CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 家族 | Main | 子育ては親育ち »
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
緒方貞子さんを偲ぶ[2019年11月09日(Sat)]
10月29日ネットニュースで

緒方貞子さん死去を知った時

頭をハンマーで叩かれた衝撃を受けた

1990年代はじめ

アフリカのルワンダで紛争があった

紛争とは関係なく隣国にいた北九州市内のNGOは

突然の難民対応を余儀なくされ慌てていた

当時、私は国際ボランティア貯金で寄付を受けた

カンボジアを支援する国際NGOの代表をしていた

支援する国は違っても国際社会の現状を考え

国連難民高等弁務官事務所はどう動くのか語り合い

欧米と日本のNGOの違いを悩んだりしていた

その時に緒方貞子さんを知り

国際社会で日本人女性として活躍する姿にあこがれ

人道主義、現場主義を貫いた彼女を尊敬した

近年、彼女のルワンダ紛争での支援失敗を語られることもあるが

冷戦終了後の国際社会では予測不可能な事ばかりが起こり

紛争化の中で人命を最前線で考え行動していていくことは

難しいかじ取りだったと感じる

むしろ私は女性が表舞台に出ることを否定的に受け止める日本で

彼女の姿をひとつのロールモデルとして見た時

私もできるかもしれない、やってみたいと感じ

国際社会に飛び出し活躍する日本女性が増え

ジェンダー・ギャップ指数を変化させていくだろう

その最初だった緒方さんをいつまでも尊敬していたい



Posted by NPО法人FОSC at 13:21 | NPO活動ぽやき | この記事のURL | コメント(0)
2冊目書籍販売[2019年06月16日(Sun)]

法人運営メール相談

女性の心と体を守る情報なび」サイト

に相談を下った方々の許可とご協力を得て

著書が完成しました。
IMG_20190616_0002.jpg


皆様に感謝いたします。

ありがとうございました。

購入方法につきましては下記のようになります。

紙の本について、下記から取り寄せをして購入して頂きます。

BookWayサイト
 
Amazon サイト

●お近くの書店(注文販売のみ)
Posted by NPО法人FОSC at 13:54 | NPO活動ぽやき | この記事のURL | コメント(0)
今年を振り返る[2018年12月29日(Sat)]
今年も後わずかになった

振り返ってみると

7月の豪雨の関係から2年続けて

市から依頼を受けた講師派遣が日程変更となった

豪雨災害は事務所に避難勧告が出る事態となり

膝下に達した濁流の中を歩く恐怖を感じた

支援をしていく上では、除夜の鐘がなった数時間後には

警察から頼まれた支援が始まる事態もあり

支援には盆も正月もないこと痛感した

ひきこもり、性被害体験者、児童虐待加害者などの支援は

どれも大変であり支援側が振り回された

ある支援者から、振り回されながらも根っこを押さえろ

とのアドバイスを受けたことがあるが

簡単にはいかず精神的には疲れる

メール相談でも元旦も動いており

相談員の皆さんあってのNPO活動である

今年もお世話になりました

来年もよろしくお願いいたします
Posted by NPО法人FОSC at 16:07 | NPO活動ぽやき | この記事のURL | コメント(0)
只今全国から注目をあびている北九州[2018年10月27日(Sat)]
私たちが活動する北九州は

只今全国から注目をあびている

それは砂防ダムに落ちたイノシシ救出作戦のためだ

かつては津田院長バラバラ事件がワイドショーで騒がれ

犯罪史上類をみない凶悪事件と言われた少女監禁事件があり

近年では日本で最も凶暴で覚せい剤を多く取り扱うことで有名な

暴力団の薬局といわれる指定暴力団の工藤会本部事務所がある

そして滅茶苦茶にド派手な成人式も全国ニュースで毎年流れる

話題にことかかない北九州だ

もっと笑えるのが

津田院長バラバラ事件も少女監禁事件も

工藤会本部事務所も成人式ド派手衣装を売る店舗も

全て同じ中学校校区に存在している現実だ

工藤会本部事務所は成人式ド派手衣装を売る店舗の直ぐ側だ

衣装を買う人は流れ弾をかいくぐって店舗に行くのだろうか

どんだけ北九州が変わった街か考えるだけで笑ってしまう

でももっとおかしいのが北九州市民は

北九州は全国的にも治安がいい安心な街だと思っている

確かにバトカーと警察が行ったり来たりしているからでもあるが

安全な街ならバトカーと警察は頻繁には来ないわけで

市民意識のズレには笑える

でも私はこの街に生まれこの街で生きている

これから先もこの街で生き続ける

だからこの街が大好きだ

この街が住みやすい街であるために

これからも活動を続けていきたい

Posted by NPО法人FОSC at 15:05 | NPO活動ぽやき | この記事のURL | コメント(0)
西日本豪雨たいへんでした[2018年07月14日(Sat)]
西日本豪雨で被災された皆様にお見舞い申し上げます

当法人事務所も正直危なかった

川の上流で土砂崩れがあり川がせき止められ

膝下までの濁流の中を歩いて

市の委託を受けた依頼学校に

デートDV予防教室に向かうという状態だった

都市高がストップしたために一般道は渋滞

公共交通機関は動かず

雨の中を傘をさして3キロ歩いた

だが生徒が登校できず延期となった

昨年も同じ時期に大雨で延期した学校だった

JRは午後には動くというので小倉駅で時間をつぶすが動かず

結局その日は5キロ歩いた

疲れ果てて帰ると他地域の会員から心配する電話

ニュースは北九州の土砂崩れとオウムのニュースばかりだと言う

濁流の中を歩くことがどんなに危険かを思い知った豪雨だった

その後は多くの地域で災害が起きたが

職場が沈没した、床下浸水をしたという周囲からの声も聞こえた

先週末は土砂崩れで流れ着いた赤土や石ころの片付けがあり

今週は都市高が復旧するまで朝から歩くことが多く大変でした

今週末は少し休みたいと思っています
Posted by NPО法人FОSC at 11:15 | NPO活動ぽやき | この記事のURL | コメント(0)
貸借対照表の提示[2018年05月27日(Sun)]
特定非営利活動促進法54条が変更となった

これに伴い 28条の2第1項に規定する

貸借対照表は法人HP場に掲示することとした

早速、昨年度の貸借対照表

法人ホームページのお知らせページに掲載をした

多くの人にご覧いただきたい

今後ともよろして




Posted by NPО法人FОSC at 09:48 | NPO活動ぽやき | この記事のURL | コメント(0)
皆さんからの応援に感謝[2017年12月30日(Sat)]
随分と久しぶりなブログ更新となった

忙しさと持病のぜんそくで滞っていた

日付を見ると今年も明日のみとなり

慌てて今年のご挨拶をと思いネットに向かった

11月25日に福岡県知事より県男女共同参画表彰を受けた

DSC_5106.JPG

これまでの活動実績が認められたことは嬉しく

来年に向けての新たな弾みとなった

本当に多くの皆さんからの応援に感謝する

ありがとうございました

そして皆さん、

良いお年を・・・
Posted by NPО法人FОSC at 13:38 | NPO活動ぽやき | この記事のURL | コメント(0)
NPO活動[2017年08月28日(Mon)]
先日あるNPOの総会に参加した。

また別のNPOの活動報告を聞くことがあった。

共に大切な活動であり、理事長の思いの深さを感じた。

しかし決して財源は豊かではなく

予算は活動費に使われるため人権費はほぼない状態であり

交通費もないままボランティアは動いている。

それは多くのNPOが、そうなのかもしれないとも感じた。

私たちも同じであり、生活のためフルタイムの仕事を持ち

空いた時間を使いNPO活動をしている。

NPO活動で生活ができたらよいと思うがそうはいかない。

でも反対にNPO活動をしていたからこそ

現在の専門職につながった人もいる。

安全確保や守秘義務が重視の活動のため

イベント的なこともできないが

せめて私たちの活動は交通費だけは賄いながら

無償ボランティアにはしないようにはしている。

多くの人たちの応援の言葉を頼りに

これからも悩みながら一歩ずつ歩いていきたい。
Posted by NPО法人FОSC at 06:00 | NPO活動ぽやき | この記事のURL | コメント(0)
九州北部豪雨の後 [2017年08月14日(Mon)]
水害で被害地に住む会員は大丈夫でホッとした

機会があり九州北部豪雨で被害があった

日田と朝倉に行くことがあった

時々通る道で山々の緑は深く森林浴には良かったが

テレビニュースの通りで山肌がえぐれ

まさかこんなになるとは思わなかった

昨年の熊本地震で被災した友人のために

同窓会を日延べして今年行う予定であったが

今年も友人たちの職場関係の被災や

被災地支援で忙しく同窓会は日延べとなった

亡くなられた方の冥福を祈りながら

被災地の名産品を買う応援をした
Posted by NPО法人FОSC at 09:52 | NPO活動ぽやき | この記事のURL | コメント(0)
九州北部豪雨水害[2017年07月10日(Mon)]
被害に遭われた方に

お見舞い申し上げます



4日の台風の後の雨は酷かった

5日は夕方出先から帰れるのかを心配した

北九州市内は6日から7日にかけての大雨で

電車も高速道路もストップしたため一般道を使い

出先から渋滞に巻き込まれながら

北九州市から委託を受けた学校に向かった

夏休みに入る前のこの時期は自治体から委託を受けた

大学や専門学校、高等学校での啓発活動に忙しく

明日は午後から福岡市内に向かうため天気が心配だ

別内容で委託を受けている福岡県の担当部署からも

スタッフは大丈夫かと心配の連絡を受けた

法人会員の方の中にも二軒隣の家が冠水した

自営業の会員は従業員が帰れなくなった

職場が避難所になった会員もいる

メールや電話で会員の安否確認に忙しい

週末に福岡県から取材を受けることになっているが

その場所が避難先となっていることがわかり

ロビーでの打合せが可能かと心配している

とにかく早く雨が止むこと

復旧作業が速やかに行われること

NPOにとっても活動上重要なことだ

今しばらくは安全確保に努めながら活動をしていく
Posted by NPО法人FОSC at 05:14 | NPO活動ぽやき | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ
プロフィール

FOSCさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/womanhelpnet/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/womanhelpnet/index2_0.xml