CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 只今全国から注目をあびている北九州 | Main | 今年を振り返る »
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
近隣の「マンション建設反対」するしない[2018年11月24日(Sat)]
自宅側でマンション建設が進んでいる

街が活性化することを考えると反対することはない

しかし近隣住民がマンション建設反対をしており

私にも反対の看板を掲げて運動するよう要望された

マンション反対の理由は環境問題と建設会社の説明不足

マンション住民に海外の人が住むことになったら納得できない

というようなことだった

反対派のとりまとめ役から反対集会に出席して欲しいと言われ

私は反対しないことを伝え集会には遅れるが出席することを伝えた

反対集会に出席をして先ず驚いたことが

地域の集会場ではなく反対派自営業者の事務所だった

次に驚いたのは、反対者は6件だけだったことだ

反対派の人からは地域住民は皆反対していると言われたが

町内の人たちは反対などしていなかった

次に驚いたことは

会場に入った途端に反対派を先導している叔母様から

「集会は終わったから帰るよ」と出席者全員に声がかかった

遅れることは伝えていたのにと思い、仕方なく帰ろうとすると

折角出席してくれたからと反対派の人たちが椅子と茶を薦めてくれた

反対派の意向を聞き、私は反対も賛成もしない、

反対派に妨害もしないことを告げた

6対1の中で反対派の人たちとの話し合いであったが

反対派を先導している叔母様からのいじめを感じた時間だった

その後も反対派を先導している叔母様から家族へのいじめもあった

このマンション反対で政治的に動いている市議会議員と

反対派のとりまとめ役に

反対派を先導している叔母様からのいじめを伝え

辞めてもらうように要望をして、やっと今はなくなった

隣に住む反対派を先導している叔母様が怖くて

半年たつ今もびくびくして窓も開けられなくなった

来春にはマンションは完成し住人はやって来る

同じ町内となる人たち同士が良い関係をつくるために

「マンション建設反対」と掲げた看板

振り上げた拳をいつ、どのような形で下すのか楽しみだ

地域住民として「マンション建設反対」をするしないは

個人の問題であり強要されることはないが

強要され、いじめられ、パワハラを受けたと今も感じている
Posted by NPО法人FОSC at 10:28 | 家族 | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/womanhelpnet/archive/430
コメントする
コメント
プロフィール

FOSCさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/womanhelpnet/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/womanhelpnet/index2_0.xml