CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
再生塾YARブログ
« 2012年02月 | Main
<< 2012年03月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
学校そのものの制度が子どもに合わなくなっているのです[2012年03月06日(Tue)]
カナダでも、発達障害の対応に追われていて大変だと教員が訴え、
政府は予算がない、と議論になっているそうです。

今も昔も発達障害をもった人はいたのに。
ADDのトットちゃんに対応できた校長先生もいたのに。

ある経営コンサルタントは、
近い将来会社と言う組織がなくなると言っています。
学校という枠組みは、工場でまじめに働く人を生み出し、
会社というヒエラルキーのある組織に耐えられる人材を生み出すために
子どもたちを競争させるための装置です。

学校という枠組みが、経済の変化に合わなくなってきているのです。

会社がなくなるとどうなるか? 
みんなフリーエージェント、あるいは自営、
あるいは自給自足生活なのかも知れません。
そして、ヒエラルキーがなくなり、ネットワーク型の協働社会ができます。

だから「先生の言うことをきくいい子」をつくってもしかたないのです。
親の望み通りエリートになるための教育を受けさせてもしかたないのです。
そんな子を育てていたら
時代に遅れた子どもになってしまいますから要注意。
「子ども時代に主体性を奪われたおとな」は生きる力を失います。

そういう枠組み、装置に合わない子たちがすでに地球に登場しただけであって
それを障害という枠にはめても、徒労に終わるでしょう。
発達障害なんて、個性のひとつですから、そのうち、自分を知れば
おとなから与えられた枠組みをブレイク・スルーしちゃいます

ずいぶん昔から、オルタナティブの学校がありますが、
今回は、上記の課題をなんなとクリアしてしまう学校が
あるということをお伝えします。
今回は海外版

●サマーヒル・スクール Summerhill school 
イギリスにあります。日本人生徒もいます。
「授業に出る出ないは自由」なんです。
つまり、教師が魅力的な授業をしないと生徒が参加しないのです。
12年間ずっと授業に出ずに、学校の自然と遊んでいた生徒は、
しっかり学力もつけて写真家としてしっかり自立していった、といいます。
「自分の枠は自分で決める」ということなんですよ。

だからね、自分の子どもが枠にはまらないって悩まないですむわけです。


●サドベリー・バレー・スクール(英: Sudbury Valley School)
そもそもわが子のために20年前に調べていて知ったのですが
ウィキをみれば、すでに世界中に40校以上あるとは!そして、日本にも。
いい時代ですね。
Posted by 再生塾 at 11:16 | この記事のURL | コメント(0)
プロフィール

LLP 再生塾YARさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/yar/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/yar/index2_0.xml