CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«我が家の一条憲法 One-article constitution! | Main | 『日本−その問題と発展の諸局面』(7)»
プロフィール

早川理恵子博士さんの画像
早川理恵子博士
プロフィール
ブログ
<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Google

Web全体
このブログの中
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
フィジー、英国が持ち込んだ病原菌 [2016年05月31日(Tue)]
フィジーの問題に、人口の半分を占めるインド人との対立がある。

このインド人移民。英国植民地時代にサトウキビ労働力として連れてこられたとしかしらなかった。
著名なインドフィジー人の講演を聞く機会があり、この背景を今日始めて知った。

1874年、フィジーは英国の植民地となった。
そして翌年、なんと先住民の人口の3分の一が麻疹などの伝染病で死んでしまったのだ。
英国人の病原菌の恐ろしさよ。
豪州も米国の先住民の80%が死亡しているが、そのほとんどが伝染病であるとオックスフォード大学の教授から伺った。
しかも!その病原菌は植民者(英国人)が意図して散撒かれたのだそうである。
フィジーはどうであったのか?怖くて聞けない。

フィジーのインド人労働者はその穴埋めでもあったわけだ。
1879年から始まったインド人の労働移民は6万人。4.5万にんが北インドから。1.5万人が南インドからだでそうある。
そしてこの労働移民制度が終了した1916年以降もインド人は母国に戻らずフィジーに留まり、人口の半分を占める事となった。


追記
このフィジーの1875年の麻疹流行は有名な話のようだ。
関連サイトがかなりある。亡くなったのは4−5万人。
下記のサイトは一番簡潔だが、誰が書いているのかもわからず。
http://measlesinfiji.weebly.com/
コメントする
コメント