• もっと見る

海賊日誌

海賊は、七つの海を駆け巡っています。
海賊問題をはじめとした「海」におこっている問題をリアルタイムに報告いたします。


<< 2007年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
Cindy Castro
2005年の海賊発生件数 (07/10)
海賊
海賊再び (03/30)
小柳津浩之
二宮清純氏と海賊談議 (03/15)
海洋国際生
お詫び (12/02)
小柳津浩之
お詫び (12/01)
海賊
浜名湖競艇大学 (10/15)
海洋学
浜名湖競艇大学 (10/09)
海賊
三連休 (10/01)
imaharu
三連休 (09/25)
海賊
マラッカ海峡で誘拐事件 (08/11)
最新トラックバック
ReCAAP [2007年04月11日(Wed)]
海賊日誌
今日は、海賊の発生情報が無い。海は平穏のようだ。
ReCAAPとは、昨年、シンガポールに設置されたアジア海賊情報共有センターのことである。このセンターは、アジア海賊対策地域協力協定にもとづき設置された。事務局長は、日本の外務省から伊藤氏が出向し勤めている。この協定には、海賊の多発海域を持つ、インドネシアとマレーシアが参加しておらず、まだ、センターが本格稼動するまでには、時間がかかりそうだ。近頃、気になるのは、心なしかIMB・パイラシーレポーティングセンターへ海賊情報を提供する船が減っていることだ。
私が、気がついた海賊事案についてもIMBには、報告されていない。
ReCAAPが設立されたというえども、IMBへの海賊情報の提供は、ぜひ続けていただきたい。海賊は、国家や国境を越え活動しているのである。
Posted by y_yamada at 14:38 | | この記事のURL
ボルネオ島の海賊 [2007年04月10日(Tue)]
4/8ボルネオ(カリマンタン)島のバリクパパン港で錨泊中のタンカーに海賊がロープを伝い侵入。海賊見張り中の船員に見つかり逃走した。このような小口の海賊事件は、届出されるのはまれで、相当数が発生していると思われる。
Posted by y_yamada at 12:21 | この記事のURL
タンザニアでも [2007年04月09日(Mon)]
4月5日深夜、タンザニアのデルエスサラムの海峡の入り口付近で、コンテナ船にバールを握り締めた海賊が侵入。コンテナの錠を破壊し、船用品などを盗んだ。
小口の海賊事件が増えています。警戒は厳重に。
Posted by y_yamada at 12:14 | | この記事のURL
ソマリア海賊活動 [2007年04月06日(Fri)]
ソマリアのモガディシュに入港中の船が、10名ほどの武装海賊に襲われ、連れ去られた。
14名の乗組員の安否は不明である。
ソマリア沖では、2月に国連の輸送船がハイジャックされ、現在もケニア人6人とスリランカ人6人の乗組員が誘拐され、現在も拘束されている。
ソマリア近海は、最も危険な海域である。
Posted by y_yamada at 18:20 | | この記事のURL