CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«Global Ocean is Swarming with Money 海洋に群がる大金 (2) | Main | 島サミットとフィジー»
プロフィール

早川理恵子博士さんの画像
早川理恵子博士
プロフィール
ブログ
<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Google

Web全体
このブログの中
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
パラオの観光に異変 [2015年01月30日(Fri)]
パラオのGDPの約半分に当たる70億円位の収入が観光に寄るものだ。
観光で生きているパラオ。そのパラオの観光に異変がおきている。

<中国大陸からの観光客激増>
2001年には44,454人だった観光客は順調に増えて2013年には約2倍の101,546人となっている。
世界でも有名なダイビングスポットに世界から人が集まる。他方、IMFのレポートではパラオの観光がダイビングに偏っており、その脆弱性も指摘している。もっと多様化せよ、と。
中国大陸からも観光客を誘致せよ、と。。。
IMF Country Report No. 14/111 REPUBLIC OF PALAU
http://www.imf.org/external/pubs/ft/scr/2014/cr14111.pdf

昨年10月のパラオ出張。いつも泊まるホテルが取れなかった。中国大陸からの観光客でどこもいっぱいなんだそうである。台湾と外交関係にあるパラオ。観光客の上位は毎年、日本、台湾だった。それが昨年、香港とマカオから直行チャーター便が就航。2013年は9.147人だった中国大陸からの観光客は2014年には39,236人と一機に4倍。しかも増えたの直行便就航の8月以降なので、実際にはその倍以上のインパクトがあったと考えてよいのではないだろうか?

参照 Immigration / Tourism Statistics
http://palaugov.org/immigration-tourism-statistics/


<現地の悲鳴>
これによってどんな影響が現地にあるのか?
まずは、台湾、日本、韓国等々長年の顧客を抱える現地旅行会社がホテルを予約できないという問題が発生。
加えて、中国人のマナーの悪さ。珊瑚を取る、道にゴミを捨てる、注意しても聞かない等等。
そして、安いパッケージで来る中国人観光客は現地にお金を落とさないのだそうである。
よって、我らがレメンゲサウ大統領は、地元の観光業協会や、商工会議所、一般の人々の苦情対策に当たっている様子です。

<国交のない中国>
そんな中で、昨年のニュースにあったのが、帰国チャーター便が故障で飛ばず、100人位の中国人がパラオで右往左往し、駆け込んだ台湾大使館職員は「人道上」支援にあたった、という話である。国交がない、とはこういう事なのである。今後何か政治的、人道的事故があった場合の対処ができない、ということだ。そこで下記のIsland Timesにあるように、レメンゲサウ大統領は現在存在しない入国ビザの設置を指示した。中国と名前は挙げていないものの、明らかに国交のない中国対策である事は想像できる。

<ヤップの観光開発とパラオの関係>
一昨年になるが、日本にメディアまで騒がしたヤップの巨大リゾート開発。噂によると開発会社ETG社長のケ鴻(Deng Hong)が昨年逮捕され、立ち消えになっているようだ。
このケ鴻氏、自家用飛行機に美女と料理人をワンサカ載せて、しょっちゅうヤップに来ていたらしい。これも噂ですが。
現在、香港、マカオからの中国人観光客が購入するパラオパッケージツアーはナント日本の半額の10万円くらいだそうである。パラオの地元ホテル代を負けるとは考えられないので、飛行機会社が相当安く、2万円位で出しているとしか考えられない。
そして、そこにケ鴻のような怪しい投資家が紛れているのではなかろうか?、
パッケージツアーに紛れれば、習近平主席の汚職撲滅運動や、地元の巨大リゾート開発反対運動の目を騙す事ができるかもしれない。これは単なる当方の憶測ですが。
パラオでは5階建てのホテルを11階にする計画も進んでいるという。
これってもしかしたら、リゾート開発の名目で行われるマネロンではないでしょうか?

- - - - - - - -


President Remengesau has written Senate President Camsek Chin asking him to introduce a draft legislation that authorizes the charging of a processing fee for the issuance of visas/entry permits to certain tourists coming to Palau.
In the letter dated January 7, 2015, the President noted that under the decision in ROP v. Carreon, the Palau Supreme Court made clear that the charging of fees in this context needs authorization from the Olbiil Era Kelulau (OEK), and thus I asked that this brief piece of legislation be introduced during this January session.
The draft legislation, which was attached to the letter, states that, “The Bureau of Immigration is authorized to set and charge fees for the entry of persons, ships, or airplanes and for their continued presence in the Republic.”
The President noted that currently Palau grants visas automatically and without charge to all visitors from every nation upon arrival here.
Remengesau said this practice denies the government the ability to proactively control who comes in to Palau, and is out of step with generally accepted international practices.
“For a few years now we have placed various restrictions on the entry of citizens from certain nations, but these intermittent efforts are no longer viable as our tourism sector has grown. Accordingly, we need a more comprehensive approach,” he said.
The President said that this new approach will require citizens of some nations to obtain a visa or entry permit prior to embarking on their journey to Palau.
Remengesau said that citizens of those countries with whom Palau have diplomatic relations, and those who are members of the Pacific Islands Forum (PIF), will be exempt from this requirement can come to Palau as they always have.
However, according to the President, if you are not a citizen of the aforementioned countries, you will need to apply and be granted a visa.
“As you understand, implementing this new requirement will cost money, and thus it makes sense to charge visa applicants a processing fee,” Remengesau stated.
The President said that a new fee will allow Palau to realize revenue from tourists that can be used to offset the cost of processing visa applications and for other purposes.
“As you will see, the draft legislation is general. It authorizes the Executive Branch to charge fees for visas and entry permits. This language is needed to ensure that all fees we charge for the entry of people or renewal of entry visas will be upheld by the Court,” Remengesau concluded.
Though seen by many people as an attempt to limit the influx of tourists from Mainland China, the President has said the move is not targeted at a particular nation but to deal with growth in the tourism sector in a sustainable way.
A record number of 140,784 tourists came to Palau last year, with majority of them coming from Mainland China. Some sectors have expressed alarm, saying that instead of high-end tourism Palau is getting mass tourism. But others argue that the influx of Chinese visitors and businesses to Palau is actually helping fuel the economic growth of this island nation.
ISLAND TIMES. January 23, 2015.
コメントする
コメント