は前向きとは言えない。
ヒラリー長官が「太平洋の世紀」と2010年に唱っておきながら、その歩みは遅い、というかほとんど見えて来ない。

そこで、提案したい。
今回の島サミットには是非キャロライン・ケネディ大使にご参加いただいたらどうであろうか?
太平洋の裏側、ワシントンD.C.で太平洋を語るより、太平洋に位置する日本で、米国の太平洋戦略は語られるべきである。
米国が太平洋に関心を向けるきっかけに、そして太平洋を巡る日米同盟の強化に繋がるのではなかろうか?


Compact Impact [2015年02月19日(Thu)]
先月1月オバマ政権が2016年度予算として643.6 million USDを内務省の島嶼局用に提示したとのニュースがあった。

Obama's budget represents commitment to insular areas
Feb 03, 2015 Kuam News
http://www.kuam.com/story/28007731/2015/02/03/obamas-budget-represents-commitment-to-insular-areas

米国の自由連合協定を締結するミクロネシア3国の支援金は国務省ではなく、内務省の島嶼局(Office of Insular Affairs (OIA))が担当するのである。
島嶼局担当地域は 米領サモア、グアム、米領バージン諸島、北マリアナ諸島、プエルトリコ、そしてミクロネシア3国である。
イヤ、まだある。鳥のウンチ法(グアノ法)で獲得した太平洋の島々パルミラ環礁とウェーク島(こちらは海底通信ケーブル中継のため領土化)。

643.6 million USDの中の31million USDがCompact Impactという名目で、ハワイ、グアム、サイパンに振り分けられる。
Compact Impactとは何か?

ミクロネシア3国の総人口約4分の一に当たる56,000人が米領に住んでおり、その約60%がハワイ、グアム、サイパン、米領サモアにいるという。
この3万人強の教育費、医療費その他が馬鹿にならない。
ここ数年、ハワイやグアムのニュースで出てくるは、これらミクロネシア3国からの移民のための社会保障料が地元政府予算を圧迫している、という話と、チュック独立問題のブログで取り上げたように、ミクロネシア移民による犯罪、違法行為である。

Compact Impactの31million USDはこれらミクロネシア移民に受け入れ先のハワイやグアムが対処するための予算だ。
U.S. Government Accountability Office (GAO)が2013年に実施した調査では2004-2010年の7年間で1billion USD以上の費用がミクロネシア3国からの移民にかかっているという。年間約150millionUSDだ。2016年度予算の31million USDはその20%しか充当しない。

COMPACTS OF FREE ASSOCIATION:
Guidelines Needed to Support Reliable Estimates of Cost Impacts of Growing Migration
GAO-13-773T: Published: Jul 11, 2013. Publicly Released: Jul 11, 2013.
http://www.gao.gov/assets/660/655830.pdf



ミクロネシア移民を受け入れるハワイ、グアムにしてみれば、金はかかるし問題は起こす、という不満が出ている。他方、自由連合協定って米国に彼らを保護する義務があるんじゃないの?若しくはハワイ日系社会から、移民排斥の昔の経験に基づいてミクロネシア移民を支援しようという、人道的動きもある。

ミクロネシア3国にしてみれば、移民先の米領で肩身の狭い思いをし、虐められ、自由連合協定のお金はもらいずらくなるし、10年後には中止、という状況。


戦争に勝つ、という事は勝ち取った領土や人々を面倒見る事なのである。
もし先の大戦で日本が勝利していれば、日本の委任統治であったミクロネシア3国は日本の領土として、もしくは主権国家として日本と自由連合の関係になったかもしれない。ミクロネシアの海洋は日本の海上保安庁や水産庁の取締船が、そして海上自衛隊が守っていたであろう。

米国のミクロネシア3国の対する戦後の経済支援はヒドイ、とは多くの米国人自身が語っている事である。
米国連邦政府の職員にはアダムスミスを読みなさい。矢内原忠雄を読みなさい、と薦めているがもう遅きに失する観あり。やっぱり日本が出て行くしかない。ミクロネシア3国もそれを期待していると思う。

Possibility of Japan-Palau Free or Special Association agreement [2014年09月06日(Sat)]
Unknown.jpeg


I tried to explain to President of Palau in SIDS Samoa, how much Okinawa received from Japanese government.
Japan and Palau may have Free or something Special Association agreement and arrange subsidy. Palau should stop begging from the US. US may not be against this new arrangement with Japan, since US does not have intention to continue compact fund in the future.


The Okinawan Promotion Budget is subsidized from the National government to the Okinawa Prefecture and is 3billionUSD a year (3.5 billion USD in 2014, 3.8 billion USD in 2015) The Okinawa Prefecture Annual Budget is 7billion USD a year.

Plus there is a large budget through the US force from the Japanese National Government.
"Cost Sharing for the US Forces stationed in Japan" is about 2 billion USD a year, plus there are more related budget. In 2003 which is about 5 billion USD.

There are more special funds for Okinawa, which are subsidized by the Japanese Government. I assume AT LEAST Okinawa received 5-6 billion USD a year from the National Government.


Okinawa has a population of 1.5million. The official national government subsidy of 3 billion USD a year for this population amounts to 2,000USD per person per year. If 6 billion USD a year, 4,000 USD per person per year.

If this budget (3 billion USD) is applied to the FAS based on the number of population, then they can receive the following subsidy from the Japanese Government:

Palau (20k population) 40 million USD a year
FSM (100k population) 200 million USD a year
RMI (60k population) 120 million USD a year
サモアで会ったキーティング司令官 - SIDSサモア会議(1) [2014年09月06日(Sat)]
9月1−4日、サモアで開催された小島嶼国会議が終了した。
http://www.sids2014.org
世界の民族の数を知らずに1919年のベルサイユ会議で「民族の自決」を訴えたウッドロー•ウィルソン大統領の功罪を改めて目の当たりにしたような気持ちだった。
日本外務省が書いた、牧野外務大臣政務官のスピーチは秀逸だったと思う。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000050667.pdf 

会議開催中はずーっとこの音楽が頭の中で流れていた。

♪青い青い空だよ 雲のない空だよ サモアの島 常夏だよ♪
♪一緒に並んで 愉快に踊れば 僕らの島 楽しい島よ。♪  


会議最終日、高熱、悪寒、冷汗、体の痛みでダウンしてしまった。
空港行きのバスを滞在先アギーグレイの玄関でボーッと待っていた時だった。
寄りかかっていた壁にPACOMのティモシー•キーティング司令官の書簡を見つけた。
まさか、こんなところでお目にかかれるとは。2008年3月6日付けの書簡。2008年と言えば当方の、笹川太平洋島嶼国基金の、海洋事業開始年である。

写真(2014-09-05 5.55).jpg


以前書いたが、キーティング司令官が2008年8月にパラオ政府団に「この広い太平洋を守るには日本が必要だが、その日本の手足を縛ったのは我々米国である。」と語っていなければ、日本財団、笹川平和財団が現在進めているミクロネシア海上保安事業は立ち上がっていなかった。
この会談の数時間後に私が羽生会長の命を受けてパラオ政府とロビーイングを始めたのである。
https://blog.canpan.info/yashinomi/archive/385



♪ 青い青い海だよ 海また海だよ サモアの島 常夏だよ ♪


キーティング司令官、サモアでも太平洋の広さを実感されていた事と思う。
Pac Leaders Oppose Obama’s Proposed Expansion Of Marine Monument [2014年08月26日(Tue)]
太平洋の海洋保護区拡大を発表したオバマ大統領に、島嶼国のリーダーから批判の声が上がっているというニュース。
取りあえずコピーだけしておきます。
背後にいるPEWを散々非難しています。確かにPEWの担当者は何も知りません。
それでいてやけに態度が大きい。Matt Rand氏。
パラオの自由連合協定資金を出してから海洋保護を進めた方がいいのでは?
まあ、 PEWは以前から域内で評判悪かったので、知る人は知る、なのでしょう。

Pac Leaders Oppose Obama’s Proposed Expansion Of Marine Monument
http://pidp.eastwestcenter.org/pireport/2014/August/08-26-03.htm
| 次へ