CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 家族 | Main | 子育ては親育ち »
<< 2020年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
.来年もよろしく[2020年12月30日(Wed)]
2月20日(木)10:30〜10:45に

小倉近郊のみ放送されるコミュニティFM放送局

FM KITAQ(エフエムキタキュー)

「NPO広場」に出演していましたが

アップし忘れていましたので

年の終わり近くになりましたがアップします

今年はコロナ渦で大変な一念でしたが

来年は少しでも良い年になるように祈りながら

皆さんにはお世話になりました

来年もご指導ご鞭撻のほど

どうぞよろしくお願いいたします
Posted by NPО法人FОSC at 17:11 | NPO活動ぽやき | この記事のURL | コメント(0)
11月12日明日への伝言で活動紹介[2020年10月31日(Sat)]
北九州市人権推進センター作成で

「明日への伝言板」というラジオ番組がある

人権を考える5分間の番組で月〜金まで

19時54分〜19時59分まで放送される

土日は再放送になっている

平成2年から始まった長寿番組で

2人のナレーターが語りかけている

番組の文章作成しているという方に10年以上前に出会い

番組を聞いたことがあった

まさかそこに、私どもの活動が紹介されるとは

驚きとともに光栄だと思った

11月12日「困難を抱える女性のために」として紹介されます



Posted by NPО法人FОSC at 16:05 | NPO活動ぽやき | この記事のURL | コメント(0)
やっと一息[2020年10月17日(Sat)]
夏からPCの調子が悪く修理を検討した

見積もりを頼んだが思ったより高い

10年前のバージョンだから買い替えを言われた

ショップに行くがどれがいいか迷ってしまう

最終的にショップの人と相談をして持ち帰った

ここまで一か月かかった

持ち帰ったばかりのPCはただの箱

電源を入れ使えるようにするまでに時間がかかった

そしてやっと前のPCからの引っ越しに取り掛かった

この間にホームページもメールも使えない状態になった

何か接続が間違っているのだと思い

プロバイダーに電話をしたり

ホームページを管理している業者に電話をしたり・・

ホームページと引っ越しは関係ない状態とわかったが

業者の復旧までには時間がかかり多くの人に迷惑をかけた

メールは引っ越しが完了するまでは以前のPCを利用した

今はコロナの関係で仕事が倍増しており忙しく

その合間を使ってのPCの引っ越しは

完全に終わるまでに2か月を要した

今やっと一息ついている
Posted by NPО法人FОSC at 11:44 | NPO活動ぽやき | この記事のURL | コメント(0)
コロナによる影響[2020年06月27日(Sat)]
コロナの影響なのか、家庭内のごたごたで

私どもの宿泊施設で受け入れてほしいとの連絡多数

緊急事態宣言中の最中に首都圏から九州に???

緊急事態宣言中はさすがに市内からも断った

マスクなども自治体から届きホッとするが

気を許せないと感じている

本業の仕事をしながらのNPO活動であるが

本業の仕事はコロナの影響により異常な忙しさとなった

やっと落ち着きを取り戻したが予断はできない

本業で、いつ感染するかの不安な中でのNPO活動だ

ただただ、落ち着いている今は身体を休めたい

Posted by NPО法人FОSC at 13:56 | NPO活動ぽやき | この記事のURL | コメント(0)
支援機関として[2020年04月25日(Sat)]
決算報告をアップした
総会もしないといけないが
コロナの影響でどうなることやら・・

毎日小倉駅を通過している
市販マスクも残り15枚となり
これでは足らないと思い
布マスクを使っている

外に出ないまま一つの家に家族が過ごす
正月や盆といった期間が決まっているのはいいが
今回のように籠城生活が未定の状態は
家族がイラつきDVも起こりやすい
家族にとっての試練を乗り切るために
支援機関としては求められれば対応していく
Posted by NPО法人FОSC at 14:47 | NPO活動ぽやき | この記事のURL | コメント(0)
新型コロナウィルス[2020年03月30日(Mon)]
公的機関での研修中止にはじまり

当事者グループ「ひだまり」「ひなたぼっこ」

参加は子どもの休校で休みますの連絡

こちらも不安で「ひだまり」「ひなたぼっこ」を中止に

次年度の啓発事業お願いしますの依頼

ただしコロナの状況によっては中止

委託を受ける県や市の自治体からコロナ対策の資料が届く

弱小NPOにとってはコロナによっての事業縮小は会計を小さくする

管理者の仕事はコロナによる経済的支援に関わる関係機関のため

仕事でもNPOでもコロナと何らかの形で関わらことになる

コロナとの戦争状態に心はめげる

それでもきっと世界は復活する

それを信じて今日も体温を計り出勤する
Posted by NPО法人FОSC at 07:26 | NPO活動ぽやき | この記事のURL | コメント(0)
緒方貞子さんを偲ぶ[2019年11月09日(Sat)]
10月29日ネットニュースで

緒方貞子さん死去を知った時

頭をハンマーで叩かれた衝撃を受けた

1990年代はじめ

アフリカのルワンダで紛争があった

紛争とは関係なく隣国にいた北九州市内のNGOは

突然の難民対応を余儀なくされ慌てていた

当時、私は国際ボランティア貯金で寄付を受けた

カンボジアを支援する国際NGOの代表をしていた

支援する国は違っても国際社会の現状を考え

国連難民高等弁務官事務所はどう動くのか語り合い

欧米と日本のNGOの違いを悩んだりしていた

その時に緒方貞子さんを知り

国際社会で日本人女性として活躍する姿にあこがれ

人道主義、現場主義を貫いた彼女を尊敬した

近年、彼女のルワンダ紛争での支援失敗を語られることもあるが

冷戦終了後の国際社会では予測不可能な事ばかりが起こり

紛争化の中で人命を最前線で考え行動していていくことは

難しいかじ取りだったと感じる

むしろ私は女性が表舞台に出ることを否定的に受け止める日本で

彼女の姿をひとつのロールモデルとして見た時

私もできるかもしれない、やってみたいと感じ

国際社会に飛び出し活躍する日本女性が増え

ジェンダー・ギャップ指数を変化させていくだろう

その最初だった緒方さんをいつまでも尊敬していたい



Posted by NPО法人FОSC at 13:21 | NPO活動ぽやき | この記事のURL | コメント(0)
2冊目書籍販売[2019年06月16日(Sun)]

法人運営メール相談

女性の心と体を守る情報なび」サイト

に相談を下った方々の許可とご協力を得て

著書が完成しました。
IMG_20190616_0002.jpg


皆様に感謝いたします。

ありがとうございました。

購入方法につきましては下記のようになります。

紙の本について、下記から取り寄せをして購入して頂きます。

BookWayサイト
 
Amazon サイト

●お近くの書店(注文販売のみ)
Posted by NPО法人FОSC at 13:54 | NPO活動ぽやき | この記事のURL | コメント(0)
今年を振り返る[2018年12月29日(Sat)]
今年も後わずかになった

振り返ってみると

7月の豪雨の関係から2年続けて

市から依頼を受けた講師派遣が日程変更となった

豪雨災害は事務所に避難勧告が出る事態となり

膝下に達した濁流の中を歩く恐怖を感じた

支援をしていく上では、除夜の鐘がなった数時間後には

警察から頼まれた支援が始まる事態もあり

支援には盆も正月もないこと痛感した

ひきこもり、性被害体験者、児童虐待加害者などの支援は

どれも大変であり支援側が振り回された

ある支援者から、振り回されながらも根っこを押さえろ

とのアドバイスを受けたことがあるが

簡単にはいかず精神的には疲れる

メール相談でも元旦も動いており

相談員の皆さんあってのNPO活動である

今年もお世話になりました

来年もよろしくお願いいたします
Posted by NPО法人FОSC at 16:07 | NPO活動ぽやき | この記事のURL | コメント(0)
只今全国から注目をあびている北九州[2018年10月27日(Sat)]
私たちが活動する北九州は

只今全国から注目をあびている

それは砂防ダムに落ちたイノシシ救出作戦のためだ

かつては津田院長バラバラ事件がワイドショーで騒がれ

犯罪史上類をみない凶悪事件と言われた少女監禁事件があり

近年では日本で最も凶暴で覚せい剤を多く取り扱うことで有名な

暴力団の薬局といわれる指定暴力団の工藤会本部事務所がある

そして滅茶苦茶にド派手な成人式も全国ニュースで毎年流れる

話題にことかかない北九州だ

もっと笑えるのが

津田院長バラバラ事件も少女監禁事件も

工藤会本部事務所も成人式ド派手衣装を売る店舗も

全て同じ中学校校区に存在している現実だ

工藤会本部事務所は成人式ド派手衣装を売る店舗の直ぐ側だ

衣装を買う人は流れ弾をかいくぐって店舗に行くのだろうか

どんだけ北九州が変わった街か考えるだけで笑ってしまう

でももっとおかしいのが北九州市民は

北九州は全国的にも治安がいい安心な街だと思っている

確かにバトカーと警察が行ったり来たりしているからでもあるが

安全な街ならバトカーと警察は頻繁には来ないわけで

市民意識のズレには笑える

でも私はこの街に生まれこの街で生きている

これから先もこの街で生き続ける

だからこの街が大好きだ

この街が住みやすい街であるために

これからも活動を続けていきたい

Posted by NPО法人FОSC at 15:05 | NPO活動ぽやき | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ
プロフィール

FOSCさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/womanhelpnet/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/womanhelpnet/index2_0.xml