CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 九州北部豪雨水害 | Main | 九州北部豪雨の後 »
<< 2021年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
つり銭を草むらに投げ捨てるタクシー運転手[2017年07月31日(Mon)]
知人と県外のある場所に遊びに行った

駅からはさほど遠くないが

暑さと地理不安なためにタクシーに乗った

知人と共に運転手に行先を告げたが遠回りしているようだ

そのうち運転手は前の車に向かって怒り出した

怖くびっくりしたが目的地までは待つしかなかった

あまりにも目的地に到着しないので再度行先を告げると

全く違った方角に進んでいることがわかった

運転手は「○○かと聞いたらそっちは『そうだ』と言った。

間違いはそっちだ」と血相を変えて大声で怒鳴り散らす

方言で○○かと言われてもこちらは通じなかった

取りあえず目的地に向かってもらうしかないと思った

料金は方向転換した段階で運転手が止めたが

倍かかっていると思いこちらは多めに料金を払い

「つりはいらない」と断った

こちらがドアに出てからの運転手は

「こんな金はいらんわい」と言って

私どもが下りた道路わきの草むらに

つり銭を投げ捨て立ち去った

目的地の入口もわからないまま草むらに入り

つり銭を探すことになったが全額は見つからなかった

介護タクシーの人権研修の講師を何度もしたことがあり

タクシー運転手の苦労も知っているが

暑さでタクシー運転手は頭がおかしくなったのだろうかと感じ

帰ってからタクシー会社に電話を入れ

運転手の名前と対応について伝えた

会社は深く謝罪され運転手には指導監督すると言われた

つり銭を投げ捨てられるという行為は初めてで

今後もないのではないかと思う

不愉快であったが夏の日の笑える経験となった
Posted by NPО法人FОSC at 06:57 | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/womanhelpnet/archive/411
コメントする
コメント
プロフィール

FOSCさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/womanhelpnet/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/womanhelpnet/index2_0.xml