CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「建国の事情と万世一系の思想」(追記あり) | Main | 『日本−その問題と発展の諸局面』(6)»
プロフィール

早川理恵子博士さんの画像
早川理恵子博士
プロフィール
ブログ
<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Google

Web全体
このブログの中
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
ブログやしの実通信について [2016年05月30日(Mon)]
2010年3月に開始したこの「やしの実通信」ブログも6年が経ちました。
アクセスはぐんぐんと伸び、現在は毎日一千件前後のpage view をいただいています。
有難い事です。また継続の励みになります。
今、多彩な方が観ていただいていると思いますのでこのブログがどのように始まったのか書いておきます。


2つの原点、出発点があります。

1つ目は2008年4月に、羽生二郎副会長(当時)に呼ばれて「太平洋の島の事を教えて欲しい」と依頼された事です。
呼ばれたと言っても事務所内で呼ばれたわけでなく、財団事務所のある日本から遥かかなた、オーストラリアに直接電話がかかって来て、すぐ来い、と呼ばれたのです。

東大出の元国交省vice ministerに教えるんですから(しかも国立音大生が!)ただ事では済まされません!業務指示でもあるから力が入りました。
メールで色々情報を提供してたところ、翌年笹川会長からブログを立ち上げろ、とのお達しが。
これがこのブログの出発点です。
よって今でもこのブログのメイン読者は笹川会長と羽生会長と思って書かせていただいています。時々指示があるので当方の思い込みではありません。
笹川会長からは、定期的に書け、短めに書け、自分の意見は入れずに事実を粛々とまとめろ、どんどん広報せよ、と細かい指示をいただいております。そしてこれは指示ではないのですが、エロ話を書かないと読者は増えん!という秘伝までいただいております。


2つ目の原点は25年前、当方が財団に入った時です。
当時笹川平和財団はあまり広報をやっていませんでした。広報の基本ニュースレターさえありませんでした。
NGOの真髄は広報!当方は財団に入る以前に青年全国組織(総理府系、皇室外交の一翼を担う組織です。)の幹部として組織運営の経験があったので、すぐに「ココナッツ通信」というニュースレターを創刊。これがこのブログのもう一つの原点です。
財団に入ってから最初にいただいた業務指示が「自由奔放にやってくれたまえ。」
指示通りにやらせていただきましたが、お局様の非難にあって昼休みに作っていた歴史もあります。
財団全体のニュースレターはその数年後に創刊。

基金ニュースレター「ココナッツ通信」は基金事業を中心に情報を発信していました。これに加えウェッブで「やしの実大学」という太平洋島嶼国全般の情報発信を始めました。
これも財団で始めての試みであったので内部からの批判は大きかったのですが、当時はウェッブが利用し始められたばかり、太平洋島嶼情報を扱う組織も少なく、貴重な情報源であったようです。
アクセスは急増。
今でも知らない人から「やしの実大学」のウェッブの事を聞く事があり、嬉しいやら、閉鎖されてしまって悲しいやら。。複雑な気持ちになります。


このブログは当方が1991年から担わせていただいている笹川太平洋島嶼国基金事業全体の一部なのです。情報は発信するところに集まります。よって、このブログのおかげで情報が以前より集まるし、文章にしてまとめると、自分の理解力が高まり、現場での業務に非常に役に立っています。

2つ目の原点を作っていただいた、笹川会長、羽生会長には、いつも感謝していますが、改めて感謝の気持ちを記させていただきます。
コメントする
コメント