CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 性被害 | Main | ネットワーク »
<< 2020年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
女性に対する暴力をなくす運動 ラジオで活動紹介「明日への伝言板」[2020年11月14日(Sat)]
北九州市人権推進センター作成で

「明日への伝言板」というラジオ番組がある

人権を考える5分間の番組で月〜金まで

19時54分〜19時59分まで放送される

土日は再放送になっている

平成2年から始まった長寿番組で

2人のナレーターが語りかけている

11月12日から11月25日は「女性に対する暴力をなくす運動」期間で

当日に私どもの活動が「困難抱える女性のために」として紹介された

感動した。ありがとう。
Posted by NPО法人FОSC at 16:23 | 支援 | この記事のURL | コメント(0)
家出少女の保護[2020年08月30日(Sun)]
家出少女を私どもで保護してほしい

という電話が先程入った

今日もそうだったが東京からの電話だという

時には歌舞伎町からという電話もあった

こちらは常にどうぞ連れてきてくださいというが

九州と聞くと無理だという

では警察に行ってくださいと伝えて終わる

こういう週末の深夜にはいる電話はよくある

それもほぼ若い男性からである

ナンパしてやることやった後と思われる

少女たちは泊めてくれる男を求めているわけで

やることやったんだから自宅に泊めてやればいいものを

そういう面倒はいやがる男たちでもある

少女たちのことを思うと

先方地域の知っている団体を紹介することも可能だが

こちらも寝込みを襲われていることからゆとりがない

今日思ったことは

深夜徘徊する人が多い東京の街

こんなんだからコロナが蔓延するのだ

きっと今日の男と少女もコロナに感染しているかも・・

電話を通して感染しないよね

電話でよかったけど

喘息のある私はこわいよ

困ったひとたちだよ、まったく・・・
Posted by NPО法人FОSC at 04:01 | 支援 | この記事のURL | コメント(0)
再度寄付をありがとうございました。[2020年07月18日(Sat)]
先日送って頂きました

オーストラリアを発祥とするスキンケアブランド

イソップ・ジャパンから今度はミストが送られた

IMG_0268.JPG

私はメイクの終わりに顔をミストで整えたり

人に会う前には顔や首筋にシュッとひと吹している

オーデコロンや香水をつけるとアレルギーを起こすため

ミストは手放せない香りだと思っているが

周囲に聞くと「ミストって何?」って聞かれて困って

イソップジャパンのホームぺージを見ながら説明をした

私どもが支援をする女性たちが少しでも心豊かにと思い

イソップ・ジャパンから寄付のお話を頂いた時には

是非にとお願いをした

いつも本当にありがとうございます
Posted by NPО法人FОSC at 17:41 | 支援 | この記事のURL | コメント(0)
寄付いただきました。ありがとうございました。[2020年07月04日(Sat)]
活動をしていると多くの方から寄付や物品を頂く機会がある

それはマスクだったり、ホッカイロだったり、現金だったりと様々だ

今回はオーストラリアを発祥とするスキンケアブランド

イソップ・ジャパンからのヘアシャンプー、ヘアコンディショナー、

ボディウォッシュ、ボディクリームの50mLと5本の

スキンケア製品が含まれたキットだった

社会貢献と環境保全への取り組みを重視し、これらを通じて

さらに地域社会に貢献したいと考えている会社だという

私どものホームページ見て寄付を通して力になれないか

と考えての、連絡だった

今回のような寄付は初めてだったが、でもそれはとっても必要で

被害女性が心の豊かさを失わないために

大切な大切な品物で、すごくうれしかった

宝箱を開く気持ちでドキドキして

商品が出てきた時は、ステキと声を思わず上げてしまった

本当に本当に感謝します。ありがとうございました。

続きを読む...
Posted by NPО法人FОSC at 17:40 | 支援 | この記事のURL | コメント(0)
プレゼントのお礼[2019年12月29日(Sun)]
今年もあと数日となった

ある年配者から相談があった

親戚にプレゼントを贈ったことを連絡した後で

それが届くのに時間がかかり親戚から叱られたという

業者を通しての郵送のため事情があって遅れることはある

そういえば母は頂き物が届くと、お礼の電話をしていた

感謝の気持ちを伝える礼状は後からでもいいので

先ずは電話で届いたことを先方に伝えるのが礼儀と言った

私の友人たちも同じ意見だった

昔は郵便事情が悪かったせいだと思う

しかし最近の若い世代は一か月後に礼状を出すスタイルのようだ

今は携帯電話もあるためお礼は直ぐにできる

それをしないのは考え方の違いだろうが、気は心だ

そう言えば大学院で修士論文を書いていた頃

何人かにインタビューをしたことがあった

その時に指導教授から言われたことは

礼状は三日以内に出すことだった

お礼だけは母からも大学院でも教わることになったが

叔母からは礼状の出し方を厳しく注意されたこともあった

前者の方はお孫さんにお年玉を送っても

入園祝いを送っても礼状が届いたのは親からで

一か月近くたってのことだったとボヤいていた

息子もお嫁さんも仕事で忙しいから仕方ないね、と言われたが

本当ならお孫さんから

「おばあちゃん、ありがとう」と言われたかったと話した

今年も後わずかだが

様々な相談を受け役所からの支援に対応した

来年もどうぞよろしくお願いいたします
Posted by NPО法人FОSC at 18:30 | 支援 | この記事のURL | コメント(0)
法人運営宿泊施設ステイ[2019年09月28日(Sat)]
今年はことのほか法人運営宿泊施設ステイへの問合せが多い

児童相談所に保護された経験のある16歳

親と進路で揉める15歳中学生や18歳高校生

親との葛藤で居場所がない精神疾患の20代〜30代女性

新宿でナンパした女子を泊めてやってと望む男性

電話やメールで深夜でも関係なく問い合わせが入る

念のため名前・住所・生年月日・連絡先・学校・会社などを聞くと

何の疑いもなくスラスラと答える

時にはお金がないから迎えに来てと頼まれるが

自分で来てくれと答えるが、場所を聞かれるので

ステイ紹介ページのネット上には

メール・携帯電話・局番電話での問い合わせ先が掲載されているため

局番でステイがどの地域にあるかを自身で調べてもらうが

調べることなく093-541-5805の法人事務所に電話してくる

こちらは九州だと知らせ

@こちらに来れば家出人として警察に通報すること

A身柄確保のために金銭と携帯を預かること

上記2点も伝えると諦める

ここは家出人を泊めるホテルではなく

生活保護取得などのために必要な福祉施設である

他地域の人たちは、その地域で考えて欲しい

しかしホント、地域外からの問合せ者は

@自分の力で局番を通して場所を確認する力がなく他力本願

A相手が安全かどうかも分からないまま個人情報を喋る

という状態の人が多いため、

犯罪者に捕まったら何をされるか分からない

10代の思春期ならばともなく

18歳過ぎた一端の人間がこの状態では

家族はたまらんだろうなと思ってしまう

家族が悪いという前に

あなたの社会性のなさと危機意識のなさを問いたい

甘えず、しっかりと自分の足で立てる人間になって欲しいと思う
Posted by NPО法人FОSC at 16:12 | 支援 | この記事のURL | コメント(0)
入院中の患者へ配慮を[2019年08月12日(Mon)]
どうしてもあの時のお嫁さんの言動が納得できない

といって中高年の方から連絡があった

大怪我をして九死に一生を得た方で

社会復帰に向けてリハビリ中のある日

子どもを遊びに連れて行った「ついで」に

病院に来たと行ってベビーカーを押して

もう一人の子の手を引いてリハビリ室にズカズカ入って来た

その間4か月にわたって連絡がなく

パートナーにも連絡がなかったと話した

当然、その日に病院に来るとは思わなかったようだ

リハビリ室は患者やスタッフが行き来しており邪魔になる

連絡をしてきた方のパートナーも他の患者家族も外で待っている

その方は厳しい痛みと訓練に顔をゆがめ鬼の形相だったと話した

その姿を見て二人の子どもは泣き出した

嫁の常識と礼儀のなさにリハビリ室の

患者やスタッフに申し訳なかったと話された

病院に入院したことがなかったり

そういった家族を知らなかったりした結果だと思われる

病院に入院したからといって決して暇ではなく

検査とリハビリに毎日追われることが多い

20代の頃に事故で入院そしてリハビリ経験がある筆者は

その時を思い出した

数か月前から入院したことは知っていても一度も連絡がない

親しい間柄ではない嫁に具合の悪い姿を見られたくない

最初に「ついでに」と言われたことは上から目線だと感じ

年老いた自分をバカにしているという思いもあったのではないか

連絡をしてくださった方の情景が見て取れた

せめて病院に行く前に一報があれば

そういった入院患者への配慮は必要だと感じる

今入院中の患者を支援する筆者に

「配慮するように」そう言われたような連絡だった

Posted by NPО法人FОSC at 15:30 | 支援 | この記事のURL | コメント(0)
0367090673からのSNSは詐欺[2019年04月20日(Sat)]
4月19日9時31分家族のガラ系携帯に

「ご利用料金のお支払確認が取れておりません

本日中に0367090673 日本通信(株)

お客様サポートセンター迄ご連絡ください」

とのSNSが入った。

家族は心配になり電話をしたが、

意味不明だとして私が電話を代わった

詐欺だと分かったため、あなたは詐欺師ですねと伝える

あんたは誰かと聞くので家族だと伝えた

こちらはNTTやドコモに出資している会社だというが

出資していることは会社情報であり伝える事は違反である

再度、これは詐欺の電話ですねと言うと

あんたは失礼だ、更年期障害で狂っているのか

訴えてやるというので、どうぞと伝え電話を切った

念のためドコモに行き確認をすると

いたずらであり注意して欲しいと言われた

0367090673の電話をネット検索すると

架空請求業者【詐欺注意】と出た

直ぐに対応したので事なきを得たが

このようなことで騙される人は多い

しかしこの詐欺師はきっと新人だと感じた

金をとろうとする客を罵倒する程度のレベルである

正直笑ってしまった

本ブログ管理をしている日本財団は、

振り込め詐欺救済法に基づく預保納付金を用いた

犯罪被害者等の支援事業を行っている

振り込め詐欺をなくすために多くの人と協力したい
Posted by NPО法人FОSC at 13:25 | 支援 | この記事のURL | コメント(0)
著書完成販売中[2018年06月10日(Sun)]
メール相談(女性の心と体を守る情報なびサイト)

に相談を下った方々の許可とご協力を得て

著書『リプロダクティブ・ヘルス 支援の現場から』

2018.jpg

が完成しました。

皆様に感謝いたします。

ありがとうございました。

購入方法につきましては下記のようになります。

1.紙の本について
下記から取り寄せをして購入して頂きます。
BookWayサイト 

Amazon サイト

●お近くの書店(注文販売のみ)

2.電子書籍について

BookWay で購入


山口達也君のファンより[2018年04月30日(Mon)]
最近テレビニュースでよく聞く言葉がある

「セクハラ」「強制わいせつ」

海外でもセクハラに対して認めない声が聞こえる

10年前ならば被害者が笑いの対象になるだけで

時には加害者に対して元気があってよいの言葉もあった

間違いなく社会は変化している

性的被害に対して被害者は声を出し

笑われる対象とはならなくなった

変わっていないのは

加害者の人権意識だ

セクハラ防止研修は官公庁では実施されている

何故ならば私も講師として官庁や企業に行ったからわかる

芸能界ではどうだろうか

山口達也君

私はデビューの頃からあなたのファンだった

周囲はみな長瀬智也君ファンが多くて笑われたが

でも私はあなたのファンだった

今回の事はとてもショックで声が出なかった

性被害者支援を行う私は

例えファンであってもあなたの行為は認められない

ファンだからこそ認めてはいけない

あなたはアルコール依存症だ

そしてアルコールと共に女性に対しての依存症だ

もしかしたらセックス依存症ではないか

東京には依存症の支援団体が沢山ある

いくつも重なったクロスアディクションを

どうかどうか少しでも減らしてほしい

アルコール依存症の叔父様たちから

何度か講師を頼まれた私としては

酔いを求める心と向き合い

酒を飲まない酔っ払いとして

相互支援グループにつながることを望むだけだ

あなたのファンだから見捨てずに待っているよ
Posted by NPО法人FОSC at 18:57 | 支援 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ
プロフィール

FOSCさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/womanhelpnet/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/womanhelpnet/index2_0.xml