CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ご挨拶(2020年07月15日)

               よろしくお願いします
                              理事長 松田信夫

皆様こんにちは。山口大学教育学部の松田信夫と申します。どうかよろしくお願いします。当学部の特別支援教育講座で教員養成の仕事をしておりますが、早いもので既に32年が過ぎました。
ここで少々自己紹介をさせていただきます。私は昭和54(1979)年度からの9年間、広島大学附属東雲小学校の特殊学級(現;特別支援学級)で担任教師をしました。この9年間でたくさんの子どもたち、そして親御さんに出会いました。そして昭和63(1988)年度より、山口大学教育学部でお世話になっています。
さて、親の会「ウッドムーン」が発足したのが平成8(1996)年4月。山口市吉敷にあった山口県消防学校跡地の旧校舎をホームグラウンドにして支援活動を継続しておられる、と耳にはしていたものの、私とウッドムーンとの直接的なかかわりは特に無いまま、長い年月が過ぎました。
その後、私は平成16(2004)年度からの3年間、山口大学教育学部附属養護学校(現;特別支援学校)の校長を兼任することとなりました。ここで初めて、「NPO法人山口ウッドムーンネットワーク」のマークをつけた車が、放課後の学校内に停まる様子を目にし、これが本校児童生徒の利用するデイケア(後の放課後等デイサービス)の送迎車であることを、学校の先生方から初めて教えていただきました。校長として送迎車を黙って見ているわけにはいきませんので、運転手さんに「お世話になります」と精一杯の笑顔で挨拶し、児童生徒がシートベルトをつけたことを確認し、「いってらっしゃい」と手を振りました。こうして、校長任期の3年間が過ぎました。
不思議なもので、平成22(2010)年度より、縁あって再び3年間、同校の校長を兼任することになりました。送迎車との再会でもありました。驚いたのは、放課後等デイサービスの送迎車の数が増えていたことです。放課後の学校内はまるで送迎車の「バスターミナル」の様相を呈していました。きっと「ウッドムーンさんに倣え!ウッドムーンさんに続け!」とばかりに、山口市内の多くの障害児支援団体が法人格を取得し、デイサービス事業を開始し、その数が増えていたためと思います。今では、デイサービス事業を担う事業所の数は、山口市内だけでも24にのぼっています(令和元年4月現在)。ウッドムーンは、山口県内の障害児支援事業を牽引する水先案内人の役割を担ってきたと申せましょう。
この「NPO法人山口ウッドムーンネットワーク」の理事長の責を担うのは、正直荷が重いなあ、と今も思います。でも本年5月31日の総会終了直後、あっという間に親御さん3〜4人に囲まれ、理事長就任を強く請われると、女性に弱い私はとても断れないではありませんか。
林隆先生、加登田惠子先生のお力には、小生とても及びませんが、一歩二歩前に歩もうと思います。どうかよろしくお願いします。
【ご挨拶の最新記事】
この記事へのトラックバックURL
トラックバックの受付は終了しました
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック