CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«『シュリーマン旅行記 清国・日本』 | Main | We Hold These Truths (WITH INTRO)»
プロフィール

早川理恵子博士さんの画像
早川理恵子博士
プロフィール
ブログ
<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Google

Web全体
このブログの中
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
大統領の殺し文句 [2013年09月16日(Mon)]
25年近くも太平洋で仕事をしていると、普通ではできない経験をする。

例えばオークランドのホテルのロビーで、某島嶼国の国王から
「お、リエコ、こんなところで何をしている。?笹川会長はお元気か?」
と呼び止められ夕食をごいっしょする事になる。

ミクロネシアのある空港で、ばったり某島嶼国の前大統領に会うと
「リエコ元気か。笹川会長はいかがか?」なんて話になってしまう。


自慢話に聞こえるだろうからあまり他人には話さないが、人口数万人の小国とはいえ、大統領は大統領、国王は国王である。
名前を覚えていただいて、呼び止められる事を嬉しく思わない訳はない。
しかし、その後が気が重い。とてつもない宿題を出されるのだ。

最近も某島嶼国の大統領と直接お会いする機会に恵まれた。
おじさん、おばさんに相変わらずイジメられています、とこぼしたら、
「少なくとも4年間、僕の任期中は辞めたらだめだからね。」
と言われた。
外交辞令とわかってはいるが、素直に嬉しい。イジメに耐え頑張ります、という気持ちになる。 
その次にお会いした時は、
「リエコ、君が来ると千歩進んだような気がするよ。」
これ、裏を返せば千歩進めろ、という無言の圧力。
これも期待されている、と素直に喜び、千歩進めなきゃ、という気持ちなる。

大統領の殺し文句。
きっと他の人にも言われていると思うが、こんな経験はそうそうできなから、素直に受け止めて、頑張るしかないよね。
コメントする
コメント