CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
再生塾YARブログ
« 動物ランド 最高傑作 | Main | 命 »
<< 2012年03月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
星になったブラック・マリー[2011年08月17日(Wed)]
8月11日
鎌倉に連れていったブラックマリーは、容態が悪いので一日動物病院に預けました。
ブドウ糖とミルクを1時間ごとに与え続けてくださったおかげで、
夕方引取りに行ったときには、しっかり歩くまでに回復。
でも、夜11時急にくたーっとなり始めました。
私の手の中で、急に私の顔をみて、にゃー!にゃー!と叫びました。
ぐったりしているのに、なんでそんな声が出るのかとびっくりしました。
そして、ふーっと眠りました。それが最後となりました。
あのにゃー!は、「ありがとう」だったんだと勝手に解釈しています。
ca659bdf.jpg

鎌倉のとある海岸です
d2448d25.jpg

誰もいじらないような草場を発見
921931d8.jpg

一緒に旅立ちをお見送りしてくれた友達が煮干しをプレゼントしてくれました。
fe15f404.jpg

なじんだTシャツのきれはしと一緒に埋めようかと思いましたが
土に帰っていくことを考えて、直に寝かせました。
0c7df50d.jpg

土をもったあとは、よけていたつるの草をもとにもどして、
すっかり誰にもわからない状態。
7c3c9772.jpg
5708dc51.jpg

煮干しをくれた友人です
a362686c.jpg

目印は白いビルの横のオーガニック・レストラン
2c41a850.jpg

お医者さんはいいました。
「まびかれるんですよ。必ず弱い子が生まれる。運命です。
だからたくさん産むんです。マリーちゃんよくがんばりましたよ。」
担当してくれた若い獣医
(これがまた男前!やはりいつも私は男前を引き寄せる)は
「ありがとうございました。お世話になりました。」と
ポロポロ泣きながらごあいさつした私を
ただただ、悲しそうな顔で見送ってくれました。
研修仲間たちは言ってくれました。
「短い時間でも幸せにすごせて、幸せな死を迎えられたと思うよ。」
研修の講師も「猫連れ研修生は初めて」(笑)
「では、次は、ロバを連れてきます。」で大爆笑

マリーのために、車で鎌倉の研修に行ってました。
14日15:30に鎌倉を出ました。
ふと気が向いて伊藤幸弘氏に電話すると
http://www.ito-yukihiro.com/
「おれ、平塚から帰りで、富士インター降りたとこだよ。」
「あ、そうなん? 私、その後ろ走ってるし。」
「じゃあ、よってけよ・・・」
「そうするよ」
・・・・
静岡の伊藤氏の自宅におじゃまして30分ほど休憩。
渋滞をうまく避けられたと思ったけど名古屋あたりで故障車渋滞9キロ。
帰宅は15日朝3:40

そして、今、12時間ドライブのせいでやや腰痛ぎみ・・・(>_<)
それにしても平日の夜の東名高速道路ほど怖いものはありません。
トラックばかり。
赤いムラーノに乗って一人で走ってるのをみて、
ここぞとばかりにからかいにこられて恐怖のドライブでした。
むかつく・・・・
でも、帰りは普通の乗用車ばかりだったので、気は楽でした。

研修で2キロ太ったので、今週はダイエットです。

塾に帰るとコロ(マルチーズ)が喜んでとびついてきてくれました。
チビブラック・マリーの代わりに、
新たに黒猫ちゃんに、ブラック・マリーを命名.。私の相棒になります。
af15130d.jpg
タグ: 動物
Posted by 再生塾 at 11:30 | 動物関連 | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/yar/archive/402
コメントする
コメント
プロフィール

LLP 再生塾YARさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/yar/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/yar/index2_0.xml