CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«野球場で駅伝大会! 第3回おおたユニバーサル駅伝大会 | Main | 地域の活性に映像を活かす事例紹介 こらぼ大森でセミナー開催»
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
おおたユニバーサル駅伝大会2010 開催 [2010年06月06日(Sun)]


 6月6日、第3回おおたユニバーサル駅伝大会が大田区との共催で開催されました。
今回は会場をこれまでの平和島公園から大田スタジアムに移し、好天に恵まれる中、選手、ボランティア、来賓などあわせて約700人が来場しました。
 今年1月、これまでの駅伝実行委員会を中心に、NPO法人ジャパン・ユニバーサルスポーツ・ネットワーク(JUSN)が設立され、大会直前に法人格を取得。開会式ではJUSN理事長で大会実行委員長の李節子さんが、法人設立の報告とともに「障害の有無や年齢などに関わらずみんなが参加できるユニバーサルスポーツの楽しさを、もっと広げていきたい」と挨拶しました。

 コースは、人工芝の敷かれた緑の鮮やかなスタジアムを半周し、外に出て中央海浜公園内を回り、スタジアムに戻る約1km。日差しを遮るものがない、スタンド席に上がるエレベーターがないなどの課題はあったものの、選手や観客は、走っている選手の様子を広々としたグラウンドやスタンド席(一部屋根あり)から見渡すことができました。

 今年は中学生の参加が多く、選手の数は昨年より30人増え、ユニバーサル駅伝が大田区のイベントとして確実に定着しつつあることを感じました。また、大田区の福祉バスが大森駅とスタジアムを往復して、ボランティアや選手を送迎したほか、緊急時の搬送に備えて出入り口に待機しました。

 同大会実行委員会では、駅伝を施設各所のユニバーサル点検にもつなげようと、会場を参加予定者と事前に訪れており、今後はそこで上げられた意見や改善案をまとめ、大田区へ届ける予定です。
Posted by やるおた編集部 at 00:29 | 集う | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント