CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«沖縄海兵隊マリアナ移転を妨害しているのは中国だ! | Main | 福田ドクトリンとにっぽん丸»
プロフィール

早川理恵子博士さんの画像
早川理恵子博士
プロフィール
ブログ
<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Google

Web全体
このブログの中
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
ファネル大佐の中国の脅威に対する7つの提案 [2018年06月23日(Sat)]
5月17日、米国情報特別委員会でのジェームズ・ファネル大佐の証言。詳細な報告と7つの提案が盛り込まれた60ページの報告書が同時に提出されていた。

米国情報特別委員会公聴会:中国軍事拡張に対するファネル大佐の警告
https://blog.canpan.info/yashinomi/archive/2552


China's Global Naval Strategy and Expanding Force Structure: Pathway to Hegemony
Testimony by Captain James Fanell (USN, Ret.)
https://intelligence.house.gov/uploadedfiles/james_e._fanell_hpsci_testimony_-_final_-_17may18.pdf


「一帯一路」の前は「海洋シルクロード」と言う名称であった。まさに海洋支配を中国は目指しているのだ。それが証拠に下記の港を抑えている。

豪州、カンボジア、インドネシア、マレーシア、ブルネイ、ミャンマー、バングラデシュ、スリランカ、パキスタン、ジプチ、タンザニア、モーリシャス、ナミビア、ギリシャ。
そしてさらに、モルジブ、スカンジナビア、グリーンランドと交渉を開始している。(バヌアツも?)


全部読めていないが大事な7つの提言のポイントを下記に。
(ファネル大佐の提案はもっと複雑です。思い切ってポイントを絞りましたが、私の独断と偏見ですので是非原文をご参照ください。)

提案1:米国の対中国政策文化を変質させよ。さもないと中国が海洋世界を管理するようになる。
提案2:中国の情報戦に対応できる能力強化せよ。予算、人材共に。
提案3:台湾に米国海軍を寄港させよ。ファンファーレ抜きで。
提案4:米国海軍のコミットメントを目に見えるように示せ。
提案5:より強固なパブリック海洋インテリジェンスオペレーションを実施せよ。(なんで南シナ海に人工島を作ることを許してしまったのか?と言う反省に則って)
提案6:naval nuclear deterrence operations (海洋核抑止活動)の強化
提案7:海軍を拡大、強化せよ。355隻がさらに必要である。
コメントする
コメント