CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«日米豪のシーパワー | Main | パラオに大型台風が接近中»
プロフィール

早川理恵子博士さんの画像
早川理恵子博士
プロフィール
ブログ
<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Google

Web全体
このブログの中
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
ICT4Disaster 災害へ向けたICTの利用 [2012年11月23日(Fri)]
 2011年、3月11日の東北の津波災害は世界中に大きな衝撃を与えた。
これに対応すべく災害関係の支援案とそれを関連する予算が、太平洋島嶼国で大きく動いている。

 広大な海洋に囲まれた小さな島々、太平洋島嶼国にとって日本の災害は人ごとではなく、多くの国際機関が支援を始めている。日本のODAの割合も大きいはずである。

 ICTと災害。ICT4DのDは通常「開発」を示すが、もう一つの:D"、ICT4Disaster
 太平洋島嶼国の政府内に、またSOPAC等の国際機関に災害局が新たに設置され、災害対策のための新たなICT計画が模索されている。

 今、フィジーのJapan-Pacific ICT Centerで開催されているICT関係の会議に参加し各国の取り組みを聞いているが、絵に描いた餅のように思える。
 東北の津波災害。電気も、電話回線も、そして政府、公共機関が機能しない状況で人々に情報を提供したのはローカルラジオではなかったか?
 しかし、ラジオの件は一切出て来ないので、日本の経験として発言した。

 なぜラジオの有効性が伝わらないのか?
 ODAの、企業のうまみがないからではないだろうか?
 古く、単純な技術で、一つ数千円で入手できるラジオは経済的、研究開発の観点からもうまみがないハズである。

 人がICT を利用するのではなく、ICTが人を利用している、即ち手段が目的化している典型的例である。当方の発言を聞いてUNDPの方が声をかけてくれた。UNDPも今政策案をまとめている最中で、ラジオの位置づけを検討しているらしい。残念ながら日本の経験は伝わっていないようだ。


 日本財団のラジオ支援。
 笹川会長のブログのリンクを張っておく。英語があれば島嶼国の方々と共有したいのでご教示ください。

災害放送局とラジオ配布

臨時災害放送局の設置 その評価


総務省も報告書を出している。
災害時における情報通信の在り方に関する調査結果(概要) 平成24年3月7日 総務省

究極の情報発信。
石巻日日新聞(壁新聞)
コメントする
コメント