CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« ミクロネシアの海上保安事業 | Main | 未来に魚を残そう»
プロフィール

早川理恵子博士さんの画像
早川理恵子博士
プロフィール
ブログ
<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Google

Web全体
このブログの中
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
太平洋島嶼国が北朝鮮に提供する便宜置籍船 [2017年09月13日(Wed)]
太平洋島嶼国が得意とする主権ビジネスの一つ。便宜置籍船。
今回のサモアで開催されたフォーラム総会で北朝鮮の件と絡めてその問題が明示された。
意外である。非難決議だけかと思っていた。
太平洋島嶼国は確信犯だ。しかもニュージーランドや豪州は知っていたはずだ。
北朝鮮のミサイルに対し、安保理の制裁決議が通らなければ闇の奥に仕舞われたままの島嶼国の主権ビジネスの一つであったであろう。

フォーラムのコミュニケがはまだ同組織のサイトに上がっていないのだが、PINAという地域メディア組織のウェッブに掲載されていた。35、36に北朝鮮のことが書かれている。

48th Pacific Islands Forum Communique
http://www.pina.com.fj/?p=pacnews&m=read&o=3785313559b5c753f26b3ace194251

(c)Tensions in the North Pacific

35.Leaders condemned repeated efforts by the Democratic People’s Republic of Korea (DPRK) to test nuclear weapons and ballistic missiles, and the threat posed to Guam, which constitutes a threat to the wider Pacific Islands region. Leaders also agreed on the importance of ensuring the full implementation of relevant UN Security Council Resolutions.

36.Leaders committed to deregistering any DPRK trading or fishing vessels currently flagged on Pacific states’ shipping registers. New Zealand and Australia will assist other member states with intelligence gathering to identify illegally flagged DPRK vessels and offered to off-set the financial burden incurred.

豪州、ニュージーランドが便宜置籍船の実態を調査するとともに、それで島嶼国が失う収益を補填する、という提案も興味深い。それほど大きな収入の可能性があるという事であろうか?

<便宜置籍船ビジネス実態>
実は昨晩、この太平洋島嶼国の便宜置籍船をウェッブサーフィンしていたら、眠れなくなるほど、次から次へと驚愕の事実が出てきたのだ。当方は便宜置籍船のシステムをよく知らないが、素人が探してこれだけ出てくるのだからIMO担当の国交省が本気になれば実態はさらに明確になるのではないか?

まずはミクロネシア連邦政府が知らない間に便宜置籍船ビジネスが行われていた件。
詳細な記事を見つけたがうまくリンクできなので、下記にペーストしておく。150隻以上の船がミクロネシア連邦の旗で違法に登録され、その多くが北朝鮮であった、ような事が書かれている。
こんな事が本当にあるのであろうか?マグロの件で水産庁叩きしかしていないメディアに是非調べて書いて欲しいものだ。
フィジーの便宜置籍船も北朝鮮との関係がある、とのこと。

もう一件はパラオである。
同国の便宜置籍船が北朝鮮の貿易をしていることは以前書いた。
2012年に開始したパラオの便宜置籍船は、なんと2隻の中国のギャンブル船から開始した、というのだ。こんな事パラオ国民は知っているのであろうか?

”In September 2012, the Palau Registry was launched with two Chinese gambling ships, adding registering vessels to Palau’s endeavors.”
下記の記事より。
Whose Convenience? Ann Marlowe、Hurd’s Bank, July 2015
https://www.hudson.org/research/13146-whose-convenience


残念な現実だが、違法操業と北朝鮮を支援しているのが太平洋島嶼国の便宜置籍船ビジネスなのだ。
これが、フォーラムが掲げる「青い太平洋」の実態だ。


<関連資料>
ミクロネシア連邦政府からクック諸島の便宜置籍船会社に出されコメントが紹介されている。
https://www.maritimecookislands.com/wp-content/uploads/2016/03/mci-circular-143-fraudulent-micronesia-international-ship-registrydoc.pdf


https://fairplay.ihs.com より
Flagging up fake news
Richard Clayton, chief correspondent | 19 April 2017

Lukner Weilbacher, secretary (minister) at the department of transportation, communication, and infrastructure at the Government of the Federated States of Micronesia (FSM) had authorised Jash International Maritime Law & Business Management to run the Micronesia International Ship Registry (MISR). Jash took responsibility for appointing a registrar and deputy registrars, seafarer agents, safety inspectors, “and any other personnel and office necessary for the effective promotion of [the registry]”.

Headed notepaper from the Office of the Secretary, dated 2 October 2015, and signed by Weilbacher himself. Ignore, for the moment, the obvious error that the name Weilbacher is significantly different from the name “Welbacker” as it appears in the opening paragraph and in the email address.

Move on 16 months to February 2017, and in a circular issued by MISR to shipowners, operators, managers, seafarers, and recognised organisations, chief engineer Alfred S – as a director of MISR – confirmed the initial authorisation in 2015. He confirmed that Micronesia “has not yet signed the IMO membership to receive various benefits from the world maritime community neither had ratified any required international convention”, nevertheless the efficient and effective MISR technical team has played “a very important role in promoting the FSM and its ship registry in very systematic procedures.”

However, necessary amendments to the National Maritime Act of 1997 had been delayed and, “for other official reasons”, the transport, communication, and infrastructure department suggests holding back from seafarer certification because “it may create some problem in smooth sailing of vessel and seafarers certification too.”

How active has MISR been while waiting for the act to be updated? Very active, according to flag watchers at IHS Markit. On 6 March this year, my colleagues contacted Micronesian authorities after a spate of ship registrations began to claim the FSM flag. This was despite legislation that allowed only a closed register, with no foreign trading vessels or foreign-owned ships authorised. “The net result was a total of 153 vessels that were registered illegally. The Flag Administration only has 49 vessels registered (14 of which have no IMO number),” a report to IMO stated.

It might come as no surprise that within two weeks of that intervention, 80 of these 153 vessels suddenly transferred to other flags: Belize, Togo, Sierra Leone, and Indonesia. When IHS Markit made contact with MISR through its authentic-looking website, with all the usual contact details and vessel registration procedures, we were informed that our selected vessel had been “provisionally registered and is now under some other flag”.

In a communication from Craig Reffner, assistant attorney general at the FSM Department of Justice, IHS Markit was told, “The vast majority of the vessels on your list appear to be illegally flagged in the FSM, as the FSM does not operate an international ship registry or a registry of convenience.” He continued, “If you happen to obtain any registration documents for these purported FSM flagged vessels, any document that was issued by "Micronesia International Ship Registry" or "MISR" is an indication that the registry is illegal.”

Furthermore, according to the UN Security Council, some of the vessels appearing under the Micronesian flag are being closely monitored as there appear to be North Korean connections. There are also alleged connections between North Korea and Fiji, which has suddenly received a large number of vessels under its flag registry. As for Micronesia, the flag administration in Fiji informed IHS Markit that they operate a closed register, do not register vessels that trade internationally, and therefore these vessels were not registered under their flag. Before it was taken down, the Fijian Flag Administration website revealed a list of vessels that supposedly were registered in Fiji. The list contained 90 vessels (59 with IMO numbers, 31 without). An article appeared in the Fijian press on 19 January 2017 stating that the local police were investigating.

Then there’s the Democratic Republic of Congo, where flag authorities acknowledged last December that all but 11 vessels shown under their flag lists had been registered without their knowledge or approval. The 11 legally registered vessels were all trading locally or within sheltered waters. IHS Markit has now amended its records accordingly, removing 73 vessels.

A company registered in London’s prestigious Harley Street, with another authentic-looking website, claimed to be the official registration office for vessels flying or seeking to fly the DR Congo flag. Although phone contact details were given on the website, the call went unanswered and potential applicants had to fill in an online form. Further investigation via Companies House in London confirmed a sole director being a citizen of Guinea who is based in Qatar. The website has also now been taken down, probably due to action taken by DR Congo authorities.

Fraudulent flag registration is among IMO’s biggest headaches. Many of the unauthorised entries are fishing vessels, small general cargo vessels, or dredgers. Unless they are properly registered with recognised flag administrations, these ships’ safety and environment protection status cannot be verified. There are plenty of indications of possible underhand intentions. Sierra Leone had two companies claiming to be the legitimate administration: these were investigated, and one is no longer operating; ship registration websites that look authentic but maintain a flaky existence are likely to be flaky in substance; official documents that misspell the name of the signatory should try a little harder.

Contact Richard Clayton at richard.clayton@ihs.com and follow him on Twitter: @rjbclayton

PPBP ーパシフィックパトロールボートプログラム [2017年09月12日(Tue)]
大阪大学の真山全教授に豪語してしまった件がある。
そして、外務省始め多方面から照会いただいている件でもある。

「豪州海軍が展開するパシフィックパトロールボートプログラムーPPBP、豪州海軍より私の方が知ってるんです!」

2008年に笹川平和財団がミクロネシア海上保安事業を立上げた際、強いリザベーションを示してきたのが豪州政府である。(海保のお兄さんが「予約」と訳していたが、そうじゃないよ)
なぜか?
70年代200海里のEEZ付きで太平洋島嶼国が次々と独立する中で、豪州政府はそのEEZ管理のためにPPBPを立ち上げたのである。そして冷戦終結以降の90年代からは、PPBPだけが広大な太平洋諸島の海洋安全保障の監視機能出あったのだ。

PPBPがかれこれ30年経った2008年。ちょうど笹川平和財団がミクロネシアの海洋安全保障に乗り出したとき、豪州海軍はもう辞めたい、お魚追っかけるのは海軍の仕事ではない、と政府にレターを出していた。

今でこそ日豪防衛協力は格段に進んでいるが、2008年時点では豪州の対日姿勢は必ずしも良好ではなかった。日清戦争以来の豪州の仮想敵国は日本である。白豪主義は「日本人来てほしくない法」だ。
第一次世界大戦で日本帝国海軍に守ってもらったなんて事実はなかった事に!
当時反日ラッド政権であったことも影響した。
だから、豪州海軍は笹川平和財団の動きに強いリザベーションを示したのである。(予約じゃないよ)

自分たちの30年近い努力が日本の民間財団に取って代わられる??
そんな事は断じてあってはならない!
信じられない話だが、PPBPは継続する事になったのである。この継続には紆余曲折があって、私はキャンベラでその実情を観察する事ができたのだ。
豪州政府の王立海軍の、そして法執行機関の実態!
最初は批判的だったのが、同情に変わった。

PPBP、ほとんど役に立っていない。形を若干変えて継続するがその状況は変わらない。豪州海軍がそのことを一番分かっている。例えば、
豪州海軍、魚のことを知らない。
豪州海軍、13,000人程度しかいない。広大な海境を違法移民から守るだけで精一杯。
豪州海軍のカウンターパートである太平洋島嶼国が機能しない。(人員不足、予算不足、法整備ができていない等)


今まで書いてきたPPBPについてリストアップして行きたい。
太平洋島嶼国のEEZ管理の実態として2つ目の博論でもできれば議論したい。


パーセプションギャップ [2010年09月22日(Wed)]
https://blog.canpan.info/yashinomi/archive/163

After Pacific Patrol Boat Program [2010年10月22日(Fri)]
https://blog.canpan.info/yashinomi/archive/184

第8回ミクロネシア大統領サミット [2010年11月26日(Fri)]
https://blog.canpan.info/yashinomi/archive/223

Post-PPBP 報告書の案内 [2011年05月31日(Tue)]
https://blog.canpan.info/yashinomi/archive/362

シップライダーズ [2011年11月21日(Mon)]
https://blog.canpan.info/yashinomi/archive/491

ミクロネシア自由連合協定の終結とPPBPの終結 [2012年04月18日(Wed)]
https://blog.canpan.info/yashinomi/archive/567

豪州のエアパワーが太平洋のお魚を守る!? [2013年05月08日(Wed)]
https://blog.canpan.info/yashinomi/archive/758

今年もKURUKURUの季節がやってきた [2013年10月19日(Sat)]
https://blog.canpan.info/yashinomi/archive/836

やっぱり気になるPPBP [2013年12月25日(Wed)]
https://blog.canpan.info/yashinomi/archive/859

安倍首相の太平洋訪問に向けて(6)小さな島国のEEZは誰が守るのか? [2014年03月04日(Tue)]
https://blog.canpan.info/yashinomi/archive/899

トニーとシンゾー 新たな日豪関係に向けて [2014年04月09日(Wed)]
https://blog.canpan.info/yashinomi/archive/914

PPBPへの予算2ビリオン豪ドル措置ー無駄な努力?造船業界救済若しくは口封じ?ー [2014年07月03日(Thu)]
https://blog.canpan.info/yashinomi/archive/964

PPBPからPMSP へ [2014年07月03日(Thu)]
https://blog.canpan.info/yashinomi/archive/965

クアドからヘクサゴンヘ PPBPの未来 [2014年07月25日(Fri)]
https://blog.canpan.info/yashinomi/archive/974

オールジャパンで守るパラオの海 [2014年09月23日(Tue)]
https://blog.canpan.info/yashinomi/archive/1006

Pacific Patrol Boat Programm [2015年06月12日(Fri)]
https://blog.canpan.info/yashinomi/archive/1220

Palau, Australia participate in bilateral maritime security talks [2015年08月24日(Mon)]
https://blog.canpan.info/yashinomi/archive/1271

「太平洋島嶼国のEEZ管理能力と国際協力の現状と可能性」 [2015年09月06日(Sun)]
https://blog.canpan.info/yashinomi/archive/1283

羽生会長と意見が一致した日 [2016年02月14日(Sun)]
https://blog.canpan.info/yashinomi/archive/1392

Our Ocean 2016 - 豪州ビショップ外相のスピーチ(追記あり) [2016年09月19日(Mon)]
https://blog.canpan.info/yashinomi/archive/1693

パラオの海上保安事業ー燃料支援 [2017年01月02日(Mon)]
https://blog.canpan.info/yashinomi/archive/1825

PPBP空からの監視強化 [2017年07月15日(Sat)]
https://blog.canpan.info/yashinomi/archive/2113
北朝鮮を支える太平洋島嶼国 [2017年09月11日(Mon)]
先週、サモアで開催されていた太平洋諸島フォーラムにパラオ大統領が北朝鮮のミサイル対応のため欠席し、日本で米国関係者と協議、とのニュースをブログにあげたところ多くの問い合わせとアクセスがあった。

北朝鮮とパラオ、そして太平洋島嶼国。一見関わりがない様に見えるが、現在パラオにレーダー設置を米軍が検討しているし、最近になって米国議会が10年近くも保留して来たパラオへの支援金を、国防省の予算を削って拠出することになったのだ。

パラオはじめミクロネシア諸国は戦略的地域として東アジアの安全保障に無関係ではいられない。
マーシャル諸島のクワジェリンにはレーガンミサイル基地がもう20年以上前からある。

ところで、今回の太平洋諸島フォーラムではこの北朝鮮の問題が中心を占めたという報道があった。
報道と事実は必ずしも一致しないので、今後もフォローしたいが、下記のニュージーランド外相の発言は事実だ。

New Zealand to intercept North Korean vessels in Pacific waters
08/09/2017
http://www.newshub.co.nz/home/world/2017/09/new-zealand-to-intercept-north-korean-vessels-in-pacific-waters.html#.WbVL7D9ISa4.facebook

North Korean threat causes security scramble in Pacific Islands
07/09/2017
http://www.newshub.co.nz/home/world/2017/09/north-korean-threat-causes-pacific-island-security-scramble.html#.WbVNsYg5xx4.facebook
Pristine Paradise ー 手付かずの楽園、パラオの観光キャッチフレーズだが、麻薬犯罪などあらゆる越境犯罪の手付かずの場所になっていることがニュージーランド、そして米国から指摘された。(やっと)
そう、犯罪に、違法操業に関与しているのは主権国家である太平洋島嶼国のなのだ。多分、確信犯である。



太平洋島嶼国の十八番である「主権ビジネス」即ちパスポート販売やタックスヘイブン、そして便宜置籍船。これが北朝鮮を支援しているのである。
パラオの便宜置籍船が北朝鮮の貿易に使用されていることは以前書いた。

中国と北朝鮮を結ぶパラオ船籍の船
https://blog.canpan.info/yashinomi/archive/1461

ニュージーランド外相によると、貿易船だけでなく北朝鮮の漁船が、太平洋島嶼国の旗で操業しているらしいのだ。便宜置籍船を提供している太平洋島嶼国政府は「もちろん」知らない(という事になっている)
なぜか?
便宜置籍船ビジネスは、米国のテキサスなど島嶼国の外で行われているからだ。
ニュージーランド外相はインテリジェンスを活用し、未確認の登録を洗い出すと同時に、太平洋島嶼国の監視の緩い空港監視能力も支援するとのことである。

正直ニュージーランド政府のこの様な対応は嬉しい驚きである。今までも知っていたはずである。しかし動かなかった案件なのだ。
日本はニュージーランドのこの動きを支援すべきではないか?北朝鮮の動き、広くは海洋安全保障の情報を把握する事にもつながる。
日本メディアも水産庁叩きをする前に漁獲量のデータすらないであろう、北朝鮮の漁業を取材する方がよっぽど日本のため、世界のためになるのではないだろうか?


James Fanellが語る中国の脅威 [2017年09月10日(Sun)]
Captain James Fanell. 米軍のインテリジェンス将校。本当のことを言って更迭された。話題になっているピーター・ナヴァロ著『米中もし戦わば』は彼に捧げられている、という。(まだ読んでいません)


Panel: Chinese Navy: Operational Challenge or Potential Partner?
January 31, 2013
San Diego, CA



CAPT James Fanell made the remark on China in February 2014 that might have gotten him in trouble.



Panelists discuss China, and the implications of their military power and economic impact.
2014, Feb  上記の全編



【番外編1】中国の沖縄侵略 "Short Sharp War" の日本への警鐘を却下したオバマ:江崎道朗氏出版記念講演『マスコミが報じないトランプ台頭の秘密』


Public Lecture Video (12.20.2016) James Fanell: China’s Naval Expansion and Global Security
「青い太平洋」とボートの腐乱死体 [2017年09月08日(Fri)]
マーシャル諸島の環礁で、3人の腐乱死体がボートで発見された、という。
コロンビア人とメキシコ人。麻薬の運び屋だったのではないだろうか?

Body and ID cards found on boat washed up in Marshalls
7 September 2017
http://www.radionz.co.nz/international/pacific-news/338914/body-and-id-cards-found-on-boat-washed-up-in-marshalls

この記事には2014年にボートで14ヶ月も漂流したメキシコ人がマーシャル諸島で救助されたニュースも掲載されている。
写真を見た時、こんなに太っていて本当に14ヶ月も漂流していたんだろうか?と疑問に思った。


麻薬が太平洋でどのように運ばれるのか、以前読んだペーパーがすぐ出て来ないのだが。
証拠残らないように、小型ボートに乗せて、無人島に落とし、それをまた誰かがピックアップして、という手の込んだ事をするのだ。その時運び屋となるメキシコ人は、ほとんど使い捨て、なのだそうである。


Blue Pacific 青い太平洋 ー 今サモアで開催されている太平洋諸島フォーラム総会のテーマだ。
しかし、このようにあらゆる越境犯罪の無法地帯となっているが「青い海」の現実だ。
北朝鮮のミサイルと太平洋諸島フォーラム [2017年09月05日(Tue)]
昨日ブログにあげた、パラオのレメンゲサウ大統領が太平洋諸島フォーラム(以下PIF)総会参加をキャンセルし、日本に来て米国と北朝鮮のミサイル対応の協議をする話。
PIFのテイラー事務局長のコメントがある記事があった。

テイラー事務局長は下記のように述べている。
「太平洋島嶼国には対応する軍事能力はないが、メンバーの大国が(豪州のことであろう)状況をモニタリングしているし、マーシャル諸島のクワジェリンに追跡基地がある事も認識している。パラオで何が起こる可能性があるかも聞いている。」

“As Pacific countries we don’t have the capacity to be prepared in terms of military. But we do know that some of the bigger countries who are members of the Forum are monitoring the situation very closely. We do know of the tracking station in Kwajalein. We’ve heard of what’s possibly happening in Palau.

今回のフォーラム総会では北朝鮮に関するコメントも採択されるであろう。
私は、パラオの便宜置籍船が、北朝鮮への貿易をしていたことをここで敢えて書いておきたい。パラオ政府に政治的な意図がなくても、法執行が緩い島嶼国のあらゆる主権ビジネスは北朝鮮やテロ、そして違法操業に加担していいるのだ。

中国と北朝鮮を結ぶパラオ船籍の船
https://blog.canpan.info/yashinomi/archive/1461

インターネットギャンブルはパラオで合法
https://blog.canpan.info/yashinomi/archive/1738


(MARIANAS VARIETY) - Palau president to miss Forum meeting due to security issues
Category: Pacific/Regional News
05 Sep 2017
APIA (Pacnews) − Security issues in the Northern Pacific have forced Palau’s President Tommy Remengesau not to attend this week’s Forum Leaders Meeting in Samoa.
The recent threat by North Korea to launch four intermediate ballistic missiles near Guam and U.S plans to install radar in the Pacific nation highlighted Palau’s strategic military value in the region.
President Remengesau is traveling to Japan to discuss security issues with the U.S allies on the looming threats posed by North Korea.
Instead, Vice President Raynold Oilouch is representing Palau at the Forum Leaders Meeting.
Secretary General of the Pacific Islands Forum Meg Taylor confirmed that Remengesau will not be attending the meeting in Apia.
When asked about the Pacific preparedness in dealing with security threats, she said the Pacific has no military capabilities to defend itself from North Korea’s threats.
“As Pacific countries we don’t have the capacity to be prepared in terms of military. But we do know that some of the bigger countries who are members of the Forum are monitoring the situation very closely. We do know of the tracking station in Kwajalein. We’ve heard of what’s possibly happening in Palau.
“As a regional grouping I think we can’t be prepared because we haven’t got the resources or the means of militarization to be prepared,” Taylor said.
Forum Deputy Secretary General Cristelle Pratt said across the world, the Pacific islands are witnessing a rise in nationalism, protectionism and an apparent decline in support for multilateralism as well.
“We are seeing potential security risks emerging for the Pacific due to current tensions around the Pacific Rim such as between the U.S. and North Korea.
“Inequality continues to deepen across the globe and in the Pacific too, which potentially gives rise to economic, social and political instability,” Pratt said.
Pacific Islands Association of Non-Governmental Organization board chairwoman Sarah Thomas-Nedegog said they live with the threats from North Korea every day.
“Certainly as a person born in Guam we are the supposed strategic location of the U.S. in the Pacific and sometimes you don’t really know what that means until you get a threat, like North Korea sees us as a great starter for them in their attacks to the U.S.
“We live with that threat every day. There is not an hour that goes by that I don’t think of what can be happening to my island and whatever happens to Guam affects the Pacific.”
The security threats by North Korea is expected to be raised by Forum member states at the leaders meeting.
48回PIF総会サモアで開催 ー 青い太平洋 [2017年09月04日(Mon)]
21314481_1432035193500810_280208739943325727_n.jpg


第48回PIF総会がサモアで開始されました。
テーマはブルーパシフィック、青い太平洋

このブログに順次気になった記事を記録して行きます。

やしのき やしのき やしのき やしのき やしのき やしのき やしのき 


Forum leaders gather in Samoa
http://www.radionz.co.nz/international/pacific-news/338616/forum-leaders-gather-in-samoa
今回仏領ポリネシアが初参加。PIFテイラー事務局長のは気候変動や海洋問題で重要な役割を務めるフィジー首相が欠席なのは残念とコメント。
日本からは誰が参加するのであろう?

やしのき やしのき やしのき やしのき やしのき やしのき やしのき 


Biketawa declaration needs revision in light of North Korea threats
9:06 pm GMT+12, 07/09/2017, Samoa
http://www.pina.com.fj/index.php?p=pacnews&m=read&o=205724854859b1fb18cb859b5bae63

North Korea threats top U.S-Pacific talks at Forum Leaders Meeting
7:04 pm GMT+12, 07/09/2017, Samoa
http://www.pina.com.fj/index.php?p=pacnews&m=read&o=23347230859b1de985ad95e73e21ee


North Korean threat causes security scramble in Pacific Islands
7:03 pm GMT+12, 07/09/2017, Samoa
http://www.pina.com.fj/index.php?p=pacnews&m=read&o=186080914059b1de5774a5ccb801e1

U.S territories cannot be a member of the Forum
7:00 pm GMT+12, 07/09/2017, Samoa
http://www.pina.com.fj/index.php?p=pacnews&m=read&o=30025159059b1ddaca1036434dd22d

Influence of France and China in Pacific sets scene for top level talks
6:55 pm GMT+12, 07/09/2017, Samoa
http://www.pina.com.fj/index.php?p=pacnews&m=read&o=32960643759b1dc680cd318aa373ac

Cooperate against illegal fishing
6:47 pm GMT+12, 07/09/2017, Samoa
http://www.pina.com.fj/index.php?p=pacnews&m=read&o=196257104159b1da7fcd5cf27e71b2

Cooperate against illegal fishing
6:47 pm GMT+12, 07/09/2017, Samoa
http://www.pina.com.fj/index.php?p=pacnews&m=read&o=196257104159b1da7fcd5cf27e71b2
IAEA原子力技術が太平洋島嶼国を救う? [2017年08月07日(Mon)]
eight_col_iaea.jpg


IAEA signs deal with Pacific Community
http://www.radionz.co.nz/international/pacific-news/335990/iaea-signs-deal-with-pacific-community


Nuclear Technology to Help Pacific Islands: IAEA Director General
https://www.iaea.org/newscenter/news/nuclear-technology-to-help-pacific-islands-iaea-director-general


Innovative Partnerships for Sustainable Development
https://www.iaea.org/newscenter/statements/innovative-partnerships-for-sustainable-development

newcaledonia6481.jpg


国際原子力機関事務局長、天野氏が70周年の迎える太平洋共同体事務局の総会(ニューカレドニア、ヌーメア)に出席。
原子力技術で太平洋島嶼国を支援する(している)とスピーチし、さらなる協力に署名した。
原子力技術が、太平洋島嶼国が抱える海洋問題、水問題、食糧の安全確保、さらには健康まで支援する、という。


太平洋島嶼国といえば、原子力である。
ビキニ、ムルロアを始めとする核実験。日本は80年代核廃棄を提案し袋だたきにあった。。。
現在の島サミットの背景には90年代初頭から開始したプルトニウム輸送への反発を押さえる意図があった。
通称ラロトンガ条約と呼ばれる南太平洋非核地帯条約もある当該地域は原子力へのアレルギーが強いはずである。
天野事務局長のSPCでのスピーチの件はラジオニュージーランド以外あまりニュースになっていなさそうなのだが。。 これも来年の島サミットの目玉になる?
クック諸島のメガ海洋保護区マラエ・モアナ法成立 [2017年07月28日(Fri)]
Cook Islands Approves Largest Multi-Use Marine Park In The World
Submitted by PIR Editor on Thu, 07/13/2017
http://www.pireport.org/articles/2017/07/13/cook-islands-approves-largest-multi-use-marine-park-world

かれこれ5年位協議が続いていた、クック諸島のメガ海洋保護区法案、マラエ・モアナ法がこの7月に成立した、というニュースです。

クック諸島は太平洋の中でも広大な約200万㎢のEEZを持ち、それは陸地面積の約1万倍にもなる。

15ある島の50海里までは外国船の商業漁業を禁止。(UNCLOS62条は大丈夫ということか?)
マルチユースの海洋保護区。(法執行、監視は?)
これから政府がプランを作る。観光も含め。(でもEEZを見たことのあるクックアイランダーっていないと思うよ)



(ああ! だから最近中国の高官と広州の水産業者が来たのか!日本は何もしない?)
<以前書いたブログ>
中国の太平洋漁業進出
https://blog.canpan.info/yashinomi/archive/2115


このクック諸島の広大なメガ海洋保護区が重要なのは、お隣のニューカレドニアのEEZとつながっているからである。今回のクック諸島の動きはフランス政府も見守って、もしくは関与しているはずである。興味深いのは、海洋保護区の動きに必ずしゃしゃり出るピューが一言もない点だ。
下記のコンサベーションインターナショナルが書いているだけだ。想像だが、ピューはクック諸島から追い出されたのはないだろうか?ニュージーランドマオリもケルマディック海洋公園の件でピューに謝罪させたし。。 ( https://blog.canpan.info/yashinomi/archive/1698 )


Cooks Parliament passes Marae Moana bill
14 July 2017
http://www.radionz.co.nz/international/programmes/datelinepacific/audio/201851014/cooks-parliament-passes-marae-moana-bill


Conservation International Statement on Cook Islands’ Legislation of Marae Moana, the World’s Largest Marine Park
7/17/2017
http://www.conservation.org/NewsRoom/pressreleases/Pages/Conservation-International-Statement-on-Cook-Islands’-Legislation-of-Marae-Moana,-the-World’s-Largest-Marine-Park.aspx
海洋安全保障研究会 [2017年07月07日(Fri)]
最近、
「渡辺昭夫先生って一時笹川平和財団に関わってたんですよ。」
なんて年下の方から聞かされて、
「えっ! それは私が呼んできたの。2つ目の修士の指導教官だったし、財団に推薦したらOKが出て、頼みに言って、二つ返事をもらったの!」
という、なんか自分が化石になったような状態が続いている。。

海洋安全保障研究会、もそうである。
2008年ミクロネシア海上保安事業を立ち上げる事に成功した。きかっけは笹川会長の「正論」である。そしてミクロネシア3カ国の地域協力枠組み、即ち大統領サミットを活用する事を提案し、半年も経ずに、事業の立ち上げに漕ぎ着けたのである。

その際、笹川平和財団は過去に海洋問題を扱った事がなかったので、研究会を立ち上げる事を提案。これも事業化した。
しかし、当初事務局をやるように言われていたのが、いつのまにか国交省退職者とか、海洋問題なんか関心がないからこの事業早く終わりにしたい、と言う財団職員のおねんさんが担当し、なんだか訳のわからない状況で消えてしまった。

何回か開催した研究会でお会いした国内国外の海洋安全保障研究者や政策担当者とは今でも連絡があり、学会などでお会いしたり、情報・意見交換をさせていただいている。

だから「笹川平和財団に海洋安全保障研究会というのが昔あって。。」って私に言わないでください。それ発案したのは私です。運営もやりたかっけどねえ。


| 次へ