CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
焼津福祉文化共創研究会
 平成28年度から平成30年度まで3年間にわたり、いかに、「共助・近助の地域を再構築することができるか」を目的に、住民主体の企画運営により、「港地域ささえあい講座」(港第14・23自治会による組織体・港地域づくり推進会主催)を開講しました。
 この講座運営に関わった実行委員有志と地域活動に関心を持つ市民(14名)が、これまでの講座の成果をさらに地域づくりに活かそうと、2019年4月に「志縁団体」として「焼津福祉文化共創研究会」(福文共)が誕生しました。
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
  2021年度 焼津福祉文化共創研究会活動計画

活動テーマ:港地域をつなぐ・ささえあう“ご近所福祉”を創る

平成28年度から平成30年度まで3年間にわたり、いかに、「共助・近助の地域を再構築することができるか」を目的に、住民主体の企画運営により、「港地域ささえあい講座」(港第14・23自治会による組織体・港地域づくり推進会主催)を開講。
市民主体で取り組んだ、尊い実践講座の3年間の取り組みの総括から、次の「10の地域課題」を浮き彫りにした。
(1)語れる地域環境の醸成(世代を超えた地域総合型学習形態の仕組みづくり) 
(2)「地縁組織」(お互い様)と「志縁組織」(使命感)の融合による地域づくりの取組み 
(3)「専門性」と「市民性」の融合(管内福祉施設連絡会とのネットワーク化と地域介護力アップ)
(4)当事者組織化の支援
(5)具体的な地域の生活支援策の把握
(6)管内のささえあいの仕組みづくり 
(7)総合的地域支援組織の再構築(トータルコーデイネート機能)
(8)地域を「見える化」する広報啓発 
(9)制度施策を理解する地域福祉教育環境の醸成
(10)ご近所福祉の復活

その後、この講座運営に関わった実行委員有志と地域活動に関心を持つ市民(当時14名)が、これまでの講座の成果をさらに地域づくりに活かそうと、「志縁団体」として、2019年4月「焼津福祉文化共創研究会」(福文共)が誕生した。
こうした、課題改善・解決に向けて、市民有志で結成した本会の活動が3年目に入る。
これまでの2年間は、尊い「焼津市赤い羽根共同募金地域福祉促進助成事業」と「静岡県コミュニティづくり推進協議会・コミュニティ活動集団助成事業」により、意義ある活動を展開し、地域住民に検証してきた活動を報告し、問題提起に努めてきた。
福文共通信No.20(5月号)[2021年05月08日(Sat)]
20号-210508福文共通信.jpg
2020調査報告書74-75[2021年05月07日(Fri)]
2020調査報告書_ページ_74-75.jpg
2020調査報告書72-73[2021年05月06日(Thu)]
2020調査報告書_ページ_72-73.jpg
2020調査報告書70-71[2021年05月05日(Wed)]
2020調査報告書_ページ_70-71.jpg
2020調査報告書68-69[2021年05月04日(Tue)]
2020調査報告書_ページ_68-69.jpg
ブログアクセス数2021年5月[2021年05月03日(Mon)]
ブログを始めてから11か月目になります。アクセス数も3万ヒットを超えてきました。
このゴールデンウィークには突然ヒット数が増えているのはなぜですかね?
CANPANブログアクセス数20210502.jpg
2020調査報告書66-67[2021年05月02日(Sun)]
2020調査報告書_ページ_66-67.jpg
2020調査報告書64-65[2021年05月01日(Sat)]
2020調査報告書_ページ_64-65.jpg
2020調査報告書62-63[2021年04月30日(Fri)]
2020調査報告書_ページ_62-63.jpg
2020調査報告書60-61[2021年04月29日(Thu)]
2020調査報告書_ページ_60-61.jpg
| 次へ
検索
検索語句
プロフィール

焼津福祉文化共創研究会さんの画像
お問い合わせ メール:minatosasae@gmail.com
リンク集