CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«シンポジウム「島と海」・Symposium “Islands and Oceans” | Main | パラオの不発弾処理»
プロフィール

早川理恵子博士さんの画像
早川理恵子博士
プロフィール
ブログ
<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Google

Web全体
このブログの中
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日本、無人機による太平洋監視システム構築へ [2013年09月28日(Sat)]
昨日のニュース。

ー日本、無人機による太平洋監視システム構築へー
”日本は無人飛行機を利用して太平洋を広域的に監視するシステムを構築する構えだ。27日、小野寺五典防衛相が発表した。”
http://japanese.ruvr.ru/2013_09_27/122014523/
The voice of Russia 2013.9.27

日本のEEZを無人機で、というのなら驚かないが、「太平洋を広域的に監視する」という箇所が気になる。日本語のニュースはあまりなくて英語の方がロイター等々多く出回っているようだ。

Defense minister says Japan needs to bolster surveillance over Pacific
http://ajw.asahi.com/article/behind_news/politics/AJ201309270054
The Asahi Shimbun

Japan Defence chief: Need to bolster surveillance over Pacific
http://www.reuters.com/article/2013/09/27/us-japan-defence-idUSBRE98Q05Q20130927
Reuters

Japan seeks to expand its surveillance to Pacific Ocean
http://www.scmp.com/news/asia/article/1319310/japans-defence-chief-vows-updated-military
South China Morning Post

小野寺防衛大臣のコメントで Pacific Oceanが出て来る。これはどこまでカバーしているのか。
"So far, we have been conducting routine surveillance activities in such areas as the Sea of Japan and the East China Sea. When we think about our marine-related interests, we need to conduct surveillance over the Pacific Ocean as well."

地球の表面約3分の一を占める広大な太平洋。しかも、小国がそのほとんどのEEZを保有し、監視能力は十分ではない。実質的な太平洋の覇権者、米豪仏にとって課題である。
奇しくも明後日、太平洋の島国で違法操業監視を目的としたドローンのデモンストレーションが実施される。

小野寺防衛相の言う”Pacific Ocean” 太平洋すべてとは言わないが、せめてミクロネシア3国はカバーしてほしい。
海洋監視に関する日本と3カ国の協力関係の下地は、既に日本財団と笹川平和財団が2008年より整備している。
コメントする
コメント