CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
再生塾YARブログ
« 子育て相談・セラピー やっています。 | Main | 高校無償化 »
<< 2012年03月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
縦揺れと横揺れ[2012年02月24日(Fri)]
私はADD系なので、横揺れで生きています。
アスペ系の人は、縦揺れで生きています。
ADD系の人は、アスペ系のこだわりが理解できません。
アスペ系の人は、ADD系の脈絡のない動きにイラっときます。

でも、こだわりが強すぎるアスペ系の人には、
ADD系の人間との接触はそれそのものがよいトレーニングになります。
私の息子は、私に振り回されて、横幅を得たようです。
自閉症の塾生も、私に振り回されて、急な変更に慣れました。

発達障害だから配慮すべきことはありますが、
だから守ってあげるのではなく、
どうしたら、対処できるようになるかをともに考えることで、
その弱みも弱みではなくなるようです。
「視覚化」その他技術は、とても助けになりますが、
実は一定程度その経験を積むと、
頭脳の中で、その資格を映像化できるようになるようです。
それを通じて、新たな能力を定着させるという発想も大事です。
自閉症の塾生は、目を合わせない、
30分も話がもたない自閉症の典型的な青年でしたが、
視覚化による会話を重ねるうちに、
彼の頭にそれが映像として構築できるようになったようで
目をみて2時間くらい話し合う事ができるようになったのには驚きました。

でも、トレーニングして身につけたものって、トレーニングし続けないと
40過ぎると落ちてくる、ということは、身を持って知りました。
電話のかけまちがいが復活している、今日このごろです(笑)

ADD系の人は、番号を一度復唱してからかけましょうね。
Posted by 再生塾 at 11:09 | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/yar/archive/426
コメントする
コメント
プロフィール

LLP 再生塾YARさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/yar/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/yar/index2_0.xml