CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
焼津福祉文化共創研究会
 平成28年度から平成30年度まで3年間にわたり、いかに、「共助・近助の地域を再構築することができるか」を目的に、住民主体の企画運営により、「港地域ささえあい講座」(港第14・23自治会による組織体・港地域づくり推進会主催)を開講しました。
 この講座運営に関わった実行委員有志と地域活動に関心を持つ市民(14名)が、これまでの講座の成果をさらに地域づくりに活かそうと、2019年4月に「志縁団体」として「焼津福祉文化共創研究会」(福文共)が誕生しました。
« 2020年06月 | Main | 2020年08月 »
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
第1回部会[2020年07月22日(Wed)]
 第1回 焼津福祉文化共創研究会 IT部会 議事録

・開催日:令和2年7月8日水曜日13:00〜17:00
・出席者:原崎(洋)氏、平田

〇開催趣旨 本会は、結成2年目を迎えた。活動の原点とこの1年間のプロセスを通じて、今後の活動の方向性を明らかにし、本会の「見える化」「見せる化」「わかる化」することの必要性をこれまで定例会で議論してきた。そして、ここ1カ月間「日本財団CANPAN」データ入力作業を通じて、独自に「焼津福祉文化共創研究会」として、「ブログサイト」の立ち上げ作業に取り組んで出来た。 今後、このIT部門の運営管理を維持していくために、基本事項中心に協議をし、次の定例会で経過報告・説明事項について協議をした。

1.「研究会」日本財団CANPANデータ入力経緯について

  (1) この1カ月間の入力作業で、★★★★★を取得できた。
次なる目標は「第3者認証マーク取得」努力 ・・・・「日本財団CANPAN」以外の評価で、本会の対外的評価を得ることになる 現在、この領域における認証団体等の情報収集にあたっている。
(2)「ホームページ」「ブログサイト」立ち上げ等の表現
(3) 「日本財団CANPANデータ入力」等の作業管理は、当面、「原稿・資料化」後に、原崎氏のもとで、運用管理をお願いする。各会員は、運用管理に関して側面的協力をお願いする。

2.これまでとこれからの継続的な作業(データ入力)について

 ※この1カ月間で、2019年度の活動に関する資料は、データ入力作業が終了した。
 ※「港地域ささえあい講座」は、現在までに、「ブログ」アクセス件数10,193件。
  「焼津福祉文化共創研究会」は、現在までに、「ブログ」アクセス件数949件。

今後は、下記の項目に関するデータを原崎氏に送信し、段階的にデータ入力作業をする必要がある。一度に、集中的に作業をするよりも、継続的な作業の方がメリットがある。
  (1)研究会通信 (2)研究会定例会議事録(レジメ) (3)調査結果 (4)研修会計画、関連チラシ、終了後の考察 (5)事業計画及び報告 (6)予算(決算) (7)マスコミ対応(取材記事)
(8)助成申請書・報告書(2020共同募金、2020県コミ推協)

3.研究会通信第11号企画について

  ・毎月1回発行 第11号は8月5日発行で、8月8日配布
  ・記事内容 @「HP立ち上げ」 A「協働による調査活動」 B「報告研修会の方向性」
C「共同募金助成状況」 D事務局日誌 E会員呼び掛け

4.2020年度調査研究活動の取り組みについて

  ・「研究会」と「静岡福祉文化を考える会」との協働による活動とする。
  ・7月から9月までに、「調査実施要項」「調査個票」を完成する。
  ・「共同募金助成事業」としての取り組みができるか(8月決定)、また、考える会との協働による調整連携をしながら、10月以降、確実に計画に基づき展開をしていく。
  ・データ入力作業の分担は、@フォーマット作成等は原崎氏にお願いする。 
  ・回収取りまとめ・問い合わせ先を平田とする。
  ・回収個票の連番化とデータ入力作業可能な会員へのコーディネートしていく。
  ・原崎氏より、「フォーマット」を入力会員に送信し、順次作業に移行する。
特に、自由回答欄の入力作業の工夫  自由回答の文章は、「キーワード」により考察する。
全体的には、「年代別」「性別」の項目に従って整理をする。
  ・9月中に「調査個票」完成 
10月〜11月と調査実施 
12月までにデータ入力 
1月考察2月公表 関係方面に「報告書」配布実施 「助成事業報告」提出 

5.その他

(1)「静岡福祉文化を考える会」日本財団CANPANデータ更新について
  ・本日、「管理者」が確認出来、更新作業が可能になった。
  ・しばらく入力作業が途絶えていた内容を順次、差し替え修正・入力作業を原崎氏の協力を得て実施し、レベルアップに努める。(事務局変更/添付資料追加作業「広報誌」「研修会報告」「会計報告」「事業計画・報告」等)
  ・「静岡福祉文化を考える会」は、ブログ加工はしていないので、アクセス件数はカウントなし。

 (2)「静岡福祉文化を考える会」として「みずほ教育福祉財団」助成申請の結果決定(10万円)
 
・活動資材としての助成事業・・・・「プロジェクター」と「スクリーン」購入
・今後、「焼津福祉文化共創研究会」としても有効活用していく
・9月助成金振込
・10月購入報告書提出
・1月活動報告書提出
・ 8/1土曜日 13:00すぎ器材説明会(弘文堂)

 (3)自治会・町内会運営の「見える化」について
   ※「別示資料・・・港第14自治会 第12町内会」参照に意見交換

(4)若い世代層の組織活動の参画の工夫

| 次へ
検索
検索語句
プロフィール

焼津福祉文化共創研究会さんの画像
お問い合わせ メール:minatosasae@gmail.com
リンク集