CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2011年02月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
歴史は積み重なる カルタゴからジャスミンまで [2011年02月05日(Sat)]
 この旅ブログは、あまり筆マメな方ではありません。日々の忙しさにかまけて、書くことを横着してしまいがちです。1年くらい遅れても、現地の様子に変わりはないだろうと思ってしまうからです。
 しかし、今回はそれが見事に裏切られました。訪問時にはまったく予期していなかった国で、歴史的な事件が起こったのです。「ジャスミン革命」と呼ばれた、チュニジアです。

古代の地中海を制したカルタゴの中心地・ビュルサの丘から、
その富と力の源泉であった港の方面を望む。(2010年4月)
続きを読む・・・
名作の舞台から〜『かもめ食堂』(ヘルシンキ) [2010年05月01日(Sat)]
 サンタクロース、ムーミン、サウナ、おまけにエアギター選手権。これすべて、発祥地はフィンランド。国民の高負担で成り立つ福祉国家なのに、長時間労働が当たり前でもないのに、世界のケータイを制覇したノキアを生んだ国。学力は世界一で、みんな英語はペラペラ。
 イッタイゼンタイどんなところ? 映画『かもめ食堂』から流れ出るほのぼのムードに誘われて、訪ねてみましたヘルシンキ!

「フィンランドのカモメはデカイ。丸々太った体で、港を…」。
オールフィンランドロケの映画『かもめ食堂』そのままに、
バルト海航路の客船シリヤラインを望む波止場。(2009年7月)
続きを読む・・・
モンゴルの草原は 旅人をより広い世界に誘う [2010年04月16日(Fri)]
 4月16日は、私の“心のシンガー”河島英五の命日です。旅人でもあった英五は、亡くなる2日前に大阪で行った弾き語りライブでも、自らの旅の話をしていました。そのとき、おススメとして紹介したのが、モンゴル。
 その言葉に強く引かれた私は、彼が逝ってから3年後の2004年、モンゴルの草原にいました。以前、別のところに掲載した文章を、彼の命日にちなんで再掲します。

自分の住んでいるまちが、すっぽり入りそうな何もない草原。
そのうち、草が家畜たちの大事な食料に見えてくる。(2004年5月)
続きを読む・・・
ハバナの路上から キューバの社会主義はいま!? [2009年05月05日(Tue)]
 「マジメな社会主義国」――キューバに抱いていたイメージです。経済的に裕福な国でないにもかかわらず、医療と教育は無料。配給制度も健在。何はなくとも、国民の最低限の生活だけは国が保障する……
 「名ばかり社会主義国」も増えるなか、日本でも進行する格差社会を克服するヒントを求めて、今年で革命50周年を迎えたキューバへと旅立ちました。

世界遺産・ハバナ旧市街をバックに、いまも現役の年代物のアメ車。
修理による長持ちは、長年の経済制裁のケガの功名。(2009年4月)
続きを読む・・・
ベトナム体験おすそ分け 現地ガイド始めました [2009年01月01日(Thu)]
 旅の醍醐味は、なんといっても、現地の人たちとの触れ合いです。もっとも、初めて訪れた国や地域で、いきなり親しい人ができるのは、そう簡単なことではありません。
 私にとって、毎年、定点観察的に訪れているサイゴン(ホーチミン市)は、勝手知ったるホームグラウンド。このたび、そのおすそ分けに、ホームビジットなどの現地ガイドを始めました。

タライで泳ぐ魚を、「生きたまま」買って帰る。これぞ、“鮮魚”。
ベトナムの生活の匂いが充満する、ベンタイン市場。(2008年11月)
続きを読む・・・
振り向けば すぐそこにあるロシア [2008年10月02日(Thu)]
 日本の隣国をあげてください。 ―― 韓国、中国はすぐに出てきますね。外交上の懸案を抱える北朝鮮、太平洋を挟んでいるけどアメリカも出てきそうです。でも、「ロシア」は、意外と思いつかないのでは?
 地図を広げてみると、北海道の宗谷岬からサハリン(樺太)の南端までは、わずか43km! 対馬と韓国の間(50km)よりも短く、実は、最も近い外国なのです。そんな近さを体感するため、極東ロシアに旅立ちました。

軍港として、長い間、外国人に閉ざされていたウラジオストク。
いまでは、「東洋のサンフランシスコ」といわれる美しい姿を、
惜しげもなく披露してくれる。(2008年9月)
続きを読む・・・
エジプトはすべての沙汰が 金? 神? しだい [2008年04月20日(Sun)]
 人があまり行かない国や地域を旅する私にとって、エジプトはメジャーな国のうちに入ります。ピラミッド、サハラ砂漠、ラクダ、クレオパトラなど、誰もがイメージできるものもたくさんあります。
 それだけに、観光地化も進んでおり、純朴に旅人に接してくれるような出会いは少なく、あまり楽しめなかったのも確かです。もっとも、エジプトならではの思考に接することもできました。

モーセが「十戒」を授かったシナイ山頂(2,285m)でご来光。
漆黒の闇のなか、草木も生えない岩道を登った。(2008年4月)
続きを読む・・・
北京は走るよ オリンピックに向かって [2007年11月27日(Tue)]
 オリンピックは、経済発展の途上にある国々が、発展した国の姿を世界にお披露目し、国威を発揚する絶好の機会となってきました。オリンピックの際に、都市が開発で大きな変貌を遂げるのもよく知られています。
 アジアで20年ぶりとなるオリンピックの開幕を控えた、北京の様子を観察してきました。(北京オリンピックは、中国語で「北京2008年奥運会」といいます。)

2008年8月8日に開幕する北京オリンピック。
市街地のあちこちで、カウントダウンを目にする。(2007年11月)
続きを読む・・・
何でもある天空の聖都 足りないのは酸素だけ? [2007年07月22日(Sun)]
 子どもの頃、「いま何してる?」と聞かれて「息してる」と答えた覚えはありませんか?ふだん呼吸は意識してするものではありませんが、高地に降り立つと息苦しさを感じ、心臓はドキドキします。それが悪化すると、いわゆる「高山病」に……。
 酸素が少ないことが人体に及ぼす影響を、チベットのラサを訪れた際に、自分の身体で「実験」してみました。

青い空、白い雲。天空の聖都ラサからは空が手に届くよう。
その分、空気は薄く、酸素は平地の68%しかない。(2007年7月)
続きを読む・・・
クリスマス休暇 そうだ!聖地に行こう [2007年02月08日(Thu)]
 中学、高校とミッション・スクールに通っていたためか、クリスチャンでもないのに、「クリスマスはデート」というより「クリスマスは礼拝」という感覚があります。
 仕事が忙しく、ようやく休みがとれた昨年末。どこに行こうかと考えて、「12月末と言えばクリスマス、クリスマスと言えば聖地」と自然に連想して、イスラエル/パレスチナへと旅立ちました。

34億人の聖地エルサレム。「主の泣かれた教会」からは、
イスラームの聖地「岩のドーム」が十字架と重なって見える。
その下には、ユダヤ教の聖地「嘆きの壁」がある。(2006年12月)
続きを読む・・・
| 次へ