CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«中国はどのように海洋法を理解しているのか? | Main | UNCLOSと新国際経済秩序イデオロギー(読書メモ)»
プロフィール

早川理恵子博士さんの画像
早川理恵子博士
プロフィール
ブログ
<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Google

Web全体
このブログの中
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
お金持ちやセレブは環境問題のプロか? [2018年03月28日(Wed)]
ocean5.png

世界のセレブとビリオネラー。詐欺集団にしか見えません!


海洋問題を積極的に発信しているので、多くの質問をいただく。
下記はなんでロックフェラーが日本の漁業に口を出すのか?と質問をいただいて知った記事である。

東京五輪に向けて問われる「食料調達」の深刻な現実
https://forbesjapan.com/articles/detail/18592

記事ではロックフェラー一族の第4代当主に選ばれたディビッド・ロックフェラーJr.の言葉を紹介している。

「日本人はこんなに魚が好きなのになんで資源を大切にしないのだろう」


そしてこの記事を書いた井植美奈子さんは安倍総理夫人のご友人なんだそうである。よってこの記事にはセレブの名前が並ぶ、が海洋専門家の名前はない。またイエロージャーナリズムの情報はどんどん出て来るが、海洋専門の情報はない。この井植美奈子さんのご経歴をウェブ検索しても海洋に関するバックグラウンドが確認できない。

もう一件、井植美奈子さんの記事があったので読んで見た。

「ケネディ前大使が語った「ゴミは中国、漁業は日本よ」の意味とは」
2017/10/12

この記事も同様な内容でまたセレブだ。専門情報が何も議論、紹介されていない。
「ここで注目されているのは、世界のセレブたちの動きだ。
レオナルド・ディカプリオは海洋環境に特化した財団Oceans 5に加盟した。イギリスのチャールズ皇太子やモナコのアルベール皇子は海洋経済発展への提言し、欧米ではすでに政府主導の海洋環境保護への取り組みやNGO、財団による活発な活動が展開されている。」


ここに書かれているOcean5。非常に怪しいセレブ、ビリオネラー組織だ。実はパラオ政府からこの件で相談を受けているところである。
Ocean5 ー 日本とも事業をしているとウェブにあるが日本のカウンターパートのGR Japanでは「欧米の取り組みを紹介する」だけでGR Japan自身が専門性があるように見えない。
http://oceans5.org/project/combatting-iuu-fishing-in-japan/


しかしこういう記事をそのまま信じてしまう一般読者を私は笑えない。今では詐欺集団にしか見えないセレブ、ビリオネラーの集団Ocean5の面々を、4、5年前まで、即ち魚の事を知らなかった時、なんとなく「すごい!」と思って見ていたのだ。


このブログを書くためにウェブサーチして見つけた情報。
このロックフェラーの組織に日本財団が4千万円以上助成している事だ。大丈夫だろうか?

■実施事業
2016
「ブルーシーフードガイド」海洋環境保護教育プログラムの普及活動と魚食教育(海でつながる) \16,400,000
2016
海洋環境に関する日米国際シンポジウム
\15,000,000
2015
「ブルーシーフードガイド」海洋環境保護教育プログラムの普及活動と魚食教育(海の日サポート)
\9,690,000

合計 \41,090,000


<関連ブログ>
セレブリティ外交と海洋法
https://blog.canpan.info/yashinomi/archive/2088

海洋法とセレブリティ・ディプロマシー
https://blog.canpan.info/yashinomi/archive/2200

Global Ocean is Swarming with Money 海洋に群がる大金
https://blog.canpan.info/yashinomi/archive/1082
コメントする
コメント