• もっと見る
Main | 日本数寄»
プロフィール

早川理恵子博士さんの画像
早川理恵子博士
プロフィール
ブログ
<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Google

Web全体
このブログの中
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
2015年の総括(2)ー 近現代史を学ぶ [2015年11月13日(Fri)]
2015年の一年の計を何にしたか忘れてしまったが、新年の天皇陛下のご感想(新年に当たり)を拝読し、2014年に続き近現代史を学んで行こうと思ったのは覚えている。

幸運な事に、民主党の近現代史研究会というのを近所の方に教えていただき、筒井清忠教授の講演や文書に触れる事ができた。
もし近現代史を知る推薦図書というのがあれば 筒井清忠著『近衛文麿ー教養主義的ポピュリストの悲劇』をあげたい。

それから、矢内原忠雄、新渡戸稲造を引き続きつまみ食いで読んでいる。
先行研究を探しているが、どうも「植民」=悪、東京裁判史観の論文ばかりのようで、まともなのがないか引き続き探してみたい。

今財団業務で扱っている「海洋」の問題もこの近現代史と繋がってくる。
人種差別法案で、米国にも豪州にも行けなかった日本人が開拓したのが太平洋の海なのである。
遠洋漁業だ。
これが欧米諸国に脅威となり、EEZが生まれる原因ともなったのだ。

「ブリストル湾事件ー it’s not just about fish!」
https://blog.canpan.info/yashinomi/archive/854


このブログのおかげで多くの「知識人」と出会える結果となった。
安倍総理の70周年談話を巡って、東京裁判史観ではない、近現代史の研究の動きがあるように見える。2016年の計を決めるのはまだ早いが、近現代史は今の日本、世界と向き合うのに必要な知識であるので、引き続き勉強したい。

しかし、筒井先生が言うように、近現代史あまりにも複雑な歴史なので「陰謀論」が出回っているようなのだ。ウェッブを見ても、右左関係なくどこまでが空想で、どこまでが事実かわからない情報が氾濫している。


2015年の総括(1)ー 笹川陽平会長との出会い [2015年11月10日(Tue)]
一年間の総括にはまだ早いが、博論を書き終えたので(まだ校正が残ってますが)気持ちは総括に向かっている。
年寄り母さんの一年はそれなりに波瀾万丈であった。

書けない事ばかりなのだが、この一年ずっと思ってきたのが笹川陽平会長の事である。
もう25年笹川会長の下で働かせていただいている。
これは「灯台下暗し」「お家にいた青い鳥」ではないが、改めて感謝したい事である。
人生の価値や幸福というのは、色々あると思うが一つは人との出会いであろう。
人がいて始めて自分の存在を確認できるのである。よって短い人生で誰と出会えたかが人生を大きく変える、と思う。
笹川陽平会長と出会えた事を、感謝したい。
博論は笹川陽平会長とフィジー初代首相のカミセセマラ閣下に捧げる事とした。

あんまり書くと、また国交省や海保のお役人に「胡麻スリ」と中傷されるかもしれないが、笹川陽平会長は努力の人なのだと思う。
最初10回しかできなかった腕立て伏せを毎日やって50回できるようになったという。
この継続の姿勢は業務にも現れている。
実はこの25年間、常に島嶼情報を「早川女史へ」という手書きのメモと共にくださったのは、笹川会長だけなのである。
財団でそう言う事してくれる人は誰もいないのである。。
このブログを始めよ、とアドバイスいただいたのも笹川会長である。
https://blog.canpan.info/sasakawa/archive/2382
フツー東大出のおじさんは、女で年下で、しかも音大出の当方の情報なんか馬鹿にして聞かない。。。

逆鱗に触れて何度か怒鳴られた事もあるが、今思い起こすと、青い鳥は最初から目の前にいたんだなあ、と改めて25年を振り返った2015年であった。
エビ捨てモロジー 認識論 [2015年11月05日(Thu)]
Epistemology 認識論
は 「エビ捨てモロジー」 と覚えればいいんだと「発見」した。

KJ法の論文を読みながらふと思い出した件である。


最近、羽生会長への報告の中で、「当方の憶測ですが、」とか「当方の勘ですが、」と正直に書く様にしている。
事実だけで報告できない。ジグソーパズルのパーツだけ集めて報告できない、という事だ。

世の中にある情報のほとんどが「勘」とか「憶測」で占められていることを鑑みれば、また当方の「勘」や「憶測」の部分の報告を会長には無視する選択がある、と思えば、躊躇わず、しかし慎重に自分の「勘」や「憶測」を盛り込むのもいいのではないか、と最近考えるようになった。

本件に関係し苦い思い出がある。
財団で最初にインターネットを使い始めたのは自分である。当然回りからの誹謗中傷の的になった。
ある日、理事長に呼ばれた。
「なにやってるんだ?」
「インターネットです。」
「なんでだ?」
「これからはインターネットです。」
「なんでだ?」
「勘です。」
「バカヤロー!お前の勘で仕事ができるか!」と怒鳴られたのである。

勿論その後の世界はインターネット一色でした。
友人からは
「バカだな。みんな勘で仕事してても普通は言わないんだよ。」
とアドバイスされ、勘で仕事をしている事は微塵たりとも言わないようにした。



この「エビ捨てモロジー 認識論」は結構好きな分野なのだ。
KJ法の論文に戻ろう。

黒豆の悲劇 [2015年11月03日(Tue)]
黒豆茶が体によいと聞いて、大量に買い込んでしまっておいた。
一袋600円もするのを10個位購入。
一袋の中には小分けにされた黒豆が14袋入っている。

大事に大事に飲んでいたら、賞味期限が10月10日である事がわかった。
確認したところまだ3袋もある。(14x3=42袋)

それで思いついたのが黒豆の甘煮。
よく熱を通してお砂糖で煮ればしばらく食べられるだろうとの浅知恵。

袋から取り出した黒豆は結構な量になった。
ここに、これも大事に仕舞っておいた、黒糖を入れて、お醤油少々。
生まれて始めての黒豆の甘煮作りである。
レシピには3、4時間とあるが、焦がすといけないので、お鍋の横でじっと見張っていた。

その内、メールの返事か何を書いている最中に焦がしてしまったようなのだ。
黒豆は黒いので一見焦げたかどうかわからない。
しかし味見をすると苦い。

こうして黒豆さんたちは(600x3=1800円)、ゴミ箱に捨てられる事になったのです。


母親自慢大会 [2015年08月27日(Thu)]
我が娘は、お嬢様学校へ行っている。

両親の自慢大会があったようである。

「私のお父さんは会社社長、お母さんが弁護士。あなたんとこは?」
「私のお父さんは考古学者。お母さんはムニョムニョ。」

私「 ”ピアニスト”って言ったでしょうね。」
娘「ムニョムニョ。言ったよ。」」
私「スゴーイ!って言われなかった?」
娘「私のお母さんはササカワピースフォウンデーションで働いていてお母さんのボスは日本のプライムミニスターのフレンド、と言った驚いてたよ。」

これはショックでしばらく立ち直れなかった。
なぜここ数年ピアノを一生懸命練習して来たのか?
偏に娘に「私のお母さんはピアニスト」と自慢させたいがためであった。
娘の友達が来る度にわざとらしくピアノを弾いたりした努力はなんだったのか?(涙)


確かに記憶がある。笹川会長のブログを良く見ている母親のPCを覗き込んで
娘「誰、この人?」
私「お母さんのボス。」
娘「有名なの?」
私「(色々説明するのが面倒だったので)日本のプライムミニスターのフレンドよ。」
と以前説明した記憶がある。

笹川会長と安倍総理がお友達かどうか実は知らない、が検索したら下記の首相動静に証拠らしきモノがあった。娘への説明は全くの根拠がないわけでもなさそうで、とりあえず安心した。


首相動静(8月16日)
午後6時3分、同県鳴沢村の笹川陽平日本財団会長の別荘着。茂木敏充同党選対委員長、萩生田光一同党総裁特別補佐、西村康稔内閣府副大臣、加藤勝信官房副長官、日枝久フジテレビ会長、笹川会長らと食事。
首相動静(8月17日)
 午前6時36分、山梨県鳴沢村の別荘発。
 同40分、同県富士河口湖町のゴルフ場「富士桜カントリー倶楽部」着。茂木敏充自民党選対委員長、笹川陽平日本財団会長、日枝久フジテレビ会長らとゴルフ。
 
情報収集 [2015年07月23日(Thu)]
私は、羽生会長から、財団で一番仕事ができる、と評価されているのである。
その割には、お給料は上がらない。イヤ、自由研究費200万円を一度もらったことあります。

なんでそんなに評価されるのか不思議だったが、他の人といっしょに出張などすると、目を覆うばかりの素人業務で、私がフツーにやっている事が特殊だった事がわかってきた。

みなさん、アポを取った人としか情報交換、情報収集しないのです。
情報とは、世界とは言わずもがなだが多様である。複雑に絡まり合っている。
少なくとも、ある件について、それを支持する立場、反対する立場、そして中立の立場の3点から情報を集める必要がある。
なので、私が一人で行う出張はアポが芋ずる式になって、観光をする時間なんかない!

一番重要なのは、反対の立場、反対の意見を把握する事である。
そこには人間関係、政治も絡んで来るのだ。特に島社会は人間関係が近い。
メディアの情報な貴重だが、偏っているのが常道だ。
うわさ話も貴重な情報である。以前利用したタクシーの運転手さんは偶然にも海洋警察官だった。
「エッ、ウッソー、ホントウ?」と相づちを打てば、一見利害関係のなさそうな日本人のおばさんに色々話してくれるのである。

集めた多種多様な情報をジグゾーパズルのように合わせて行くのだ。
勿論情報操作、プロパンガンダも忘れてはいけない。これはPEW, SSに学ぶところが大きい。


反抗期ー老荘思想 [2015年07月23日(Thu)]
母「何怒っているの?」
娘「怒ってないもん」
母「顔に書いてあるよ。怒ってる、って。」
娘「お母さんには私が何を考えているかわからないの。」
母「(はっ、これは老荘思想の知魚楽だ。)今あなたはお母さんがあなたが何を考えているかわからない、と言ったよね。つまりあなたはお母さんがわからない、と言う事がわかったわけ。」
娘「何を言ってるかぜんぜんわかんない!」
母「これは3千年前の中国のフィロソファーの会話である。即ちあなたがおかあさんがわからない、とわかったように、お母さんもあなたが怒っているってわかったワケ。」
娘「(しばし無言)、なんで怒っているか知ってる?」
母「知らん。(もうどうでもいいけど)教えてえ」

母に対する信頼は揺らいでいるようだが、”3千年前の中国のフィロソファー”は効果があったようである。
この線戦略、頑固な上司対策に応用できそうである。
反抗期 [2015年07月23日(Thu)]
娘は反抗期である。

母「早く掃除しなさい。」
娘「やだ、やりたくない。」
母「あ、反抗期だ、反抗期だ、ワーイ」
娘「反抗期じゃないもん」
母「いいのよ、反抗期を通じてアイデンティティが確立されるんだから、反抗しなさい。
娘「反抗期じゃないってば。掃除する。」
母「(シメシメ)」

右と言えば左、と言うのだ。
右と言わせたければ、左と言えばよいのだ。
この戦略、やたらと反発する上司等にも応用できます。
初音ミク [2015年02月21日(Sat)]
娘がはまっている「初音ミク」。
やっとコンピュータアイドルである事がわかったが、なんと世界ツアーをしている事も最近知った。
ニューヨーク、ロス、インドネシア。。。 
それもすごい観客数。で観客が手にしているトーチはミクの好きな「長ネギ」なんだそうである。(日本の長ネギを「ミク」ブランドで世界に売り出そう!)

集団的自衛権は?海洋安全保障は?日本は大丈夫だろうか?急に不安になってきた。

イヤ、こういう技術、想像力と創造力、そして平和(ボケ?)思考、おたく文化等々が日本の強さなのかもしれない。老荘思想の「胡蝶の夢」が日本人には自然と身に付いているのかも?



ブラジルで紹介される初音ミク



フランスで紹介される初音ミク


FOXニュースで紹介される初音ミク


LAで紹介される初音ミク


インドネシアでも。


で、今このダンス練習しています。
ジャスティン•ビーバーの靖国参拝問題 [2015年01月26日(Mon)]
娘につき合って、一昨年はジャスティン•ビーバー

Unknown.jpeg


昨年はケーティ•ペリーのコンサートに行った。

images.jpeg

二人とも単なるポップスターではなくて、曲も歌詞も自分で作る。歌唱力もあってなかなかだが。

「お母さんの時代はね、Kiss, Queen, Princeよ」

Unknown.jpegimages.jpegimages-1.jpeg

「え、キモワル。」
「た、確かに見た目はキモワルイが、音楽は断然こっちの方が。。」


ジャスティンもケティも日本びいきらしい。
お母さんの時代にはなかった、欧米ポップスターを巡る反日活動を見る事ができた。

ジャスティンは家族で日本旅行中に靖国神社を訪ね参拝。それをツイッターに掲載したところ、中国、韓国のファンから轟々と非難の嵐。そのツイッターは消して、「韓国も中国も愛してるよー」というメッセージを載せたようである。

ケティは、日本のキャリー•ぱみゅぱみゅのファンでもあり、和服でステージに立ったところ、これも中韓からの非難の嵐、だったようだ。

このような現象はお母さんの時代にはなかった。
お母さんの時代の日本のファン、と言えば小野洋子さんと結婚したジョン•レノンだろうか。ジョンも小学校の頃からのファンで、日比谷の追悼集会にも行きました。ジョンが日本びいきだからと、中国、韓国から叩かれた話は聞かない。


| 次へ