CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
再生塾YARブログ
« 2012年02月 | Main
<< 2012年03月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
学校そのものの制度が子どもに合わなくなっているのです[2012年03月06日(Tue)]
カナダでも、発達障害の対応に追われていて大変だと教員が訴え、
政府は予算がない、と議論になっているそうです。

今も昔も発達障害をもった人はいたのに。
ADDのトットちゃんに対応できた校長先生もいたのに。

ある経営コンサルタントは、
近い将来会社と言う組織がなくなると言っています。
学校という枠組みは、工場でまじめに働く人を生み出し、
会社というヒエラルキーのある組織に耐えられる人材を生み出すために
子どもたちを競争させるための装置です。

学校という枠組みが、経済の変化に合わなくなってきているのです。

会社がなくなるとどうなるか? 
みんなフリーエージェント、あるいは自営、
あるいは自給自足生活なのかも知れません。
そして、ヒエラルキーがなくなり、ネットワーク型の協働社会ができます。

だから「先生の言うことをきくいい子」をつくってもしかたないのです。
親の望み通りエリートになるための教育を受けさせてもしかたないのです。
そんな子を育てていたら
時代に遅れた子どもになってしまいますから要注意。
「子ども時代に主体性を奪われたおとな」は生きる力を失います。

そういう枠組み、装置に合わない子たちがすでに地球に登場しただけであって
それを障害という枠にはめても、徒労に終わるでしょう。
発達障害なんて、個性のひとつですから、そのうち、自分を知れば
おとなから与えられた枠組みをブレイク・スルーしちゃいます

ずいぶん昔から、オルタナティブの学校がありますが、
今回は、上記の課題をなんなとクリアしてしまう学校が
あるということをお伝えします。
今回は海外版

●サマーヒル・スクール Summerhill school 
イギリスにあります。日本人生徒もいます。
「授業に出る出ないは自由」なんです。
つまり、教師が魅力的な授業をしないと生徒が参加しないのです。
12年間ずっと授業に出ずに、学校の自然と遊んでいた生徒は、
しっかり学力もつけて写真家としてしっかり自立していった、といいます。
「自分の枠は自分で決める」ということなんですよ。

だからね、自分の子どもが枠にはまらないって悩まないですむわけです。


●サドベリー・バレー・スクール(英: Sudbury Valley School)
そもそもわが子のために20年前に調べていて知ったのですが
ウィキをみれば、すでに世界中に40校以上あるとは!そして、日本にも。
いい時代ですね。
Posted by 再生塾 at 11:16 | この記事のURL | コメント(0)
高校無償化[2012年03月01日(Thu)]
国会では、高校無償化の議論がされています。
アメリカでは、高校は無償なのが当たり前でしたから
日本がいかに遅れているのかは、実感していました。

北欧では、90%が大学に進学しますものね。
多くの学生が、夏休み、あるい休学などをして世界を旅をして
自分の将来像を考えます。
世界をみてから人生考えるって大事なんだと思います。

日本にはこういいう感覚がありませんよね・・・
だから、エリート会社が集まったとしても
エルビーダのように倒産してしまう
日本のエリートは「日本の中でだけ」エリートだからです
そこにしがみつくから、
エリート会社同士で、また、イニシアティブ争いなんかになって
国内エリート同士でもめているだけで
社内では世界競争力の議論にならなかったのかも知れません
・・・あくまでも憶測ですが
エリート会社が集まって投資し合う際
大事なのは新しい会社の文化醸成にどう投資するのかも考えないと・・・
そうしないと、世界を意識した組織にはならないでしょう

カナダでは、最近は、大学にはいる前に1年間か
自分なりの活動(ボランティア、世界の旅等々)をしてくることが
課題として出されるのだそうです
どの学部を選ぶのかを決める前に
自分の人生目標をたてろという趣旨だそうです

海外の多くの教育は、若者に旅をさせます
日本の教育は、なんだか枠にはめようとします

高校無償化になっても、高校の教師が
若者を世界にはばたかせる勇気を持つくらいのキャパシティをもたないと
窮屈になって、学校をやめていきます

「公立・私学」の格差は解消されつつあるという答弁
でも、わが塾には、迷惑な生徒はあっさり切り捨てる
私学の高校に放り出された子がきています

やっぱり、フリースクールや民間のサポート機関にも
授業料支援が必要だと思います
Posted by 再生塾 at 11:12 | この記事のURL | コメント(0)
プロフィール

LLP 再生塾YARさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/yar/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/yar/index2_0.xml