CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«島サミット特集:フォローアップ提言 | Main | ジャパタイのフェイクニュース?ー ヤップ島と日本»
プロフィール

早川理恵子博士さんの画像
早川理恵子博士
プロフィール
ブログ
<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Google

Web全体
このブログの中
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
博論ーロシアインテリジェンスがダウンロードか? [2018年06月05日(Tue)]
オープンアクセスにしている一つ目の博論。
どこからダウンロードされているのか統計が出る。
1年少しで合計600回近くダウンロードされているのだ。

以前からロシア・中国からもダウンロードされていて驚いていたのだが、先日見たら、米国(111)に次いでロシア(56)からのダウンロードが2位。
ロシアのスパイか、研究者か、それともITオタクか?

私の博論は太平洋島嶼国をめぐる衛星通信政策なので、理論枠組みで応用した開発論の議論は自信はないが、そのデータ、情報は結構貴重だと自負している。安全保障のトップレベルの、ハイポリティカルな情報ばかりである!
やっぱりロシアのインテリジェンス関係者のアクセスではないだろうか?


https://ourarchive.otago.ac.nz/handle/10523/7139/stats より
File downloads
United States 111
Russia 56
Fiji 46
Japan 35
Vanuatu 34
China 28
Papua New Guinea 26
Germany 24
France 23
New Zealand 23
コメントする
コメント
インテレジェンスだと思いますよ。中国がロシア影響下の北極海に進出しようとしてるから、逆に太平洋について情報収集しているのでは?
Posted by: インド太平洋  at 2018年06月05日(Tue) 13:29